2011年07月02日

指名理由 6〜10位

6位指名 ヴァンタンジュ 牡
父ファルブラブ 母ロフティーエイム 栗東・松田博

毎回「何でこの馬がこの順位なんやろ?」って自分でも疑問に思ってしまうことがあるが、今回はコイツがそうみたいです。4位までは気持ちにブレのない指名でしたが5〜8位くらいまでは結構しんどいものがありました。この馬もワンツーがキレイに入ってしまったクチですが飛節に自信がない。
肉付きはいい馬なんですが骨量が少なそうなんですよ。飛節は独特のくびれ方をしていて気になったのですが、よくわからなくなるとトモを見て「トモが発育しているのは飛節がいいから」と強引にまとめてしまうというマイルールのタブーを犯してしまった。パーツのそれぞれがどこもくびれていて馬体栄えしていますが、何に適正があるのかもわからない。マツバクさんなら色々試してくれるかもしれないと思ったのとファルブラヴ×SSは
いつも気にしておくので。でもやっぱりこの順位はないですね。もし活躍してくれても馬見はマグレですね。


7位指名 テストマッチ 牡
父キングカメハメハ 母アレキサンドリア 栗東・音無

ここまで(3日目指名7〜10位まで)指名予定は2頭失っただけですこぶる順調。というのも3大種牡馬である、ディープ、キンカメ、タキオンをここまで温存できたのが大きかったのではないだろうか?(ただ単に被らなかった可能性も相当高そうだがw)
そのタキオンとディープは既に9、10位指名を確定させていたので(理由は後述)、出来るだけ手堅くここはキンカメで。
今見直すと飛節は「どうだろうか?」と思ったけど、他のキンカメでそれ程飛節をよいと思ったのもいない。一番惹かれたのはその雄大さ。これまで短いところが向いていそうな馬の指名が多かったと思うので長丁場をこなせそうなのがもう一頭欲しかった。胴が長くて、太い首からは力強さを感じ推進力がありそう。前脚の繋ぎが立ち気味で短いのでもしかしたら距離はあんまり持たないかもしれないけど、一番雰囲気がよかった。不安はあれど感じることの大切さの方を優先。


8位指名 タイセイミステリオ 牡
父スペシャルウイーク 母タイキメビウス 栗東・矢作

スペシャルウイークで大切なのは「しなやかさ」だと思っていますがこの馬はそれ+ゴツゴツ感がある。いや、それって真逆やん!?とツッコミたくなる表現ですが写真を見てそう思いませんか?
体のシルエット、パッと見た感ではしなやかさが、皮膚の薄さからか筋肉の浮き彫りがゴツゴツしている。無駄な肉付きが少ないので柔らかい身のこなしは出来そうな感じですが、血統的にも体系的にも短距離向きでしょう。毎年意識して獲る「矢作枠」ですが、今季は馬を選んだらたまたま矢作馬でした。シュウジデイファームの重賞勝ち馬の殆どが矢作馬、まさに矢作牧場。今季は獲れなくても仕方が無いというかこれまで矢作で0勝だったので半分諦めていたのですが、ここの代表のイチ推しともなれば縁を感じてしまう。しかし過度の期待より、まずは1勝を大目標の謙虚枠ということで。
因みに後手を踏んで獲り逃した2頭のうち片方がスペシャルウイーク産駒のダイワデッセー。飛節に力強さを感じました。


9位指名 マジカルツアー 牡
父アグネスタキオン 母ゴーカロライナ 栗東・石坂

書いていて気が付いたが、この馬と8位指名馬を合わせると「マジカルミステリーツアー」by Beatles  好きなナンバーの一つです(爆)。
飛節でチェックを入れて予備指名を下位にして、ここまで温存したというより本指名に踏み切れなかった馬です。
何か見た目のバランスが悪いんですよね。何処かが突出している感でもないのにしっくりこない。
2歳だから仕方が無いのかもしれませんが、全体的に細いし、まだ体が出来ていない気がする。
ここまで扱き下ろしておいて何で指名したのかは、体にキャパの広さを感じたから。
飛節の見方が間違いでなければ、しっかり肉付きもよくなるでしょうしコメントでも成長力のある母系で夏を越して成長してくると書いてあったので半年後どんな体になっているのかは楽しみ。
獲れなくてもいいやと思い、別のタキオンも探し続けていましたが結局引っかかったのはこの馬だけ
。これが当たりだったら自信がつくな。


10位指名 スズカチャンプ 牡
父ディープインパクト 母スプリングマンボ 栗東・橋田

 初代ふうりん厩舎エース・スズカマンボの弟。所謂マイ血統ってヤツです。スプリングマンボはこれまで何頭もオープン馬を出していますし、古馬になってからの活躍が多いのも事実ですが偉大なる兄は2歳OPでレコード勝ちもしていますしハーツクライと接戦を何度も繰り広げダービーも掲示板に載りました。まだわからないけどディープにも早熟感があるので期間内の活躍も結構期待していいのではないかと。って言うかこれって超良血じゃないですか?うん、かなりいいはずw
個人馬主のためか情報の露出が少なく殆ど取り上げられていなかったので多分下位で充分,いや出来るならキッチリ10位で獲ってやろうと踏んでいました(予備指名には入れていましたが)。どれだけ探しても写真を見つけることが出来なく、指名馬中唯一馬体を一切考慮に入れず選んだ馬になります。
ここでついでに言わせて貰いたいのは、どのPOG本もそうなのかもしれませんが、ディープ産駒を扱いすぎ。写真入りページはどこを見もディープ、ディープ、ディープ。商売だから仕方が無いのはわかる。しかし我々のPOGのルールは10頭10種牡馬。もっとネオユニとかキンカメとか他の種牡馬の産駒も扱ってくれないと困る。
一応これでも馬体派なのでディープを上位で早々と指名してしまうと、写真を見ても「これはディープだからダメ」ってコマだらけになってしまう。何かディープだらけの「丸ごとPOG」にアホらしくなってしまって。ディープ産駒は馬体は関係なしのこの馬でもいいんやないかって気持ちが加速したのも確か。
自分の意地とヘソ曲がりと思い入れの結晶です。



ホンマに意図的ではないのですが、牝馬が0頭。関東厩舎は1,2位のみとなりました。
選んだ馬が結果的にそうだっただけで、厩舎とか牡馬牝馬のこだわりを持たなかったハズの自分なのに少々驚きましたw
ダイワメジャー産駒は飛節に力強さを感じるものが多かったのですが何故か指名していません。
これが一番心残りかな。

以上、この10頭に頑張って貰いたいと思います。
posted by ふうりん at 00:18| Comment(4) | TrackBack(0) | POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月17日

指名理由1〜5位

前のエントリをダルくなって途中で読むのを辞めた人のために、もう一度おさらい(要らないか?)

飛節至上主義にて、飛節のいいと思った馬のみピックUP。そこから他の箇所や厩舎血統を気にかけていくやり方です。


1位指名 プレミアムタイム ・牡
父ハーツクライ 母タイムトゥダンス 美浦・国枝

ギャロップの前の方のページに載っていたので早い段階でチェックを入れておきました。写真掲載馬全ての飛節に目を通して気がついた。って言うか途中で分かっていたのですが、(写真のコマ割が)大きく載っている馬は飛節がよく見えてしまう馬が多かった。逆に小さく載っていた馬の殆どが飛節に力強さや骨量の多さを感じなかった。つまりスタートから全く見れていなかった訳です。
軌道修正して冷静に判断するように努め、一度ピックUPした馬達も消えていきました。
そんな中この馬、ハッキリ言って飛節だけなら指名馬の中ではそれ程魅力を感じないかも(爆)、それでも1位に持ってきたのは怪我の功名といいますか、全体のバランスを素晴らしく感じてしまったのですよね。あと気に入ったのが繋ぎ。程よく寝ていて程よい長さなので直飛だけど距離も持ちそうでスピードもあるかもしれない。トモの容量もありそうで国枝さんがちゃんと鍛えてくれればかなり楽しめるんではと。
1位からメインの飛節以外のプッシュばかりで大丈夫なのだろうか?と自問自答も感じたことが大事。母が18歳ってのも気になったがそれも凌駕した。自分の中のグットルッキングホースNo,1。


2位指名 コスモメガトロン・牡
父サクラバクシンオー 母ダイアナチェリー 美浦・清水

ラフィアン勢がここまで人気するとは思っていなかったけどバクシンオー産駒は人気すると思い込んでいました。そのバクシンオー「10Fをこなせ」とか贅沢は言わないけど、せめて非スプリント専用であって欲しい。グランプリボスのようにマイルGT2勝は超理想だがその辺を狙える存在でなければバクシンオーを指名する意味がない。しかしバクシンオーにしては珍しい体をしている。
繋ぎは短いがそれ程立っていない(どちらかと言うと立ち気味ですが)。細いからそう見えてしまうのかもしれないけど胴が長く、頭も低い。写真写りがそうなだけではなく、背中のラインから憶するにこのままの調子で頭の低い走りをしてくれそう。撮影時は冬毛だったのかモサモサ感があるがそれでも、大腿二頭筋がエゲつないほど割れて窪みが出来ているしそこから伸びている後肢の肉付きも凄い。ただ単にスピードのないバクシンオーってオチは勘弁だが、「坂路での動きの良さは明和で一番」との触れ込みなら自分の判断にも自信が持てる。1位、2位と関東厩舎なんて以前では絶対にしなかったが2位固定決定。


3位指名 レッドバビロン 牡
父ネオユニヴァース 母マニエラ

イントゥザブルーの繰り上がり指名。
初年度と翌年で3頭ものクラッシックホースを輩出しているのに年々扱いが小さくなっていってるネオユニ。パワーの要る馬場や、スタミナ勝負が真骨頂なので先輩達のようにクラシック以前にも札幌2歳SやラジオNIKKEI2歳Sを狙っていきたい。ダート向きっぽくも見えるけど、胴も繋ぎも首も全て長い。合うのは芝の長丁場でしょう。僕は馬乗りじゃないけど「乗り味が柔らかそうですね」って言いたくなるような雰囲気を持っている。スリムでだけど逞しい。芝がダメでもダートでバリバリやってくれるのと思うのでオープンまでは確定だと思っています。一口5万円のクラブ馬が角居さんのところに入るのだから、いい憶測をしてもいいでしょう。
あと球節からヒョロっと毛が生えているのはいいと聞きますが(腱や骨質が丈夫だそうです)、この馬は前も後もそれがよくわかる。こいつはいいや!!と喜びましたがこの馬のページに載っている馬はどれも脚毛が目に付いた。見た目が悪いから刈られる場合もあるそうですが、社台は刈らないだけなんでしょうねorz


4位指名 デオヴォレンテ 牡
父アドマイヤムーン 母ディアマンティナ

正直言って2日目指名(4〜6位)は駒が全然なかった。初日のスットック指名馬は下位指名の予定だったので苦し紛れにここに持ってくるのは避けたかった。
やはり飛節の見極めが難しく、第一段階(まず飛節でふるいにかける)のピックUPが少なく第2段階(他のいろんな部分を検討する)に進めなかったので、テンポを上げるために変えたのが少しでも
飛節が気に止まったら、すぐ他の馬体のチェックを入れることにしました。ジャブ→ジャブ→ワンツーって感じですか。飛節→飛節(気に止まったら)→馬体(勿論飛節が気に止まらなかったら馬体は見ない)。
このやり方でパコーンってキレイにワンツーが入ったのがこの馬。スピードが有りそうですね。全体のバランスもいいですが多分マイルがいいと思います。ムーン産駒って未知数で上位でなくても獲れたかもしれませんがこの馬体は万人受けするんじゃないかと見て心配してここで。
指名時から名前を間違えてしまったけどwいつかTVで大坪さんがこの馬の名前を口にしてくれないかなと。ディアデラノビア並の天敵になれること間違いなし!


5位指名 カーバ 牡
父シンボリクリスエス 母キタノスザク

青鹿毛は馬体がテカるので騙されないぞと思っているのですが騙されたかもしれません(爆)
520キロもあるそうですが確かに重厚感あります。一番気に入ったのが胸前。ここが突き出ている感じより、なだらかな方がいいです。首差しも柔らかそうで奥の深そうな体です。
もう少し腹がボテっとした方がいいのかもしれませんが、完璧なんてそういない。何せ大型馬ですからね。既に坂路15−15を楽々とこなしているって書いてあったので見掛け倒しではなさそう。
あと名前が覚えやすいw指名したどの馬も名前を度忘れすることがありますが、この馬は大丈夫。
オープン馬の名前だと思っています。段々理由が馬体から離れてきているが気のせいだと思いたい。



更にグダグダまとまらない文章は6〜10位に続く(もう少しタイトに文章をまとめる努力もします)
posted by ふうりん at 12:45| Comment(3) | TrackBack(0) | POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

指名理由 プロローグ2

昨季は前々回の優勝が決定するまで気持ちの切り替えが出来ずに、準備期間が短すぎたこと、ディフェンディングチャンピオンとして気負ってしまって変な捻りが入ってしまったこと。繋ぎを特に気にかけた分、他の色んな部分がしっかり判断できていなかったと自己分析。
あと例年になくドラフトでリスト馬が消えてしまってかなりグダグダの精神状態でした。その消えた馬達も大した活躍はしなかったので結局馬見がダメだったワケですがw

反省を踏まえて
パーツの見方はある部分を除いてほぼフラットに。ここがダメやからって感じで見るよりも、ここがいいからって方を(いいとこを評価する方)に重きを置く。
捻りはいらない。いいと思ったら人気馬、評判馬でも素直にリストUPしようと。
いいと思えば短距離向き、繋ぎがそうであったり、胴が多少詰まっていたり、筋肉質過ぎてもリストUP
絶対的な関西厩舎至上主義でしたが、時世は「一つになろう日本」関東だの関西だのの拘りはなくしたつもり。ただし出来るだけ有力厩舎は選びたい。
ドラフトは半分くらい持っていかれて当たり前の気持ちで臨みました。


今季一番のポイント
しかし今季も新たな試みにはチャレンジしました。
それは飛節。ここに全てを託したと言っても過言でないくらい。飛節至上主義で見ていきました。
(これで昨季の反省が全てパーになってしまうくらい恐ろしいことですがw)

名前の出せない生産者の飛節論に傾倒してしまった訳なんですが、簡単にまとめると
スピードも瞬発力も一番大事なのは後肢。飛節に力がないとトモの大事な部分に筋肉がついてこない。逆にまだ2歳馬ならそれ程トモが発育していなくても飛節がよければこれから成長してくるという理屈です。
もちろん飛節以外にも見るべきパーツは多いけど、例えば胸前や首差しがよくても飛節がよくなければ走れない。逆にそれらがよくなくても飛節がよければ、他の弱い部分を補える。
線が細くて華奢でも活躍する馬は多くいますが、飛節に力があるからかもしれません。
飛節がそれ程よく見えない馬が活躍するのは、配合がいいか気性がいいかでこれは血統と情報面に長けていないと掴めない部分です。

いい飛節とは?
これがサッパリわからない。幾つかのサンプルが載っていましたが解説も文章で表現するのは難しいのか?「これはいいねぇ〜」とか「これは好きじゃないな」とか「力ありそうだね」とかで全然詳しくは触れられていなかった。
仕方が無いので、過去のPOG本で活躍した馬達の飛節を見ていくことにしました。
これでも全然わからない。ただ自分なりにまとめてみた共通点は
・骨量がある
・面積が広い
・肢が太くその延長上にある
・飛端部は突き出ている感じもよい

どこまで正しいかは?ですがPOG本に写真付きでプッシュされている馬の殆どがロクな活躍もしないまま消えていきますが、それらの殆どは上記の様な飛節はしていませんでした。

愚痴ですがギャロップ丸ごとPOGはいつも使っていますが、近年立ち写真でなくて調教の写真を使って紹介しているページがあるけどやめて欲しい。
あとDVDはいらないのでもっと写真掲載馬を増やして欲しい。映像からはわかりにくいけど写真は嘘をつかないので(だからパドック見ても、調教V見ても僕はまったくわからない)。
あと立ち写真もシッポが飛節を隠しているものが結構あるが撮り直してほしい。

あと直飛だとか曲飛だとかは殆ど気にしていません。と言うか見分けがなかなか付けられないwそれによる距離適正を知ろうとする前に飛節に力があるかどうか?が最優先事項なので。

選考の基本は、
まず、飛節のチェック。飛節がいいと思った馬は他の箇所や全体のバランスをチェックする。
もちろん厩舎や分かる範囲での血統も気にかけます。

要は自分が飛節をちゃんと見れているかどうか。今季はこれに全てを託します

初めての試みは勿論で、相当危険な賭けですが指名を終えて各馬のコメントを考えていましたが。
かなりグダグダです。笑ってやってください。
posted by ふうりん at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

指名理由 プロローグ1

ドラフトも無事終了しましたので、今季の所有馬10頭に触れて行きたいと思います。
一昨年の優勝から一転、昨年は最下位と全く振るいませんでした。
今年はしっかりとスタート前に指名理由をハッキリとオープンにして仕切り直したいと思います。
勿論目標は優勝と紙競馬〜JAC POGのレコードであり自己記録でもある15勝を更新することです。

これまでは
POGの指名材料って大きく分けると、血統、馬体、情報(厩舎、馬主、生産者、調教等)の3つですよね。
僕の場合は馬見、つまり馬体からの判断が一番指名理由としては多いのですが(そんな自分で大丈夫なのか?)自己分析してみました。

まず血統は苦手教科なんです。理数系がダメみたいな感じでw競馬の予想でも血統に頼る部分はM的に種牡馬を見るのと、亀谷君みたいに理論をシンプルに使えるようにまとめ上げて来るのは好きです(流石、馬券レッスンプロ!)。
大生さんのおかげで配合面なんかも楽しく勉強させてもらっていますが、パッと見ていい配合だなとか分からないし気になったのものは多少調べますが、まず血統からのアプローチから入れるほど見れませんし、多少詳しい人なら母父を聞いただけでその大系統か小系統は大抵分かると思いますが僕はそれがない分調べるのに時間が掛かって仕方が無い。
情報も同じ、いつも使うのはギャロップ丸ごとPOGと東スポのタブロイド、ネットも時間が有れば情報を探しますが、予算面と時間面で限界があるし情報収集におけるスキルが低いのと、優柔不断なので雑多に情報が入ると振り回されてしまう危険があります。調教でどれくらいの時計が出せているかなんかわかると凄い武器になるとは思うのですが。

それで素人なりに頑張ってみようかと思ったのが馬見。馬体派なんて自分で言うと何か恐縮なんですが、ここに力を入れるしかないかなと思って騙し騙しやってきたわけですw
実際に馬に携わる仕事をしている人達からしたら全くトンチンカンな部分も相当あるとは思いますが、過去にはブルーメンブラットを指名できたり、最近ではヴィクトワールピサは自信満々にいいと断言できました。

僕が思うに馬見の成功例として
@馬をよく知っている人が玄人目に見ていいと思った馬。
A逆に素人だからこそ玄人が敬遠するような馬でも指名できる、マグレ込み。
B誰が見てもいいものはいいパターン。

僕の場合はたまにいい馬を指名出来たときはAとBの部分ばかりだったのではと思います。一昨年優勝したことに気をよくしてレベルUPを図ろうと玄人目に見れる力を養おうと新しいことにチャレンジしたのが昨年。

好みと傾向
トモの貼りというか面積の大きい馬はいつも候補で、逆に避けるのが胴が詰まっている、首が短い(太すぎるのも何かダメ)、頭が高い、胸前の筋肉が目立つ、筋肉の質量が多いムキムキタイプ、
、(手足がスラっとしたのが好みではないが)コロンとした重戦車タイプ。
要はダート馬や短距離馬は避けたいのですね。それでも指名の大半がダートや短距離中心に使われてしまうのは馬見が未熟だからでしょう。
それらを踏まえて特に気にするのが全体のバランス。しかしこれはフィーリングに頼る部分が大きい
です。
ブルスリーじゃないけど「考えるのではなく感じるんだ」です。
パーツがそれなりに見れるのならこれは間違っていないと思います。

それでそれまで避けていたのですが新たに見ようと試みたのが、繋ぎとツメ。ツメはそこまで写真一枚でわかるの物ではないですが、繋ぎは面白いですね。
先程短距離馬は避けると書きましたがバクシンオー産駒なんかは殆どの繋ぎが立っているし、短い。
だから出来るだけ短くなくて寝ている繋ぎが好みとなったわけです。
(今年はそのバクシンオーを2位指名していますがw)


ダラダラとすみません。

全然本題に入れませんでした。

プロローグ続きますw相当ダルイと思う人はスルーしてください。
posted by ふうりん at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

POG見解

一週間ぶりの更新です。週末の恒例エントリとして定着させたいPOGネタですが
出走馬がいない週がよくあり、未だにノーポイント。温かい目でと何度も自分に言い聞かせていますが今週は・・・


08/19 小倉2R  2歳未勝利 芝1800m
 マイネルデネブ --角田晃一

08/19 新潟1R  2歳未勝利 芝1600m
コマンドールクロス --柴田善臣

まずマイネルでぶね。叩きつつ良化を期待していましたが過去3走とも6着とお前は狙ってやっているのか!?と徐々にネタ馬になりつつあります。今回は角田に乗り替わりなのはプラスのはず。角田と大型馬と言えばヒシアケボノを思い出しますように案外手が合う騎手かもしれません。勝てとまでは強くいえないですがせめて6着以上はお願いします
コマンドールクロスが遂にデビューか・・。と思い久しぶりにUm@SQLで調べてみたら何故か写真が載ってある?不思議に思い色々と調べてみると既に7/29にデビューしていました(爆)。ちゃんとダイナーさんの出走馬情報にも書いていましたが、僕馬メールが来ていなかったので出走するとは思ってもみませんでした。何にしても、4着ということでお金使わなくて済みましたwそういう問題ではないってか?
では土曜は愛情たっぷりに馬券を買おうと思います。前走も全く悲観するような内容ではなかったようですし期待してますよ。

お盆も正月も逆に忙しくなり休めない仕事ですが何とかひと段落。昨日はようやくの休日で疲れた体にムチ打って家族と芝政ワールドに行ってきました。
やっぱ水着の女性を見るのはよき目の保養になりますね^^以前でしたら白とか淡い色の水着の人によく目線を奪われていましたが、最近好みが変わったのか?今では断然黒い水着が色っぽいと思います。あとは茶色とかカーキ系の濃く暗い色?
多分他の色よりも濃く暗い色だから余計に肌が強調されるのでしょう。細身な女にはあんまり興味ありませんがそれでもこの場合だと目を奪われますね。
って何を書いてるのや?>自分

肝心の馬券ですが全くダメです。最近は資金に余裕があるのですが、500円〜1000円くらいで流したり、100円馬券でも人気馬を無理に切らないので自ずと買い目が増えてしまう有様。自分でもこんなにハングリーさを失うとダメになるものかと驚いています。今週は猛省を活かして攻めの姿勢を失わずに基本スタイルの
100パラ道を邁進したいと思います。
posted by ふうりん at 21:38| Comment(2) | TrackBack(0) | POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月26日

POG見解

先週はまさかのノーポイントでBクラス転落。
いよいよ最終週ですが2頭出走に漕ぎ着けました。逆転Aクラス(10位以内)入りの可能性はまだまだあります!

05/27 中京6R  3歳 500万円以下 芝1800m
メイショウアンドレ --福永祐一

05/27 東京3R  3歳未勝利 芝2300m
アルゴ --後藤浩輝

メイショウアンドレ
@オスカル弟は初勝利を上げてくれてお疲れ様と思っていたら
、最後の最後で出走してくれました(孝行馬や)。正直3着以内はかなり微妙だと思いますが前走の捲くり→突き放しはラップ的には中京9Fとは合致しやすいと思います。
ただ小回りが向かない感は否めません。地力はここでも見劣らないし妙味もあるので応援込みで買ってみたいと思います。
アルゴは東京を使ってきました。これはあからさまに同厩舎のフサイチジャンクの帯同ですね。追いきりでも合わせられて2秒2遅れorz。もしジャンクがダービー勝ったら最優秀3歳牡馬帯同馬で表彰してくれませんかね?
この馬はドラフト1位指名でサンデーサイレンスのラストクロップでかなり自身があった馬なのですが(JAC POGは指名10頭10種牡馬ルール)、最終週に出走してくるのも何かの縁。この馬が未勝利のまま終了するのはかなり悔しいので
何とか頑張ってもらいたいです。

気になる順位争いですがAクラス入りは大混戦。白板にて劇場さんがまとめてくださったのですが未勝利戦3着の100pでも他力本願込みで可能性が出てきますので、とにかくノーポイントだけは勘弁で。

まだ終わってはいませんが、最後の最後まで熱くあれた自分が嬉しいです。いい結果がついてくるハズです。
posted by ふうりん at 22:12| Comment(1) | TrackBack(0) | POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月20日

POG見解

先週はオスカル弟ことメイショウアンドレがやっと勝ち上がり。長かったがその分この馬のツボ的なものは何となく掴めた気がするので以後条件戦では上手に狙っていきたい。勝ち上がりは、やっと3頭目。残り2週どうなるでしょう?

05/20 中京1R  3歳未勝利 芝1800m
アドマイヤラン --岩田康誠

05/21 東京11R 優駿牝馬 (GI) 3歳オープン 芝2400m
ブルーメンブラット --川島信二

アドマイヤランは自信を持って確勝級だと言っておきます。ここへきて僅かなポイントでも順位変動しますので未勝利戦でも馬鹿にならない。勝ち上がり4頭目カモ〜ンです。
そしてブルーメンブラットが抽選を突破してくれました。この馬については
何度も書いてきましたがやはりGTでも勝利を意識します。4〜5番人気くらいになるのでしょうか?妙味は減りますがその分馬券は出来るだけ絞って買うよう心掛けたいです。JAC POGではこれで3期連続でGT出走となりましたがこれまでで一番のGT制覇のチャンスです。まさに南三局にて役万を天牌した気分です。しかし計算してみたらここを勝っても表彰台(3位以内)すら無理だということが発覚しました(泣)
これぞ役万あがってトップを獲れない状態ってとこでしょうか?
まあ舞い上がるのは勝手ですがこれだけの馬で大詰めまで楽しませてもらえたことに感謝します。
サイン馬券でテイエムプリキュアとの組み合わせまで手を出してしまいそうですw(わかるかな〜?)
posted by ふうりん at 06:51| Comment(2) | TrackBack(0) | POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月11日

POG見解

先週は2コ前のエントリで書いた様にポイント&感激を加算。残り3週だが絶対に超えたいハードルAクラス入り(10位以内)はもう射程圏内か。ブルーメンブラットは輸送と疲労の影響がなければオークスでは勝ち負け出来ると思っているので表彰台(3位以内)の可能性も出てきたわけだが、あれから冷静になって考えたがここで無理してダメにしてしまうの危険性はかなり高い。出るからには期待も応援もMAXになるけど抽選3/4を突破出来なかったらそれでヨシでいいのやないかと思えるように、って言うか心のどこかに除外になってほしい自分がいるような気がします。
期間外ですが秋華賞なんか特に楽しみなんで早いトコ休養してほしいですね。

今週は
05/14 新潟3R  3歳未勝利 芝2000m
メイショウアンドレ --内田博幸

のみ出走
もう8戦目なのでそろそろ初勝利を挙げてほしいものです。
NHKマイルを制覇したロジックと同じアグネスタキオン産駒なのにどうしてこうも違うのでしょうねwヤネへの期待はもちろんこの条件は結構向きそうな気がします。
ここ勝てないともう期間内は無理でしょう。頑張れ!オスカル弟!
posted by ふうりん at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

POG見解

先週のキャラメルボックスはまた2着で買わなくて正解。
今週は4頭スタンバイ!

05/06 京都3R  3歳未勝利 芝2000m
アドマイヤラン --岩田康誠

05/06 新潟3R  3歳未勝利 芝2200m
アルゴ     --上村洋行

05/06 東京2R  3歳未勝利 ダート1300m
マイネルアビルテ --内田博幸

05/07 京都9R 矢車賞  3歳 500万円以下 芝1800m
ブルーメンブラット --川島信二

アドマイヤランは待望のデビュー。ここは岩田騎手だしそこそこの期待は出来そう。タイムはともかくかなり慎重に乗り込まれてきてデビューも入厩してからかなり引っ張った。ポイント云々もあるけどどれくらいの能力があるのか知りたい。
ドラ1指名のアルゴは放牧から電撃帰厩の電撃出走(そういうのを短期放牧というのだよと自分ツコーミ)。多分この馬は走る気になっているかどうか?だと思います。お願いだから期間内にサンデー産駒が未勝利なんてことは勘弁してほしい。
アビルテ君は多分使いながら仕上げていくのでしょう。今週も併走で一杯に追って馬なり相手に遅れたくらいなので。でも気合い乗りが驚くほど変わったとの嬉しい情報もあるので恵まれればポイント圏内かも。
そして真打ブルーメンブラットは自己条件に戻って必勝を期します。僕の中ではこの馬をPOGだけでなくずっと応援していきたいので自己条件→秋に備えるのは歓迎のクチ。しかしここを勝って本賞金800万でもオークスは抽選対象になるとか?う〜ん全く頭になかったオークスですが「出れるものなら・・・」と思ってしまうのが正直なところ。どっちにせよここを勝たないと話しにならないですが、忘れ名草賞で負かしたヤマニンファビュルやヤマトマリオンが権利を獲っているので
ここで負けるとは考えられませんが、しつこいぐらい書いている天性の勝負弱さがあるからな〜。ここ負けたら凹むなぁ。僕が頭で買うと負けてばかりいるのでマジで馬券購入を見送ろうかと検討中です。


posted by ふうりん at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月28日

POG見解

先週は3頭出走で予定通り全部着外orzしかし殿負けも覚悟していたマイネルアビルテは16頭中7着(勝ち馬とは1.3秒差)と予想以上の健闘。贅沢は言わないので早く未勝利を脱出して条件クラスで馬券を楽しませてくれる存在になってほしい。

今週は
04/30 新潟1R  3歳未勝利 ダート1200m
キャラメルボックス --中舘英二
のみ出走です。
前走もそうでしたがおそらく確勝を期してローカルを使ってきているのでしょう(しかも中舘)がここで勝たなければ何してんのや?ってカンジです。
佐々木昌厩舎なので当然哲三様主戦を期待しているファンも多いはずで僕もその一人。馬券は人気なので買いませんのでどうか勝ってください。

それはそうと早いもので今年もそろそろPOG関係の本が出版されるシーズンになってきたようです(大生さんトコのエントリにて知りました)。現在の参加しているJAC GAME POGの成績は全く振るわないものとなりましたが、言い訳じみて恐縮ですが喉なり持ちが2頭、上記のMアビルテは気道が狭く球節の形もおかしいとのこと、怪我は想定外で仕方がないにせよ仕上がりが遅い馬が多く年内デビュー(2005年)したのが3頭だけという有様。これは自分の研究不足と情報不足以外の何者でもないですね(泣)

僕の場合はいつもギャロップ増刊丸ごとPOGしか使っていません。
基本的には気に入った馬体をメインに考えるので写真が一番見やすい
(決して馬体が見れるわけではなく、大まかなつくりと雰囲気的なもの。要はどれだけピーン!と来るか。)のが一番の理由。
一誌しか見ないのは、かなり優柔不断なので雑多に情報が入りすぎると全然決められなくなり自分が求めている本質的なものを見失ってしまうからです。ネットとかの情報もほぼ見ません。
血統なんかは自分で調べれは当たり前的なことはわかるし、それらを踏まえた様々なファクターを通して自分がどれだけ気に入るか?ですね。
僕はこうやって過去にメイショウオスカルストーミーカフェといった注目度が決して高くなかった馬を指名できたわけです。スズカマンボやカフェオリンポス(期間外でしたがジャパンダートダービー(GT)勝ち)、ヴァーミリアンなんかは目玉とまでは言わずともそれなりの注目はありましたし・・・。
と自慢話をして話が脱線していましたが(爆)、情報不足による失敗を繰り返さないためにも今年は(どこかに参加するなら)もう少し他誌やサイトにも目を向けてみたいと思っています。
ギャロ本以外を使ったことのある方や「ここのサイトは情報が豊富だよ」
ってことを知っておられる方がおりましたら参考にさせていただきたいので
教えていただけないでしょうか?
でもライバルになる可能性があるしな〜こんなことお願いしても無理かな〜
白板で聞いたほうが早いかな〜?とブツブツ・・
まあ間違いなく今年もギャロ本は買いますが楽しみやなぁ(^^♪


posted by ふうりん at 12:10| Comment(3) | TrackBack(0) | POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。