2006年08月08日

個人的大スポ評・杉本博編

前任の米原氏から本紙担当を引き継いで以来、今ではすっかり大スポ競馬欄の顔となった杉本博氏。実際、本紙は似顔絵入りなのだがwその見た目のイカツさから本当はヤ○ザなのではないかと噂される。とは後輩記者達にコラムにて度々書かれていること。同姓の杉本良秋氏との区別のため「ヒロシさん」の愛称で呼ばれている(これも度々他記者のコラムに登場していた)が、そこまでネタにされるのは(本当にコワイようだが)慕われている証拠だろう。本紙をやるくらいだから当然、関係者や社内での信頼は厚いのは分かる。そんなヒロシさんを個人評してみたい。

今回(毎回ですが)のエントリを立ち上げるにあたって、かなりの以前からの大スポに目を通したのですが本紙だけあって本命、対抗の推奨理由を簡潔に述べているものの特に目に付くようなことは見当たらない。やはり本紙の場合は見解のみなのでコラムのような面白さが感じられないのは仕方が無い。しかも特別Rなどは上田氏や西尾氏よりも少ない文量でまとめなければいけない境遇。競馬記者なら誰でもそうだが、自分の関心の薄いレースや買わないレースの全部印を打たなければならない。恐らく無難な印をアッサリと決められてしまっているレースも多々あるだろう(要するに手抜き予想)。しかし本紙は印だけでなく見解も載せなければならないし、関係者(騎手や厩舎サイド)も当然目を通すのでいい加減なことは書けない。その点においての内容はともかく短い文でしっかりと自己主張(狙い)は見られると思う。

本紙になる前に担当していたコラムでは、『迷いに迷って最後に消した馬が来て万馬券』とか『印上は万馬券が的中したのに購入していない』(全レース全国発売以前)とか結構自虐ネタが多く楽しかった。ヨネさんが本紙のときは全レースの見解+コラムがあっただけに是非ヒロシさんのコラムも復活させて欲しいものだ。
当時は、やはり取材による予想がメインだった。現在は文中から察するに各馬の実績重視の予想だと思う。しかし時折、○歳時に○○○(重賞)で○○○○からコンマ0.4秒の2着に食い込んだ実力」みたいな「いつの話や」?とか「そのレースはなあ・・・」とレースレベルやそのレース質を全く無視したようなサンプルを暫し用いることがあり(何処でもある話だが)呆れることもあるが意外とその馬が堅実に駆けたりもするのでので笑える。
基本的には堅い印が多い。特に前半戦のレースやGTは殆どひねらない気がする
しかし時折大きいところ狙って振り回してくるので要注意だ。大スポ自体が穴新聞で殆どの記者がどこかで大穴狙いするので分かりづらいかもしれないが要所要所で
自称穴党らしさを見せてくれる。

大スポ本紙を任される前は裏開催の中京の時に、中スポ(東スポの中京版)の本紙を担当していただけあって普段よりも中京開催のときのほうが気合が入っている気がするのは多分気のせいではないだろう。あとこれも確固たるデータはないが最終レースが荒れるときは結構当てている気がする。あくまでも印象が強いっていうレベルでしか語れませんが、実際に最終Rの万馬券的中は以前から何度も見てきました。以前の馬連メインの時代だからやたらと万馬券のインパクトが強かったってのもあるでしょうが・・・。
もっとも過ぎる例で恐縮ですが今年の第2回中京開催では6日目の最終レースにて
障害帰りのノボリハウツーに敢然とポツン◎を打ち見事三連単100万馬券を的中させています。この時悩みながらも勝ち馬を消してしまった僕は、ヒロシさんの「気合入りレース=得意レース」は間違っていなかったと思いました。
現在裏中スポ本紙を担当する坂路野郎:高岡記者も同様に中京ではやたらと印が元気よくて穴がヒロシさんと被ったときは一つのGOサインだと思っています。

大スポ記者なら誰でもよく見られるポツン◎だがヒロシさんも本紙ながらよく出現させている。しかしよく見られるのがポツンだから人気薄だと思っていたら実は一番人気(とか上位人気)だったって場合。やはり大スポは穴新聞なので皆が人気馬を攻めの消しにしてくる場合が多いが(多分社内で流れた情報等からそうなってしまうのだろうか?)、流されること無くしっかりと一番人気からでも振り抜けるのは素晴らしい。しかし面白いことに逆のパターンもあって、皆が何らかの印を打っているのに一人だけ消しにしている逆ポツンがこの人は多い。これはそれなりの評価を他の全記者たちがしているにもかかわらず、独自の見解からか?自身があるのか?とりあえず抑えることすらせずに自分を貫く姿勢を印に反映させている。だが悲しいことにこの逆ポツンはよく来ますw人気馬は出来るだけ切りたいタイプの僕は以前は何度もこのヒロシさん消しに乗ったことがありますが全然ダメでしたw今では堅実馬として逆活用しています。

まとめ
・見解は見なくていい。印だけ見ろ。
・自称穴党だが大半は固め予想。
・気合が入っているのは中京開催で成績もよい。
・中京で高岡記者と穴印が被ったら要チェック
・最終レースが荒れるときはいい印を打つことがある
・ポツンは人気に関わらずチェックしよう
・逆ポツンは結構馬券に絡みますw
・競馬実況のカリスマ杉本清とは別人


結構長文になりましたが、僕はこの人の場合は、取捨で迷った場合は逆神として利用することが暫しあります。けど文中で述べたような得意分野の穴馬は結構気にしますね。なんだかんだで振り回されている気がしますのでwもっと顕著に傾向が現れるように頑張ってもらいたいものですw
posted by ふうりん at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 大スポ研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

大スポ研究、今日のイチ押し

今僕が追っている傾向からだと、
京都10RHスペラーレが一押しです。連帯圏の確率は高い気がします。
馬連流しで。西尾氏の◎は関係ありません、全くの別ネタです(近々うpしたいと思います)
posted by ふうりん at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 大スポ研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

個人的大スポ評・西尾勝編

大スポの記者で誰が一番よく当てるか?という話題に触れると必ず名前が挙がるのがこの西尾氏。今でこそカリスマ清水成駿氏が莫大な人気を誇る大スポだが、一面を任されるような派手さは無いものの長年に渡る関西の特別Rにて信頼と実績によって築き上げた重要なポジションに位置し多くの大スポファンから一目置かれる存在の記者に迫ってみたい。

馬柱では下から3段目。関西の特別3レースにおいてコラム『西尾勝の斬り込み情報局』を担当。コメント欄にて各馬のコメントに目を通していると自分のお目当ての馬のコメントが載っていないことがあり、よくよく見てみると西尾氏のコラムにて予想に織り交ぜて記載されていたという経験はないでしょうか?(僕はいつまで経っても慣れないw)
そのコラムだがその名の通りで氏の上位評価3頭◎○▲の陣営のコメントが他馬のコメントよりも詳しく或いは一歩踏み込んだ形でいい情報が見れることがたまにある。文量的には(特別Rでは)上田氏の次に多く昔から同紙では本紙を差し置いて・・的な存在である。
前任の本紙ヨネが休養した時は後任が「何で西尾さんじゃないの?」と思ったのは僕だけではないだろうが、栗東の多くの各陣営に顔が効き(憶測)、多くの情報を入手して且つデリカシーを持った記述が出来る貴重な存在を現地取材班からは外せなかったのではないだろうか?(社内でのキャリア、ポジションとか全く分からないが)。

その情報(他馬より優遇された?コメント)だが基本的にはどの紙面でも見られる
ものとそう変わらない。多少長めに見れる程度と言ったぐらいが差し障りがないか?(決して大した情報ではないという意味ではない)。
どの新聞でも陣営のコメントはマスコミ向けで内容にそう大差は無いと思うが、斬り込み情報局に載るコメントが他紙とどう違うかは較べていないので分からない。しかしその長さからはやはり他紙に載っていない内容もあるのではないだろうか?
週刊誌を購読しないと分からないことが多い前走の敗因例えば「カイ食いが落ちていた」、「フケがきていた」、「輸送減りしすぎた」、「調教でハミをとらなかった」等々のレース前に紙面には載りにくかったコメントが見られ納得させられることがある。
あと今走のメドや条件適正、相手関係(能力)などはどのこのコメントでも見れるが、それ程強く推すほどで無いものでも載せてくることが多い。これは勘違いしがちで、よく読むとわかるが西尾氏のコラムは、まず氏の予想(見解)ありきのもので、それを裏づけるべく陣営のコメントが載せられているのである。勿論、全てのコメントを氏が取ってきたのではないだろうが。

予想スタイルはタイトルから聞き込み(取材)中心のイメージが強いが前述の通り聞き込みコメントは重要なファクターだが、先に挙げた見解のプッシュとして記述されていることが多くいのでベースは別のところにもあると言えそうだ。
文面から察知できるのはデキ、能力、適正、展開をファクターの中心とした正統派スタイルの予想で、短い文ながらもしっかりとした根拠が感じられる。よって印的には堅めが多いが、無理に振り回すことなく穴狙いすることも暫しあるので要注意。たまに氏のポツン◎や▲があれば少なくとも陣営が勝負気配である可能性が高いといえるのではないか?(軽ハンデ馬を狙い撃ちしてくるパターンが多い気がする)
あと個人的に利用する方法が調教主任の末永氏(下から2段目)の印との併用。
段続きなので見やすいのもあるが、西尾氏の情報と末永氏の調教によるデキが一致すれば好走確率は高いのではとの見方。馬柱にて予想家の印が何個も連なる馬ではなくて二人だけが◎にせよ△にせよ印を打ってきた馬は気にかける、予想において視野に入れ直すようにしている(がさほどの効果は得られていないw)。

まとめ         
・憶測だが栗東では顔が効き情報量がかなり豊富な記者ではないのだろうか?
・コラムは馬キャラを掴むのに役立つことがある
・「これは!」という理論は見られないが正統派予想スタイルで短い文章にしっかりとした根拠がうまくまとめられている
(言い換えれば、いい加減な記述の多い記者の中まともな方の存在)
・まず自身の予想(見解)ありきでそれを裏付けるためにコメントを用いることが多い
・印をひねってきたら陣営が勝負気配の可能性アリ
・他紙に載っていないコメントが載る可能性があるのでとにかくコラムには目を通そう
・人気薄で末永氏の印と被りはゴーサインの可能性アリ
(ふうりんの憶測w)

出来れば人気馬を低評価したときの理由なんかも載せてもらいたいのだが無理な話か・・・。
重賞で関東馬に重い印を打つときにのコラムに載るコメントは多分、氏も憶測混じりなのは想像に難くないのでアテにしない方がいいでしょう。

僕的には、巷で言われているほどよく当てるという印象は薄い。乗ることはないが結構参考にする記者という曖昧な存在ですね。

posted by ふうりん at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 大スポ研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月28日

今日のヨネさん

Jr.さんがジャリスコライトの考察で「万全の状態にないかもしれない」と書かれておられたので緊急企画です。多分くだらないと思いますがご了承をw

そのジャリスコライトといえば藤沢厩舎、そして藤沢厩舎といえば藤沢マンセー米原聡ことヨネさん。ヨネさんに関しては今一度個人的大スポ評・米原聡編をご覧ください。

ヨネさんのダービーの印
◎マルカシェンク(瀬戸口)
○ドリームパスポート(松田博)
▲ジャリスコライト(藤沢)
△メイショウサムソン(瀬戸口)
△アドマイヤムーン(松田博)
△フサイチジャンク(池江寿)

何と藤沢馬のジャリスコが3番手評価という異常事態(それでも燦然と輝くポツン▲w)。確かに◎を打った瀬戸口は関西では一番のヨネご贔屓厩舎だが、○までもないということはそこまで推せない事情を知ってのことか?あるいは長い付き合いの藤沢師から勝負度合いの希薄さを感じ取ったか?まあそれでも8番人気であれ重い印を打ってくるのには相変わらず呆れてしまうw同じ瀬戸口でも皐月賞馬サムソンではなくマルカシェンクだったのには以外だったが松田博厩舎も2頭出しなのでのそこまで偏りは避けたか?あるいはドリパスが余程強調できるのだろう(藤沢馬が多頭出しなら平然と◎○△ぐらい打ってくるがw)。実質ドリパスが一番評価とみなしていいでしょう。

どうにせよヨネさんの予想は消し馬探しにしか使わないのですが、人気薄の藤沢馬の警戒は必要なしと見ます。でもコラム見ていたらマルカはよさげですね。
posted by ふうりん at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 大スポ研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

個人的大スポ評・上田琢巳編

ご存知『西の仕掛け人』として絶大な人気を誇る記者。GTがあるときは一面記事を担当するのはこの上田氏かこれまた人気ライターの清水成駿氏である。
重賞以外では大スポでは関西の特別R全部と最終Rにて「上田琢巳のデータ室」というコラムが掲載されており羨ましがる関東のファンが多いとよく耳にする。

予想ベースはいわずと知れたタイム&ペース(ラップ)理論。
多分コアな上田ファンは多く、ここから先は僕が改めて語るまでも無いことばかりかもしれないし、解釈の仕方が違うとご指摘を受けるかもしれませんがご了承を。でもご指摘はコメントに貰えると嬉しいです。
本人自信が語るようにあくまでも馬の能力優先主義でありそれを測るバロメーターが走破タイムである。「競馬は時計」が基本で、たまに「時計が全てではない」が持論。その走破タイムはそのときの馬場コンディションと今走の馬場差の比較は怠ることが無く、常に「速さより価値」を追求しているのでその意味においては説得力がある。
価値とはペース。言い換えればラップで上がり3F至上主義にて能力判断における走破タイムのなかでも最も重要視している感がある。得意分野(条件)がマイル〜2000Mぐらいの中距離、S〜Mペースの時に即効性があると本人が語っているように、瞬発力タイプに重い印を打つことがどうしても目に付く(もちろんそればかりではないが)。

自称穴党だがどうしても◎に人気サイドが多く一番人気に打つことも非常に多い。
これは好意的解釈をすれば硬軟自在。予想ベースからそうなってしまうのは仕方が無い。が特別R以前のレースの印を見てもらうと傾向がわかるのだが○と▲をひねってくることが非常に多い。僕自身の勝手なイメージかもしれないがポツン(馬柱で一人だけ印を打つこと)○や▲は結構穴をあけている気がする。話を飛躍させるとその代表例が2001年の菊花賞のマイネルデスポットのポツン▲であれには全く驚いた。GTでは爆弾印★にて大穴を推奨しているが印の序列がイマイチ分からないのでやめてもらいたい。むしろ人気薄の○▲の方に興味を惹かれる。
馬のデキに関しては「出走する限りは90%のデキ」と見なし殆んど気にしない主義なので、調教や聞き込みが予想ベースとなる記者が多いメイン馬柱の中でポツンが暫し見られるのも当然と言えば当然か。
聞いたところによる内勤でデータ検証とコラムの執筆が仕事のメインだとか。
全く羨ましい限りだが何かと苦労も多いであろう。冒頭で書いた関西の特別&最終の4つ×2(土日)+他場重賞のコラム「上田琢己のデータ室」はたまに、我々が調べるのが面倒くさい特別Rの過去の傾向などが書かれていたりもして助かるが、どうしても記事の内容の充実具合にムラを感じてしまう。氏も当然全てのレースや、全てのコラムに書いたレースを購入するわけではないので仕方が無いと思うのでその辺を察知したい。◎期待度Aと頻繁に見かけるが人気との兼ね合いを考えて活用したい。

因みに今年(4月30日終了時点)のコラム「データ室」の◎成績は
勝率20.0% 連対率37.8% 3着率53.5%となかなか見事である。

まとめ
・能力優先主義でそれを測るバロメーターが走破タイム。時計は速さより価値、馬場コンディションとラップにて持ち時計を検証するのが予想ベース。詳しくはここにて。とても分かりやすく参考になります
・上がり3F至上主義。多少の締まったラップ想定でも瞬発力に勝るタイプを偏重気味に上位に取るのことが多いのでラップで予想する人は参考程度に(決して流されないように)
・本命サイドが多くも○、▲で攻めてくる場合が多々ある。ポツンのときは要チェック。・デキは殆んど気にせずに印を打つ危険性もあるので鵜呑みにせず、出来るだけ情報や判断材料を用いてから検証しよう
・コラムの内容にはムラがあり文面からやる気度合いを察知しよう。◎期待度Aでも氏のやる気度合いとは関係ない。


あまり詳しくは知りませんが弟子的存在の棟広君の馬場読みは底力タイプとか時計の掛かる馬場巧者を上手く見つけ出しているようで、僕的にはこっちにかなり興味があります。
posted by ふうりん at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 大スポ研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

個人的大スポ評・米原聡編

大スポでは長年、本紙を勤めてきたお偉いさんだが病気をされて暫らく戦列を離れておられた。復帰してからはには杉本博氏に本誌を譲って関西のレースとGTのみ馬柱の最上段という最も見やすいポジションに印を打っている。ここで恐らく多くの大スポファンが思ったと思われる問題が発生。それは長年馬柱の最上段を担当してきた上田さんの印が見にくくなった!上田氏に関しては改めてエントリするが、ご存知「西の仕掛け人」として大スポでは最も人気のある予想家の一人。僕自身にとっても大問題でw何とかこの件に関しては改善してもらいたいものである。

予想の傾向としてはやはり本紙担当が長かっただけに人気サイド寄りの堅めの予想が多い。本紙といえばそんなものかもしれないし仕方がないのかもしれないが関東版の東スポ(東京スポーツ)の本紙渡辺氏が以前は闘う本紙と言われ攻めの予想にてカリスマ人気を博したのと比較するとどうしても予想家としての魅力が足りなく思えるのは仕方が無いか。関西のレースはほぼ全レース購入しているようで実際のところ点数も結構絞っているようだ。固く収まりそうなレースの重い印(◎○▲)くらいは参考にしてもいいかもしれない。実際以前は「虎の穴」の的中率ランキングも上位の常連だった記憶が・・。

ファンなら誰でも知っているのことが藤澤マンセーであることで、藤澤厩舎の馬が出走すると必ず重い印を打ってくる。
殆んどが◎であるといっても過言ではないくらいの徹底ぶり。藤澤ブランドだから人気もするし当たり前といえばそうなのだが、他厩舎の明らかな力上位馬が同レースに出走していている場合でもその姿勢は変わらない。ちょっと勝ち負けはキツイだろうと思われる人気薄でも果敢に○や▲を打ってくる。
NHKマイル以来の出走となった 有馬記念のシンボリインディでも○を付けたのには呆れ果ててしまったwが稀に無印や△評価ぐらいのときもあるので、取捨に役立てることが出来る。また重賞にて1or2番人気を争う藤澤馬で◎じゃないパターンもたまにあるので「頭ナシ」等の判断材料になる場合も。

予想方法はコラムからわかるように聞き込み(取材)が中心で血統や調教等の他のファクターからの推しはあまり見受けられない。昔気質の気難しそうなオヤジといった容姿だが義理人情に厚く部下達の信頼も厚いようだが、それだけに藤澤厩舎以外でもご贔屓厩舎や騎手から少しでも景気のいい話が聞けると期待込みで重い印を打ってしまう傾向にあるようだ(トレセン取材の競馬記者はみんなそうなのかもしれないが)。

まとめ
・堅いレースをしっかりと獲ることが出来る堅実派。的中率もよい。                    ・藤澤マンセー。印の重さや有無にて藤澤馬の取捨に役立てろ。                 ・取材から聞き出した情報が予想スタイルの中心。ご贔屓厩舎は藤澤以外では瀬戸口。騎手は佐藤哲、秋山。藤澤馬同様に取捨に役立てたい。

まあポイントとしてこれだけ傾向が掴めていたら役立つこともあるでしょう。ネオユニバースが3歳で挑戦した宝塚記念は確かシンボリクリスエスがいるにもかかわらずネオに◎を打って驚いたが、これは瀬戸口師の果敢な挑戦に敬意を表したものだろう。人情家さんだけにこういったパターンには注意したい。両馬とも馬券には絡まなかったがw

最後にしつこいけど、お願いですから馬柱の最上段からは撤退してください。
posted by ふうりん at 23:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 大スポ研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

個人的大スポ評

関西人の多くの人が愛読している大阪スポーツこと大スポ。僕も小学生の頃からたまにプロレス記事が見たくて読んでいましたが、今尚競馬キャリアと同じく最低週2回の大スポ購読は続いています。当然個人的に記者の皆さんの馬柱の印やコラムなんかについて多々思うことがあるわけで、各記者別に書いてみたいなと思いました。最強の法則でやっている虎の穴みたいな感じになるかどうかはわかりませんが以下のことはご了承くださいませ。

・各記者の的中率や回収率等のデータに基づいているわけではありません。
・各記者の担当厩舎を知っているわけでもありません。
・毎週全コラムにを読んでいるわけではありません(以前はそうだったが・・)
・あくまでも個人的に思ったこととイメージ中心です。

誤解の無いように書きますが僕は人の予想にケチをつけるのは好きではありませんし、価値観を否定するのも嫌いです。
が、プロは別だと思っています。

こんなので大丈夫か?と自分でも思いますがご意見や補足的アドバイスがありましたら宜しくお願いします。関東の方には馴染みが薄いかもしれませんが、特別R等の馬柱に名前があると思いますので宜しければ参考に…なるワケないかw
週1〜2回はうpしたいと思います。


posted by ふうりん at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 大スポ研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。