2011年06月17日

指名理由1〜5位

前のエントリをダルくなって途中で読むのを辞めた人のために、もう一度おさらい(要らないか?)

飛節至上主義にて、飛節のいいと思った馬のみピックUP。そこから他の箇所や厩舎血統を気にかけていくやり方です。


1位指名 プレミアムタイム ・牡
父ハーツクライ 母タイムトゥダンス 美浦・国枝

ギャロップの前の方のページに載っていたので早い段階でチェックを入れておきました。写真掲載馬全ての飛節に目を通して気がついた。って言うか途中で分かっていたのですが、(写真のコマ割が)大きく載っている馬は飛節がよく見えてしまう馬が多かった。逆に小さく載っていた馬の殆どが飛節に力強さや骨量の多さを感じなかった。つまりスタートから全く見れていなかった訳です。
軌道修正して冷静に判断するように努め、一度ピックUPした馬達も消えていきました。
そんな中この馬、ハッキリ言って飛節だけなら指名馬の中ではそれ程魅力を感じないかも(爆)、それでも1位に持ってきたのは怪我の功名といいますか、全体のバランスを素晴らしく感じてしまったのですよね。あと気に入ったのが繋ぎ。程よく寝ていて程よい長さなので直飛だけど距離も持ちそうでスピードもあるかもしれない。トモの容量もありそうで国枝さんがちゃんと鍛えてくれればかなり楽しめるんではと。
1位からメインの飛節以外のプッシュばかりで大丈夫なのだろうか?と自問自答も感じたことが大事。母が18歳ってのも気になったがそれも凌駕した。自分の中のグットルッキングホースNo,1。


2位指名 コスモメガトロン・牡
父サクラバクシンオー 母ダイアナチェリー 美浦・清水

ラフィアン勢がここまで人気するとは思っていなかったけどバクシンオー産駒は人気すると思い込んでいました。そのバクシンオー「10Fをこなせ」とか贅沢は言わないけど、せめて非スプリント専用であって欲しい。グランプリボスのようにマイルGT2勝は超理想だがその辺を狙える存在でなければバクシンオーを指名する意味がない。しかしバクシンオーにしては珍しい体をしている。
繋ぎは短いがそれ程立っていない(どちらかと言うと立ち気味ですが)。細いからそう見えてしまうのかもしれないけど胴が長く、頭も低い。写真写りがそうなだけではなく、背中のラインから憶するにこのままの調子で頭の低い走りをしてくれそう。撮影時は冬毛だったのかモサモサ感があるがそれでも、大腿二頭筋がエゲつないほど割れて窪みが出来ているしそこから伸びている後肢の肉付きも凄い。ただ単にスピードのないバクシンオーってオチは勘弁だが、「坂路での動きの良さは明和で一番」との触れ込みなら自分の判断にも自信が持てる。1位、2位と関東厩舎なんて以前では絶対にしなかったが2位固定決定。


3位指名 レッドバビロン 牡
父ネオユニヴァース 母マニエラ

イントゥザブルーの繰り上がり指名。
初年度と翌年で3頭ものクラッシックホースを輩出しているのに年々扱いが小さくなっていってるネオユニ。パワーの要る馬場や、スタミナ勝負が真骨頂なので先輩達のようにクラシック以前にも札幌2歳SやラジオNIKKEI2歳Sを狙っていきたい。ダート向きっぽくも見えるけど、胴も繋ぎも首も全て長い。合うのは芝の長丁場でしょう。僕は馬乗りじゃないけど「乗り味が柔らかそうですね」って言いたくなるような雰囲気を持っている。スリムでだけど逞しい。芝がダメでもダートでバリバリやってくれるのと思うのでオープンまでは確定だと思っています。一口5万円のクラブ馬が角居さんのところに入るのだから、いい憶測をしてもいいでしょう。
あと球節からヒョロっと毛が生えているのはいいと聞きますが(腱や骨質が丈夫だそうです)、この馬は前も後もそれがよくわかる。こいつはいいや!!と喜びましたがこの馬のページに載っている馬はどれも脚毛が目に付いた。見た目が悪いから刈られる場合もあるそうですが、社台は刈らないだけなんでしょうねorz


4位指名 デオヴォレンテ 牡
父アドマイヤムーン 母ディアマンティナ

正直言って2日目指名(4〜6位)は駒が全然なかった。初日のスットック指名馬は下位指名の予定だったので苦し紛れにここに持ってくるのは避けたかった。
やはり飛節の見極めが難しく、第一段階(まず飛節でふるいにかける)のピックUPが少なく第2段階(他のいろんな部分を検討する)に進めなかったので、テンポを上げるために変えたのが少しでも
飛節が気に止まったら、すぐ他の馬体のチェックを入れることにしました。ジャブ→ジャブ→ワンツーって感じですか。飛節→飛節(気に止まったら)→馬体(勿論飛節が気に止まらなかったら馬体は見ない)。
このやり方でパコーンってキレイにワンツーが入ったのがこの馬。スピードが有りそうですね。全体のバランスもいいですが多分マイルがいいと思います。ムーン産駒って未知数で上位でなくても獲れたかもしれませんがこの馬体は万人受けするんじゃないかと見て心配してここで。
指名時から名前を間違えてしまったけどwいつかTVで大坪さんがこの馬の名前を口にしてくれないかなと。ディアデラノビア並の天敵になれること間違いなし!


5位指名 カーバ 牡
父シンボリクリスエス 母キタノスザク

青鹿毛は馬体がテカるので騙されないぞと思っているのですが騙されたかもしれません(爆)
520キロもあるそうですが確かに重厚感あります。一番気に入ったのが胸前。ここが突き出ている感じより、なだらかな方がいいです。首差しも柔らかそうで奥の深そうな体です。
もう少し腹がボテっとした方がいいのかもしれませんが、完璧なんてそういない。何せ大型馬ですからね。既に坂路15−15を楽々とこなしているって書いてあったので見掛け倒しではなさそう。
あと名前が覚えやすいw指名したどの馬も名前を度忘れすることがありますが、この馬は大丈夫。
オープン馬の名前だと思っています。段々理由が馬体から離れてきているが気のせいだと思いたい。



更にグダグダまとまらない文章は6〜10位に続く(もう少しタイトに文章をまとめる努力もします)
posted by ふうりん at 12:45| Comment(3) | TrackBack(0) | POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

指名理由 プロローグ2

昨季は前々回の優勝が決定するまで気持ちの切り替えが出来ずに、準備期間が短すぎたこと、ディフェンディングチャンピオンとして気負ってしまって変な捻りが入ってしまったこと。繋ぎを特に気にかけた分、他の色んな部分がしっかり判断できていなかったと自己分析。
あと例年になくドラフトでリスト馬が消えてしまってかなりグダグダの精神状態でした。その消えた馬達も大した活躍はしなかったので結局馬見がダメだったワケですがw

反省を踏まえて
パーツの見方はある部分を除いてほぼフラットに。ここがダメやからって感じで見るよりも、ここがいいからって方を(いいとこを評価する方)に重きを置く。
捻りはいらない。いいと思ったら人気馬、評判馬でも素直にリストUPしようと。
いいと思えば短距離向き、繋ぎがそうであったり、胴が多少詰まっていたり、筋肉質過ぎてもリストUP
絶対的な関西厩舎至上主義でしたが、時世は「一つになろう日本」関東だの関西だのの拘りはなくしたつもり。ただし出来るだけ有力厩舎は選びたい。
ドラフトは半分くらい持っていかれて当たり前の気持ちで臨みました。


今季一番のポイント
しかし今季も新たな試みにはチャレンジしました。
それは飛節。ここに全てを託したと言っても過言でないくらい。飛節至上主義で見ていきました。
(これで昨季の反省が全てパーになってしまうくらい恐ろしいことですがw)

名前の出せない生産者の飛節論に傾倒してしまった訳なんですが、簡単にまとめると
スピードも瞬発力も一番大事なのは後肢。飛節に力がないとトモの大事な部分に筋肉がついてこない。逆にまだ2歳馬ならそれ程トモが発育していなくても飛節がよければこれから成長してくるという理屈です。
もちろん飛節以外にも見るべきパーツは多いけど、例えば胸前や首差しがよくても飛節がよくなければ走れない。逆にそれらがよくなくても飛節がよければ、他の弱い部分を補える。
線が細くて華奢でも活躍する馬は多くいますが、飛節に力があるからかもしれません。
飛節がそれ程よく見えない馬が活躍するのは、配合がいいか気性がいいかでこれは血統と情報面に長けていないと掴めない部分です。

いい飛節とは?
これがサッパリわからない。幾つかのサンプルが載っていましたが解説も文章で表現するのは難しいのか?「これはいいねぇ〜」とか「これは好きじゃないな」とか「力ありそうだね」とかで全然詳しくは触れられていなかった。
仕方が無いので、過去のPOG本で活躍した馬達の飛節を見ていくことにしました。
これでも全然わからない。ただ自分なりにまとめてみた共通点は
・骨量がある
・面積が広い
・肢が太くその延長上にある
・飛端部は突き出ている感じもよい

どこまで正しいかは?ですがPOG本に写真付きでプッシュされている馬の殆どがロクな活躍もしないまま消えていきますが、それらの殆どは上記の様な飛節はしていませんでした。

愚痴ですがギャロップ丸ごとPOGはいつも使っていますが、近年立ち写真でなくて調教の写真を使って紹介しているページがあるけどやめて欲しい。
あとDVDはいらないのでもっと写真掲載馬を増やして欲しい。映像からはわかりにくいけど写真は嘘をつかないので(だからパドック見ても、調教V見ても僕はまったくわからない)。
あと立ち写真もシッポが飛節を隠しているものが結構あるが撮り直してほしい。

あと直飛だとか曲飛だとかは殆ど気にしていません。と言うか見分けがなかなか付けられないwそれによる距離適正を知ろうとする前に飛節に力があるかどうか?が最優先事項なので。

選考の基本は、
まず、飛節のチェック。飛節がいいと思った馬は他の箇所や全体のバランスをチェックする。
もちろん厩舎や分かる範囲での血統も気にかけます。

要は自分が飛節をちゃんと見れているかどうか。今季はこれに全てを託します

初めての試みは勿論で、相当危険な賭けですが指名を終えて各馬のコメントを考えていましたが。
かなりグダグダです。笑ってやってください。
posted by ふうりん at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

指名理由 プロローグ1

ドラフトも無事終了しましたので、今季の所有馬10頭に触れて行きたいと思います。
一昨年の優勝から一転、昨年は最下位と全く振るいませんでした。
今年はしっかりとスタート前に指名理由をハッキリとオープンにして仕切り直したいと思います。
勿論目標は優勝と紙競馬〜JAC POGのレコードであり自己記録でもある15勝を更新することです。

これまでは
POGの指名材料って大きく分けると、血統、馬体、情報(厩舎、馬主、生産者、調教等)の3つですよね。
僕の場合は馬見、つまり馬体からの判断が一番指名理由としては多いのですが(そんな自分で大丈夫なのか?)自己分析してみました。

まず血統は苦手教科なんです。理数系がダメみたいな感じでw競馬の予想でも血統に頼る部分はM的に種牡馬を見るのと、亀谷君みたいに理論をシンプルに使えるようにまとめ上げて来るのは好きです(流石、馬券レッスンプロ!)。
大生さんのおかげで配合面なんかも楽しく勉強させてもらっていますが、パッと見ていい配合だなとか分からないし気になったのものは多少調べますが、まず血統からのアプローチから入れるほど見れませんし、多少詳しい人なら母父を聞いただけでその大系統か小系統は大抵分かると思いますが僕はそれがない分調べるのに時間が掛かって仕方が無い。
情報も同じ、いつも使うのはギャロップ丸ごとPOGと東スポのタブロイド、ネットも時間が有れば情報を探しますが、予算面と時間面で限界があるし情報収集におけるスキルが低いのと、優柔不断なので雑多に情報が入ると振り回されてしまう危険があります。調教でどれくらいの時計が出せているかなんかわかると凄い武器になるとは思うのですが。

それで素人なりに頑張ってみようかと思ったのが馬見。馬体派なんて自分で言うと何か恐縮なんですが、ここに力を入れるしかないかなと思って騙し騙しやってきたわけですw
実際に馬に携わる仕事をしている人達からしたら全くトンチンカンな部分も相当あるとは思いますが、過去にはブルーメンブラットを指名できたり、最近ではヴィクトワールピサは自信満々にいいと断言できました。

僕が思うに馬見の成功例として
@馬をよく知っている人が玄人目に見ていいと思った馬。
A逆に素人だからこそ玄人が敬遠するような馬でも指名できる、マグレ込み。
B誰が見てもいいものはいいパターン。

僕の場合はたまにいい馬を指名出来たときはAとBの部分ばかりだったのではと思います。一昨年優勝したことに気をよくしてレベルUPを図ろうと玄人目に見れる力を養おうと新しいことにチャレンジしたのが昨年。

好みと傾向
トモの貼りというか面積の大きい馬はいつも候補で、逆に避けるのが胴が詰まっている、首が短い(太すぎるのも何かダメ)、頭が高い、胸前の筋肉が目立つ、筋肉の質量が多いムキムキタイプ、
、(手足がスラっとしたのが好みではないが)コロンとした重戦車タイプ。
要はダート馬や短距離馬は避けたいのですね。それでも指名の大半がダートや短距離中心に使われてしまうのは馬見が未熟だからでしょう。
それらを踏まえて特に気にするのが全体のバランス。しかしこれはフィーリングに頼る部分が大きい
です。
ブルスリーじゃないけど「考えるのではなく感じるんだ」です。
パーツがそれなりに見れるのならこれは間違っていないと思います。

それでそれまで避けていたのですが新たに見ようと試みたのが、繋ぎとツメ。ツメはそこまで写真一枚でわかるの物ではないですが、繋ぎは面白いですね。
先程短距離馬は避けると書きましたがバクシンオー産駒なんかは殆どの繋ぎが立っているし、短い。
だから出来るだけ短くなくて寝ている繋ぎが好みとなったわけです。
(今年はそのバクシンオーを2位指名していますがw)


ダラダラとすみません。

全然本題に入れませんでした。

プロローグ続きますw相当ダルイと思う人はスルーしてください。
posted by ふうりん at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月29日

野球

ご無沙汰しております。

最近やっと元気が出てきました。

震災のこと、それからの自分のことは近いうちに書けたらと思っています。

さて2日前のことですが、我が滋賀県の皇子山球場にて初のプロ野球の公式戦が行われました。

震災の影響での代替開催ですが、西武VS楽天の開幕戦とあってローテーションのズレさえなければ
エース対決のはず。

前日に既にチケットを取っていた友達に聞くとやはり予告先発は涌井と岩隈と発表。

これは凄い!いや凄すぎる。球界を代表する投手同士の投げ合いはシーズン中でもそう見れないが、

県内でそれが見れるなんて二度とないでしょう。

当日は夕方には仕事が上がれそうなので、その友人に頼んで急遽当日券を買ってもらえた。

子供達と親父とオカンを連れて車を飛ばして何とか3回の裏頃に到着したけど人が多すぎて立ち見に
(後で座れましたが)。

滋賀県は西武グループ堤さんのお膝元。予想以上に西武の応援団の数と熱気が凄かった。
僕はずっとファイターズのファンですが、今年は凄く短絡的かもしれませんが楽天を応援します。
元々好きな選手でしたが、特に岩隈を応援します。これは絶対に今年はブレないと思います。

所詮ローカルの球場なので、打者のアベレージとか球速とか表示されなくて外野席からマウンドなん
かはとても小さく見えるのですが、

iwa.JPGこんなカンジです


ミットにボールが収まるときの渇いた音がしっかり響いてきて。特に13も奪った三振の度にいい音
が鳴って痺れました。フォークボールで打者が空を切るのもよく分かりました。おかわり君の空振りも迫力万点でした。

地元のびわこ放送が中継していたのでワンセグを見ながら観戦している人たちも多かったですが、生
一本が一番。ドームとかもいいでしょうがローカルならではのいい雰囲気を堪能できました。

子供達はホームランとか打球が外野に飛んできたりする方が嬉しかったのでしょうが、両チーム共に
5安打の投手戦に僕は大満足。涌井もやっぱりよかったです。

あんまり最近の選手のこと知らないのですが、高須は凄い人気でしたね。彼の打席のときは周りのあ
ちこちで凄い声援でした。

とてもいいものが見れて幸せな気持ちでした。(試合のニュースはコチラ

今年は仕事で春天には行けないのですが、観戦に関してはすっかり満たされました。

何も野球に限ったことではないでしょうが、いい試合や選手の頑張りは人の心を動かします。

楽天はこれで目標の貯金を持って地元の開幕戦を迎えることが出来ます。

この調子で頑張ってもらいたいですね。
posted by ふうりん at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

芦毛バイアス

今日は2週間振りの休みです。忙しい割りには出費も多く(クリスマスや誕生日もありますので)、
馬券はチビチビ買って外してで今日は2500円スタート。

エリカ賞に今期のPOGドラフト1位指名馬のスマートロビンが出走。少頭数ながら結構メンバーが
揃い配当妙味があったので、ここはしっかり買っておきたいなと。これ外したら阪神JFの購入は諦
めるつもりでした。

robi.JPG12月12日 エリカ賞結果
1着 Cスマートロビン   2番人気
2着 Eユニバーサルバンク 4番人気
3着 Aトーセンラー    3番人気




何で逃げるの?って半泣きで見ていましたがwよかったです。有り金渾身の勝負でしたので。
しかし勝ちタイム2:05.2ってナンボ遅いねんて。
これで慌てて阪神JFも予想することに(出かけていたので車中で購入&観戦)。

本命は前走、牡馬相手でも大して負けていなくて、デムーロも魅力なライステラス。理由はこれだけ
。あと強いていえば、ライスと言えばライスシャワー。それで父が菊花賞馬のソングオブウインドっ
て何かの縁ですか?って最早、予想ではないですねw

jf.JPG12月12日 阪神JF結果

1着 Jレーヴディソール  1番人気
2着 Cホエールキャプチャ 4番人気
3着 Gライステラス     8番人気



マグレでも当てれましたw苦手の阪神で2戦2勝は嬉しいです。青板に書けなかったのと、バタバタ
していて全く小倉が出来なかったのが残念ですが。

1〜3着までが芦毛で、最終レースも芦毛のワンツー。6Rでは1〜5着までが馬番通りの着順とこ
の日の阪神は幾つか珍現象がありました。

嫁と結婚する前はよく笠松か名古屋競馬でデートしていたのですが、嫁が芦毛が大好きでいつも芦毛
がいたら無条件で買ったり応援していたものです。ある日たまたま芦毛を買わなかったレースで芦
がワンツーを決めて万馬券になってフラフラにさせられたのを思い出しました。
今後も芦毛が来ている日はバイアスに要注意ですね。毛統序列研究室みたいなw

懐かしい話はさておき今年の競馬もあと2週ですか。朝日杯は大好きなレースですし、有馬もヴィク
トワールピサが出るので楽しみです。少し潤ったので、いい馬券が買えるように頑張りますよ。
posted by ふうりん at 00:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。