2007年02月10日

元気出して頑張ろう

ってなわけで、消したエントリのことは忘れてくださいw

いよいよ第一回小倉最終週です。無理やりダービー前夜くらいのテンションで頑張りたいと思います。

3週目を終えた時点でのタイムをまとめてみました。
今回も当然タイム想定から、各馬の持ちタイム評価とM中心で攻めます。

kokurat.jpg

いつもと同じで
同週に同条件レースが複数あった場合は速い方を採用。
新馬戦は未勝利に含みます。

今回は新たな試みで勝ち馬の上がり3Fのタイムを
34秒台→a 35秒台→b  36秒台→c  37秒台→d 
と書き加えてみました。

あと3日目がやたらと時計が掛かって外伸びになったり、ダート→芝が決まったりしていたので、いつもなら同一に扱っっている1週目と2週目を分けて表記しました。

2006年のタイム表と比較してもらえればわかりますが、
今年は2週目が昨年の3週目、4週目と遜色ないくらいタイムが掛かりだしています。しかし3週目に更に落差があるわけではありません。
多分、転圧のせいでしょうが土曜と日曜では傾向が違ったりもして読みにくくもあります。

どっちにしても遅い持ちタイムでの好走実績のある馬(もちろんドスローで出したものでなくそれなりにラップは考慮して)、上がりの掛かったレースで好走実績のある馬が妙味があるでしょう。

先週の吉野ヶ里特別のヤナギムシみたいな馬が2番人気で2着しているから妙味はないかもしれないけど、あれは前走4着が世間の評価を上げたのだと思うし、同レースのジェネビアンみたいにやたらと持ち時計の速い馬が前走9着でも1番人気で7着に飛ぶなどまだまだタイムやラップで予想する人達には美味しいテリトリーなのでこの2日間のチャンスを逃さないようにしたいですね。

予想はいつものように青板に出来るだけ書きます。100%実馬券でない場合がありますがご了承を。


posted by ふうりん at 01:00| Comment(4) | TrackBack(0) | タイム表付きで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月20日

小倉の冬到来

何かタイトル変ですよねw

なにはともあれ待望の冬小倉開幕です!
夏の超軽い馬場より時計は掛かるし、芝の損傷の進み具合が早い早い。

昨年のこの時期は金欠で殆ど手を出せなかったのですが、今年はしっかりタイム表で予習をして臨みます。

fuyu,t.JPG

全て良馬場。同じ週に同条件レースが複数あった場合はタイムの速い方を採用しています。準OP以上のレースは小倉大賞典(GV)しかありません。

醜い見にくいなぁw

昨年の夏小倉なんか最終週(8週目)の未勝利戦の1200Mで1分8秒前半が出ていたくらい速かったのですが、今回はそんなことありませんようにw3週目以降は確実に時計が掛かってきていますので大穴を狙っていきましょう。
外差し馬場にて底力タイプや、Mのショック馬が飛んでくるのが楽しみです。

今週は小銭で様子見しましょう(←オマエはいつでも小銭やろ!)


posted by ふうりん at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | タイム表付きで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

一応目安

kyoutaimu.bmp


久し振りにタイム表を作りましたが比較対象が少ない。やっぱり2歳戦も加えるべきかな?まあマイルをみたら一目瞭然ですが相当軽い馬場のようです。
雨濃厚のようですがじっくり様子を見て攻めましょう。

posted by ふうりん at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | タイム表付きで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

三度目の正直、3回小倉で鬼と化す

そのためにも第2回開催をおさらいしたいと思います。
芝はもう少し時計が掛かるのを待ちたいですが、やたらと荒れている気がするダート1700Mをターゲットに。ダートのタイム表作ってもどう活用するねん?と半分以上できたところで気が付いた(爆)

kokurada-to.jpg

あと荒れるときはやたらとND系(ノダ)が来ている気がしたのでブラッドヴァイアスも調べてみました。タイムとの相互性が解ればいいが・・・
多分間違って書き込んだ系統があるかと思いますがご了承ください。

keitou1.jpg

さあ、後はじっくりと傾向をつかんで、
誰か僕にアドバイスしてください!!
今日も朝から仕事なので寝ますわ。時間があったら予想も書きます。
posted by ふうりん at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | タイム表付きで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月02日

函館スプリントS

函館1.bmp

とりあえず1〜2週目のタイム表から。って上級クラスのこの距離が施行されていないから大して参考にはなりませんね。週中につくったものですが勿体無いのでとりあえず貼っておいて予想しますw

狙いの基本は持ちタイム。時計の掛かる馬場で良積のある馬。簡単ですね、1:08”5で2着のある◎タニノマティーニ。しかも前走は良馬場でも非常に時計の掛かった中京初日(こちらを参照)のTV愛知OPにて1:09”3にて2着という逆優秀タイムで走破。レースレベル自体を低かったと見ても仕方が無いかもしれないが、同馬の富士S(マイル)1:33”0で2着は決して能力的に見劣らない。人気薄なら断然ここから。
 相手は同様のタイム傾向のマイネルアルビオン、ND系で向きそうなトールハンマー、能力的にどうか?だがビーナスライン。シーイズトウショウは押さえとかないと。プリサイスマシーンは中途半端に人気なら嫌ってみたい。
三連複中心で。
何とか当てないと他場が買えない・・・。
posted by ふうりん at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | タイム表付きで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

あしたのために、その1限り(爆)

ダービーウイークですが調子のいい中京芝に気合を入れていきます。

タイム2.bmp

初日の前半はやや重でしたが、(2日めにも)同条件レースがあった場合にはタイムの速かった方を採用していますのでこの場合だと実際にやや重だったのは未勝利戦の2000Mだけです。回復しても馬場が重いのには変わりませんが・・・

これ単体ではわかりずらいので、今年の第1回中京の1週目の平均タイムと比較しましょう。

第1回中京芝・1週目タイム平均
1200M 1:08”9
1800M 1:48”4
2000M 2:00”6

今開催の方が明らかに時計が掛かっているのは一目瞭然だが、時期的に気候による芝の成長具合には差があると思うのし(それでも3歳馬の成長を考えると単純に平均値が速くなってもいいような気もするが)各クラスの有無といったイレギュラーもあり確実な比較対象としては見にくいので、時期的にもプログラム的にもほぼ同じ昨年の2回中京の平均タイムを持ち出します

'05 第2回中京芝・1週目タイム平均
1200M 1:07”9
1800M 1:47”5
2000M 1:59”4

やはり今開催はかなり時計が掛かっているようです。
ローラーとかかまされたらお手上げですが、遅い持ちタイムで好走実績のある馬。
あと、やはりまだ内を通った馬が有利。Mなら基本の内枠のC系っぽいのを狙っていきましょう。
土日は基本的に仕事ですが出来るだけ先出しできるように頑張って見ます。
posted by ふうりん at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | タイム表付きで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月14日

明日はオフ会

タイム.jpg

役に立つかどうかはわかりませんが上田さんのタイム理論を読んで一度まとめてみようかな?と。ちょうど京都は4週連続Cコース使用も4週目。
これで傾向が掴めないものか?
皆さんもよろしければご使用ください。そして何かと教えてください。

一応オフ会用にラップ班としての用意はしたつもり。また機会があればつくってみます。
posted by ふうりん at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | タイム表付きで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。