2010年05月28日

出発まえに到達

いよいよダービーですね。

あのカブラヤオーやナリタブライアンが駆け抜けた舞台を生で見れるなんて夢のようです。

しかも指定席!相当混むみたいですね。よかったよかった。親父も一緒で親孝行もどきもできますし。

その親父、先日こんなことを言ってきました。「夜行で行きたかったけどお前、前日は仕事か?」

年寄りのクセして恐ろしくタフですw
当日朝早く出て日帰りより、前日からゆっくり行く方が体の負担も少ないってことで明日出発することに急遽決定!

今日、新幹線のチケットと先程ホテルの予約をゲットできました。

後は明日、無事に仕事を終えれることですね。

しかしここしばらく僕はずっと、ペルーサ怖い、ダノンシャンティ怖い、ルーラーもロズキンも怖いってずっと心配していました。

逆に負けたらショックは大きいだろうなと。ヴィクトワールピサの強さを信じつつも、またヘタレの血が騒いでしまっていました。

けど心のウヨキョクを経てもう大丈夫です。
強い勝ち方をしてくれるイメージまで出来ました。

何度か書いてきたことですがスペシャルウイークの年やサニーブライアンの年は自分の見る目の無さが情けなくて仕方が無かったのですが、ヴィクトワールピサを本命にすることは変わらずとも、全面的に信じて買うことが出来なければ結局、同じ思いをするのだろうと。

仮に負けてもそれでいいやないかと、この馬がいたから東京まで行くことが出来たのだしね。トップロードやDIDが負けたときは悔しくてなかなか眠れなかったし、もっと悔しいと思うけどそれだけ忘れられないレースになるのも記憶の宝物。

おそらく親父と一緒に生でダービーを見るのなんて最初で最後でしょう。純粋に競馬ファンとして最高の舞台を最高に楽しめたらいいなと。

ヴィクトワールピサの勝利を願って止みませんが、それを信じることが出来る。たとえ、どんな結果でも受け入れられる。そんな心境に今日ようやく到達できました。

全てがとても楽しみです。
posted by ふうりん at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

メモリアルでサンバ

今年も春天に行ってきました!

今回は人ごみが苦手でいつもは来ない嫁が、かなり久しぶりに一緒に来てくれることになりました。子供達も大喜びです。

さて天皇賞。昨年はマイメルキッツを本命視するも結果は御覧の通り。流石にあれはフラフラになりました。

娘の宿題の日記に「パパが応援していたお馬さんは勝ったのですが、あいてがいなかったのでお金がもらえませんでした。そのあとパパがたおれてしまったので妹と二人でひっしにおこしました」(原文のまま)なんて書かれて提出されてしまうしw

思えば愛馬スズカマンボが大穴を演出したときもちょっと単勝を買っていただけで連は抜けだったし、なんか春天って悔しい記憶のイメージが大きいです。

今年の予想は◎エアシェイディ○ジャガーメイル。青板に書いた通りです。しかし直前になってジャガーメイルからの連を増やしたり(まあ間違ってはいないけど)、テイエムアンコールが怖くなったりで気が付けばアホみたいに買い散らかしていました。キッツとの連はどうせ安いだろうと決め付けて買いませんでした。

勢いで新潟のレースも外し、月末にはダービーを見に行くのに何をやっているんだか・・・。
完全に悪い流れ。まともならお終いだったけど、最終の京都ゴルデンプレミアム、意外と嫁がやる気になっていたのでをつい自分も予想を始める。そんな中、公園から子供達が呼びに来て嫁が遊びに行ってやることに。おかげで一人で集中出来きました。

予想はどうしてもスズカマンボの弟スズカサンバに目が行ってしまう。
京都マイルのタキオンやしタイムも優秀。しかしショック後、出遅れ、接戦後ってことでグッと辛抱して評価を一枚下げ、◎は短縮、時計優秀のジャコスキーに。

ハイ、結果
samba.JPG5月2日 京都ゴールデンプレミアム結果
1着Aスズカサンバ   9番人気
2着Fジャコスキー   3番人気
3着Iゴールデンガッツ 13番人気


馬連 7780円 三連複 114800円 的中!!



自慢じゃないけど、これでも10万馬券は初めてなんです

いや〜嬉しかったです。このレースは春天馬ディープインパクトメモリアルだったそうですが、スズカマンボメモリアルになりましたね。

いろんな意味で嫁のおかげです。本当に感謝しています。12万チョイ払い戻したので端数2万プラス色をつけて3万を渡そうと思い、喜ぶ嫁の顔を想像して幸せな気持ちで公園に向かう。

そして嫁に「勝ったぞ12万!」と伝えると返ってきた言葉。

「スゴ〜い。半分な」orz

今日も生かされています。
posted by ふうりん at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 晒し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

オイヌノフグリ

今更ですが皐月賞の話。

ホントよかったです。これだけの馬ですから散々、賛も否も語られていますのであんまり書く気もしませんが、TV見ていて思ったのは変な表現かもしれないけど吸い込まれそうな馬体の凄さ

これでまだ途上というのだから恐ろしくさえあります。
よく○○みたいなタイプとこれまでの馬を持ち出されたりしますが、僕的に被ってしまうのはシンボリクリスエスかな。あくまでもイメージで実際比べてみると全然違うのかもしれませんが。

聡明な馬なんでしょうね。一番の強みがここなのかもしれません。

馬券も本線的中でした。

satuki.JPG4月18日 皐月賞結果
1着 Lヴィクトワールピサ 1番人気
2着 Oヒルノダムール   6番人気


特券で連を当てるのは久しぶりです

その日は休みだったので自宅でTV観戦していましたが、末っ子が「遊んで、遊んで」と何かと競馬の邪魔をしてくる。
いつも後になって自己嫌悪になるのですが、外したときは罪の意識が倍増してしまいます。

出走前からソワソワしていた僕ですが、ゴール後も興奮して写真判定を待っていると「ハイ」と言って目の前にこれを置いてくれました。
oinu.JPG

東京競馬場に初めて行ったときにターフィーショップでお土産に買ってきたものです。確か健康祈願の水晶だったとか。

落ち着かない僕にお守りとして持ってきてくれたそうです。
親のことをよく見てますし、よく出来た子です。

多くの人が「アドマイヤ違い」と「市川オーナーとやしきたかじん」を間違えたことでしょうが僕も最後はズッコケてしまいましたがw

気分をよくして、外に遊びに出ましたがここで思わぬ出来事、
僕の一番好きな花が咲いていました。名前は知らないまま今まで生きてきました。
「それ知ってるで〜」と末っ子。

オイヌノフグリというそうです。
幼い頃から家の近辺やどこの路傍でも咲いているこの花を見ると何故か癒されてきました。

長年生きてきて知らなかったことでも子供は教えてくれたりします。
何気ない感動が皐月賞に負けないくらい嬉しかったりします。

こんな出来事を僕は死ぬまで忘れないと思います。
posted by ふうりん at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | POG2009−2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

使えるときに使う命

UPしたいことが幾つかありましたが、後回しにして今日は嬉しさを載せます。

僕は常々「死ぬまでに一度でいいからダービーを生で見てみたい」と口にしてきました。

仕事の都合や距離的&金銭的な問題もありますがそれはその気になれば、これまでも何とか出来たこと。

やはり心のどこかで、行くのなら思い入れのある馬が走る、とっておきのダービーを狙っていたのだと思います。

自分の競馬暦の歴代ダービーを振り返るとどの年も心に残っていますが、「この馬を応援しに行けたらよかったのにな」と思えたのはナリタブライアンとスズカマンボ(勝ち馬はキンカメ)くらいかな。
ナリブーのときは競馬キャリアも浅くそんなこと考えもしなかった。
スズカマンボのときは末っ子が翌日産まれたくらいなのでこれも考えもしなかった。

毎年TVを見ながら、いつか行きたいな〜と思い続けて現れたのが今期のPOG1位指名ヴィクトワールピサ。年明けくらいには今年のダービーは出来るだけ見に行くぞと決めていました。

やっぱり行くのは大変なことなので、こんな年に勢いで行かないとホント一生見過ごすところだった。

と、思っていたのですが・・・ある日、嫁と親父の年の話をしていて考えてしまった。

死ぬまでに生でダービーを見るべきなのは親父やん

と。親父は僕が物心ついたころから既に競馬をやっていました。僕に競馬を教えたのは紛れもなく親父と兄貴です。

一緒に行きたいけど親父は結構な年やし、東京まで行って混雑の中で競馬するのはしんどいやろな〜と。なにしろ僕は節約のため夜行バスで行って開門ダッシュ決めるつもりでしたから。

そんな時JRAのHPで見たのがダービーの指定席抽選の応募。
指定席ならゆっくり見れる。11:00までに行けばいいのだから新幹線ならそこまで強行でもない。

早速親父に話しをすると「おお行きたいな」と。「じゃあ指定席当たったら行こうな」と僕。

知り合いの名前を借りまくって応募してやろうと思ったけど、なんかネット転売を防ぐために、当選しても本人確認書類が必要だとか。だから応募を僕と親父の2枚のみ。これでダメなら親父は春天にでも誘って(孫達に囲まれて競馬できたらそれはそれで幸せでしょう)僕は当初の予定通りピンで行けばいいやんと。

HPは23日に発送しますとのこと。来るなら今日か明日。

そして


sitei.JPG


やったよ親父(涙)。

葉書出してから、ずっとこのことを考えていた気がします。

親父と見に行くダービーはこれが最初で最後でしょうね。ってか僕自身でさえこの先、生でダービーを見に行くことがあるのかわかりません。
本当に行動を起こしてよかったです。

チープな表現かもしてませんが、願いが通じたのだと思います。

まだ話してないけど大丈夫やよね?

ちょっとした親孝行のつもりですが、色んな意味で興奮して今から緊張しています。





posted by ふうりん at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

明確な目標1

 ラブミーチャン残念でした。彼女の活躍で笠松に興味を持つ人が少しでも増えれば凄くうれしかったんですが。ライデンリーダー以降、ヒマさえあれば笠松に通い詰めた僕がそうだったみたいに。
これで終わりでなくこれからも挑戦は続くと思うので精一杯応援したいですね。

 土曜日の話。仕事を終えて夕方から家族で京都まで買い物に行くことに。その日は高速道路を物騒な運転をする車がよく目についた。SAで飲み物を買って再出発した矢先、キュイ〜〜〜〜〜ンとタチの悪い音が、またかよ!?今日は多いな・・・と思いつつ抜かれた車を見ると、
何とランボルギニーカウンタックでした!!

僕は車には無頓着な人間ですが、スーパーカーブームのあった幼少時よりカウンタックは神の領域。成人して以降生で見た記憶は多分ない。
隣にいた嫁もその凄さは知っていたみたいで一緒に興奮したw
それに感化されたのか子供達のテンションも急に上がって、写真を撮るから真横に付けようするが、全然追い付けないorz

その後の会話

僕:もし自分がドバイの石油王やったら絶対にカウンタックは買うな

嫁:いやアンタは絶対にステップワゴンに乗ってるって

僕:あのなぁ、お金が掃いて捨てるほどあるって仮定の話やで

嫁:それでもアンタはステップワゴンで満足してるわ


ステップワゴンは僕がかれこれ7年くらい乗っている車。
因みに嫁はボルボに乗っています。

まあそうだとしたら自分の部下たちも全員ステップワゴン以下の車しか乗れへんやん。間違いなく競走馬も持つだろうから、競馬場入りはステップワゴンって、そんなアホな、普通に高級車乗るでしょ。とワケのわからん妄想を膨らましていたらその日の大スポの一面フサイチセブン差し押さえの記事。へぇ〜あの大金持ちがねぇ。フェラーリ軍団で競馬場入りする写真をみて、こんなことしてるから金がなくなるんや。同じ高級車を何台も持っていても仕方がないやろ?

僕やったらそうやなあ、慎ましくステッ...あ!!
嫁の言う通りでした。万が一大金持ちになったら馬主になって(←ここまでは普通の夢)ステップワゴン軍団で競馬場入りしてやりますよ。
それでも4コーナー前でレジャーシート敷いて転がっていそうですがw

posted by ふうりん at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。