2006年10月26日

感無量

ありがとう&おめでとう! ファイターズ!

絶対に泣かない自信があったけどチョットだけ涙腺が潤んでしまった。

これから子供達を寝かしつけたら、一人祝勝会をしよう^^

いや心は応援した人みんな一緒かな。
posted by ふうりん at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

また逢おうね

今朝、実家(近所)の猫が死にました。
とても悲しい一日でした。喪に服して今日はPCも自重しようかと思いましたが折角のブログですしこんな出来事も書き残してもいいかなと思いました。もっともいつまでこのブログが残せるかは分かりませんが・・・

そんな中、元気をくれたのはやはり子供達の笑顔と賑やかさです。
そして日本シリーズ第3戦。今日も終盤まで締まりのあるいい試合でした。
W武田の攻めのピッチング。小笠原の待望のシリーズ初ヒット、大舞台慣れしている稲葉は頼もしいし、ひちょりは攻守ともに魅せてくれる、新庄の突然の送りバントは意味不明w

しかし立浪が指名打者に入ると怖いですね。流石ミスタードラゴンズと敬意を払いたくもなります。近年の成績は比べると見劣るもののファイターズにとって同じような存在がコユキこと田中幸雄でしょう、間違いなく。
北海道では物凄く盛り上がっていいことだと思いますが、新庄や若い人気選手だけでなくてファイターズの全てを愛してもらいたいですね。この盛り上がりを一過性のものにしないためにも。

子供達は名前が気に入ってマイケルが出てくると喜びます。2歳の末っ子は何故か小笠原を見て「パパ、パパ」と言います。髭は生やしていませんが、まあ嬉しいです。

ふとするとすぐに悲しみを思い出してしまいます。こういう記憶はセットで残るのでしょうね。野球のことは忘れやすいかもしれないので気分転換に書いてみました。
って既に、競馬でなくて日ハム応援ブログになってしまっている気が・・・
posted by ふうりん at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

いつの間にかオールドファン?

いよいよ日本シリーズが開幕しますね。

前にも書きましたが、僕はもうかれこれ20年近く日ハムファンなのです。
僕が(一人として知っている選手がいなかった)ファイターズを好きになったきっかけは当時日米対抗試合でした。津野という日ハムの投手がそんな舞台で当番しているだけでもチョットした驚きでしたが、初めて耳にするSFF(スプリットフィンガード・ファーストボール)なる魔球?を投げている。これが興味を持ち始めてす。その年ドラフト1位で入団した西崎幸広投手が僕と同じ滋賀県出身ということもあり益々興味倍増。翌年の近鉄のドラフト1位阿波野投手との球史に残る新人王争いに心を奪われ西崎が15勝目を挙げたときなんかプロ野球ニュース見てマジで泣きましたよ。
他も好きな選手ばかりやったな、先頭打者島田誠さん、いぶし銀・白井さん、名捕手・田村さん、最強助っ人ブリューワ、チャンスに強い高代さん、技工派投手柴田さん、中日より移籍後チームを引っ張ってくれた大島さん・・・って古すぎますねw
西崎と同時に最多勝を挙げた松浦。元祖スキンヘッドの広瀬や、やたらと雨の日のパフォーマンスしか記憶にないwウインタース。今年引退したガンちゃんこと岩本や阪神で現役を終えた片岡。挙げだしたらキリがない。
当時から残っている選手はコユキこと田中幸雄選手くらいでしょう。先日のリーグ優勝を決めたとき彼が胴上げされていたのが一番感動しましたよ。2000本安打目指して頑張れ!

誰かとプロ野球どこのファン?なんて会話になって日ハムって答えてもホンマかいな?ってリアクションする人が殆んど。友達なんかが部屋に来てパッピやメガホンをみてやっと信じてくれたってことがよくありました。そういえば初めて東京にいったのがポールマッカートニーの東京ドームのコンサート。そのときにドームのショップでファイターズグッズをここでしか買えないと、買い漁り帰りの新幹線代がなくなり一晩かけて鈍行で帰ったのを覚えています。

「今年は優勝できるんでねーの?」と夢見た年が何度かありましたが、Bクラスばかりの成績に熱くなることは少なくなり年々プロ野球への興味も削がれていきました。知っている選手も少ないですし今では北海道の方達の雄って感じがしますが、
今や絶滅寸前の東京時代の残党として日本シリーズは萌えたいと思います。

やはり新庄がチームに与えた力はとてつもなく大きいと思いますし、小笠原がFA権を行使して出て行くとしたら戦力的にもモチベーション的にも今年は一つのピーク年かもしれません。優勝の喜びを知らずにずっとファンをやっていたものですから、この先自分もファイターズもどんな運命を辿るかは分かりませんので、今までの分を取り返してもらうべく日本一になってもらいたいと思います。

予定的に日本シリーズを見に行くのは無理ですが、もし6戦目、7戦目(28日・29日)のナゴヤドームまでもつれたら是が非でも見に行きたいとおもいます。それこそ当時のオレンジ色でファイト君のプリント入りのはっぴを着て出陣しますよ。
posted by ふうりん at 00:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月13日

シンジラレナ〜イ

たった今、仕事を終えたばかりですが嬉しいですね!
日本ハムファイターズ・リーグ優勝!!
実は僕は20年来の日ハムファン。プロ野球はこの年になるまでファンとして優勝の喜びを知らずに来ましたので、もう大感激です!

正直言って動画ばかり見ていて仕事どころではなかったのですがw八木と斉藤の素晴らしい投げ合いにも感激しました。森本君や田中君、稲葉君みんないい仕事しましたね。
ダル君はなんであんなにふてぶてしいのやろ!?と思いつつも彼にも感謝w

書きたいことはまだまだあるけどまた改めて。

さあ家帰って一人ビールかけ・・・は自主規制して祝杯をあげよう!!
posted by ふうりん at 00:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

サヨナラじゃない・・・

日曜結果
オールカマー
◎ドリームパスポート  8着
○バランスオブゲーム  1着

神戸新聞杯
◎マイネルポライト   15着

人気薄からとはいえ人気馬を切らずに買い散らかしてしまいました。
ちょっとお見苦しい馬券なのでうpはやめときます。

オールカマーはバラゲーも軸でしたがバルクとデラデラを同じところのみにマークしていては外れますwあれでも万馬券、三連複でも4000円ぐらいつくのか・・
まあいいですわw
神戸新聞杯も◎は問題外wどうしても人気薄から入りたいってのがあってどうしようもないですが、ここでドリパスを◎に出来なかった自分がかなり悔しい。
土曜の回顧をしたエントリで書きましたが、あのタイムが出る馬場だと多少の締まり具合でも上がりは落ちません。10Fなら9Fとの互換性で尚更中間の緩みの可能性も出てくるわけでどちらにせよ瞬発力に勝るタイプが
優位、どちらでもキレるタイプなら軸はドリームパスポートしかなかったわけですね。
12.2-11.1-11.0-12.3-12.5-11.8-11.8-11.7-11.7-12.0 1:58.1

テンの速い流れでしたが4〜5F目ではコース形態上の通例通り緩みがあります。
5−6−8−6のVラインでしっかりタメをつくってレース上がり35.4に対して34.7としっかり切れたドリパスと高田騎手は素晴らしかったと思う。
他に34秒台の上がりを使えた馬は2頭いたがどちらも4角10番手以降でそれぞれ5.6着。このドリパスの切れる脚の使える幅は相当広そうで当然菊でも有力視していいでしょう。
自称得意の中京でこの馬を見抜けずに尚且つ、あんなにいいレースを見せられて馬券まで外すと(単勝860×1000円で充分やん・泣)流石に凹みます。

ああ、また秋競馬に対する苦手意識が沸いてきたよ、サヨナラしたはずなのに・・・
posted by ふうりん at 22:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月23日

完全にヤヴァイ流れ

運動会もひと段落。しかしもう暫くすると出勤ですわorz
中京3Rにてまたバカの一つ覚えBT産駒の芝→ダート、エターナルサガが勝って単勝が1000円以上つきました。忙しさの中思い出して投票したときは締め切り・・・。個人的にもこういったときは負け込むパターンが常。
けど買わなくて気になった馬が来たときは更に悔しいので買うしかない。

中京10R 夕月特別
◎ホシノプレゼント  一般的なこの条件のラップにかなり合致しそう
○プリティプリンセス 良馬場で見直し、軽ハンデでもっとやれる

中京11R トリトンS
◎ヤマノサンデーズ  7秒後半想定で
○マッチメイト    時計が足りないが3歳馬で昇級ならまだ詰めれる

どちらも三連複・単で買います


posted by ふうりん at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月22日

苦しいシーズン到来

今更回顧するのもしんどいですが、重賞は問題外で語る価値なし。
あんまりサボると数少ない閲覧者の皆さんに失礼ですので悔しかったのを少々w(悔しいだけで大して惜しいわけでもないのでいちいちうpしませんが)
月曜中京3R。最初はサトテツのメモリアルV、タップダンスシチーと同じプレザントシチー産駒ってのも何かの縁と思いプレシャスピクセル軸でいいかなと、相手に内田裕也さんのロック魂に共鳴してwゴールデンロックス、元PO馬のオーバーシーズも久しぶりに押さえておくか。ってなカンジで三連複フォーメーションで手広く。
しかし投票直前になって気がついた。軸のプレシャスピクセルは例えデットーリー騎乗でも買いたくないアノ厩舎の馬でした。初志を曲げて外すパターンが最近多いので何とかフォーメーションのヒモ評価に留めましたが御覧の通り。荒れると踏んで臨んだレースですが軸に人気馬を置き換えたのは反省。まあ哲っちんおめでとう。
普段は手を出さないダート5Fの中京8Rを買った理由は、バカの一つ覚えでBTの芝→ダートのマコトテンカイチが出走していたから。結果は見事に追い込んで来てたけど馬1着馬抜けで単・馬連外した〜!と叫んでいたら3着でした。三連複5万馬券はもう少し踏み込めば獲れないことはなかったと言いたいですが今の僕では何をやってもダメなのかもしれません。

軽く外れ自慢をしたトコで本題。                                                        よくよく考えたら僕は競馬は秋以降がからっきし苦手です。年明けから春先をピークに好調期がおとずれて夏前ぐらいまでそれが持続するかどうか?ってトコでして夏場は小倉好きってのもありましてそこそこ遊べますが
、いざ秋競馬に突入すると前半の貯蓄も殆んど吐き出してしまうパターンをもう何年も繰り返しています。

今頃になって気がついたのですが、何故冬〜春に成績がよいのか?それは馬場に時計が掛かりやすいからです(←当たり前のことだけど笑わないでね)。
予想スタイルはM中心の時期が長かったわけですが要するに「摩擦の多い馬場」(まあ摩擦はそれだけの意味ではないでしょうが)ってことですね。
Mの使い方も人それぞれ違うとは思いますが僕Mとは相性がいいのでしょうね。
基本的にはショック療法が好きですが。
ここ2年ほどはラップを中心に予想していますが時計の掛かる馬場は底力タイプが台頭しますし、人気の瞬発力タイプが飛ぶことが多いので穴狙いが嵌まることも暫しあるのでしょう。

特に2回中京はとても時計の掛かる芝に加えて、9Fと10Fの互換性理論(そんな大したものではないですが)の読みが結構当たったので、「今度も!」と意気込んだ今開催ですが見事に外しまくっています。そこまでズレた見方はしていないと思うのですが終わってみれば想定が違っていることが多いです。
今、相当ダメな時期なんでしょうね・・毎年全く当たる気がしなくて競馬に対して元気が出にくい時期がありますが多分今がそれだと思います。
こんな時だからこそ自分のスタイルを見つめなおしてレース選びや馬選びも慎重にやっていきたいです。基本的にしっかりと予想して買ったレースなら外れても幾分かは満たされるタイプなので。
明日は子供の運動会。また記念サイン馬券でも買うかな?
なるべく予想は載せますね。

posted by ふうりん at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

今更ですがK-1 MAX感想

月曜日に行われたK−1MAX2006世界王者対抗戦の感想です。
朝たまたま新聞で知ったのですが今回はシュートボクシンからはアンディ・サワーの他、宍戸君が出場すると知って(噂では聞いていたけど)大変楽しみでした。
ホント格闘技は気になる選手が出ないとあまり興味が湧かないのですがMAXはいいですね^^
でも面倒なのでちゃんと見た試合だけ。

ブアカーオVS宍戸大樹
15秒で終わってしまっては・・・。しかも決め手となった左フックは思いっきり手打ち(全く腰や軸足の回転が無い)。完敗としか言いようが無いけど、ファンの皆さんは宍戸君をここまでの選手だとは思わないで欲しい。SBのレベルは他の立ち技系格闘技のどの団体にも負けていないと思いますし彼が所属するシーザージムのプロ選手はもの凄い練習をしています(現役時代あそこまでは無理や!とよく思いましたw)。
確か彼は僕がプロ転向後あたりからアマチュア大会で活躍し始めたので、階級も違ったしあまり気にしたことは無かったのですが、いつの間にか格闘技ファンの間で『宍戸K−1待望論』が持ち上がるほどの選手になっていました。そして今回『日本人選手最後の大物』と謳われての登場。何か自分のことのように嬉しいです。「SBの看板を背負う」と公言してリングに上がった彼。残念な結果となりましたが、僕もSBファンの看板を背負って応援します!!(リスクないやんw)

小比類巻VSアンディ・サワー
相変わらずサワーは両脚が揃ってしまうことが何度かあったけど、それを払拭するくらいのラッシュの時に上半身が逞しさが目立った。前回の試合から短期間でそう変わるものではないけど多分相手関係がそうさせるのだろう。
ショートレンジで打ち合いに出たいサワーと距離を開けて闘いたい小比類巻。しかし相手に身を寄せて攻撃を防ぐという真逆の戦法しか手立てがなくなっていた時点で(ダウンを待たずして)勝負アリでしたね。
クリンチの多用でイエローカードを出された小比類巻だがそれは非難にはあたらない。ただ1万人近く観客動員する大会でメインを努めるほどの選手ではないと思います。まあ人気やネームバリューが今大会では一番あったからでしょうが、逆に今一つその強さが浸透していない感のあるサワーにとっては美味しい相手だったのではないかと思います。

他、
須藤選手の試合。回転系の技ではバックブローやバックスピンキックが決め手となることが稀に見られるが、あの(直接の決め手ではないが)後ろ回し蹴りは見事としか言いようがない。よく飛んで回転蹴りを出す選手はいるがあれは技を出した後マットに倒れるため直後の攻撃をもらうことがない安全策。あれだけ立ったままバランスよく綺麗にヒットさせるシーンは5年に一度見られるかどうか?でしょう。
須藤選手もあんなのを決めたかったのでしょうね。踊りはカッコよかったw

前田宏行選手がK−1に出るなんてTV見るまで知らなくて凄くビックリ。
これまで何人かの国際式の日本チャンピオンクラスの選手がK−1のリングに上がったがキックがまともに使えない、キックの対策が出来ていないでリングに沈むのを何度も見てきた。プロのキック系の選手が国際式をやるとなると相当厳しいと思うが逆も然りだと思う。だから試合を見るまでは複雑な気持ちでしたが、K−1出場を決めてから1年間キックの練習をしてきたと聞いて流石はチャンピオンだと思いました。「リスクを背負ってでも(観客が喜ぶ)倒しに行く試合をする」と宣言していた通り、「もらいすぎやろ!」てっ突っ込みたくなるほど前に前に出て行くし、足技も要所要所でしっかり出せていた。また前田選手の試合が見たい!って思いました。ただ今回は相手も国際式あがりだったようなのでもっとキックを(特にローとか)多用してくる選手なんかと当たったときが注目ですね。

面白い試合が沢山あって見て良かったと思います。全く主観的なものとなりましたがこんなトコでw



posted by ふうりん at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

夏終了・鬼終了

小倉、新潟の2歳Sが終わって夏も本当に終わってしまった感がある今日この頃。
小倉2歳SはJr.さんトコでコメントさせてもらった通りの見解で◎は正解。2着にニシノマオも買えましたが3着のスーサンライダーは買えませんでした(いちいちUPしなくてもいいですよね)。3・5・4番人気の決着しかも勝ち馬は3番人気と言っても単勝500円しかつかない人気。これで三連単3万馬券、三連複5000円もつくの?
まあ1,2番人気押さえて4番人気を切った自分が悪いのですがね。今日気がついたのですが1番人気のシルバーストーンは大スポ・ヨネさんの▲(三番手評価)ご贔屓の瀬戸口師がゆかりの小倉2歳Sラストランでもこの印だとかなり厳しい評価と見なして人気を考えたら切ってもよかったくらいでした。何のために大スポ研究やってんだか・・・。

しかし最後まで高速馬場でMらーご期待の外伸び摩擦馬場にはなりませんでしたが、その分持ちタイム評価の高い馬がかなりの確率で勝ちました。
以前のエントリでも豪語していましたが今開催の小倉芝は全体的に時計が早い限りは持ち時計ベースの予想で半分は当てられるってのはほぼ当たっていたと思います
。ただし持ち時計が速い馬は特にスプリント戦なんかでは人気になることが多く手が出しにくいレースが多かったのも確かです。「でもやっぱり〜」に載せた分だけでなく紐が抜けて悔しい思いをしたのレースは結構ありますが、例えば勝ち馬が1:08"7で走ったとしたら2着馬は1:09"2で走破するかもしれません。じゃあその想定で走れるタイムの幅を持つ馬を探すか?でもそんな2着や3着のタイムの想定まで立てれるかよ!ってなカンジで歯痒い外れ馬券を量産していったワケですw

それを尚、痛感させられた出来事が。
土曜日に時計の掛からない馬場だと分かっていたし、日曜は人気馬が切りにくいレースが多かったので(結果は荒れまくったけどw)重賞と応援馬の出るレースの予想に精を出し全滅。何とか的中できたのは持ちタイム評価が一番の馬だけど人気が手ごろだったユニバーサルが勝った小倉12R、いつもなら三連単で買うところだが時間が無く相手がわからないのとここ最近ヒモ抜けを喰らいまくっていたので無難に単勝のみで。
yuni.JPG9月3日 小倉12R  1着 (3)ユニバーサル 4番人気  結果はご存知の通りで2着に16番人気、3着に10番人気が入って三連単300万馬券の超大荒れ。両馬共にとても手が出る馬ではなく単1点は大正解。最後にショボイ張りになりましたが何とか日曜の負債を半分に出来ました。しかしやっぱり競馬は難しい。そして面白い。精進すればいつかはこんな配当も当てることが出来るでしょう。そのときこそ本当に鬼を名乗らせていただきますよ。



posted by ふうりん at 21:50| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

肌を痛めてビビる夏

昨日は家族で海に行っていきました。やっぱり夏はいいですね^^行きの道中は少しでも海に近づいているんだと意識すると運転も快適なものです。
3人の子供たちも大喜びで、疲れましたがとても楽しい一日でした。

しかし思ったのは年々刺青を入れた若者が増えていますね。今年なんかは若者の半数近くが入れているのではないか?と錯覚すら覚えます。
一昔前なら刺青といえば『その筋のお方』の代名詞みたいなもので、最近までは僕も入れている人をみるとそうだと思い込んでいました。
最近は輩と呼ばれる人達とかが普通にファッション的にやっているのでしょうか?
まあ、そのイコールで結ばれる固定概念が僕の中で薄くなってきたのは確かです。
がやっぱり目の当たりにすると引いてしまいますね。

そんな中、モロ本物と言って間違いの無い方達を発見しました。凄く怖いのですが
一応ノープロブレム、しかし一様に凄くビビッているのが分かるのが(恐らく)その筋の方ではない刺青入りの若者達。なるほどと思いましたね。僕らなら普通に近くを通るくらい出来ますが、彼らはそれが出来ません。見たいけど目線を向けれないって様子がとても伝わってきました。
アメリカとかで我々黄色人種が金髪にしていると黒人に絡まれて危険だという話を聞いたことがありますが、まさにそんな感じでしょうか?
体の一部を変えるって色々大変なんですね。肌を痛めてそんな怖い思いをするなんてちょっと理解に苦しみますが。

恐ろしく日差しが強かったので日焼け止めを塗り捲っていたのですが、僕もしっかりと肌を痛めましたw結局子供に連れられて殆ど水中にいたから効果が半減したのでしょう。激痛は無いものの体が火照って満足な睡眠が取れませんでした。この調子だとあと1、2日は同じ夜を過ごすのではないか?と思うと憂鬱です。
結局僕もタイトル通りでしたw
posted by ふうりん at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

真価の問われる防衛戦

ってまだ前のエントリを引っ張っていますw

時間が無いので本命予定だけでも
函館2歳S
調べたわけではないし、あくまでもイメージですがこのレースはよく内が空いて内枠の馬が抜けてくる気がする。
スピードもありそうで先手を取ってそのままも、内で溜め→抜け出しのどちらの想定でも受けれる馬◎ガールズポップから買います。先行激化で隊列が読みにくいですが(独裁者・藤田がハナなら萎え〜ですが)伊藤圭3頭出しにて前に行きたい2頭が外目にいるのも決してマイナスにはならないでしょう。
勿論、三連単で手広くいくつもりです。
posted by ふうりん at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メンチを切って勝つサンド

タイトルに意味はありませんがwややツボin気味です。
今となってはこんなけったいな名前の商品作ったのを後悔しているでしょうね。

最近地元の祭りが続いてかなりハードな日々であんまり競馬のことを考える余裕も少なかったのですが(どうせ当たらないし)、それがかえってよかったのか?何とか浮上のキッカケが掴めました。

やはり好きと得意は違いますね。いつも小倉開催は熱くなりますが、ここでの公表はもちろん無いけどそれ以外でも今年の小倉の的中はここまでナシ。
タイトルにある渦中の人の言葉を借りるなら、アンチふうりんは内心「オッシャー」と思とったんちゃうか?けどな、それは俺流のサプライズや。

kokura1.JPG
8月5日 ホンコンJCT結果  
1着(11) ケイエスストロング 9番人気
2着(6) フラワリングバンク 6番人気
3着(8) タニノローゼ    4番人気

恐ろしくヘタレな三連単の軸に、一貫性のない買い方。相変わらずの後出し。
これに関しても新チャンプの言葉を借りて、見方はいろいろあるけど好きに言わせておけばええわ。
オレはビンボーやから外したら次が無い、当てたから次があるんや。
でも、当てて課題も見つかったし、次はもっと上手くなるよ。


一応合わせ万馬券やし、(載せませんが)12Rも単勝を的中させています。と更なる後出し&疑惑の的中(いや本当ですw)
ホンマ100円馬券のクセに何様でしょう?>自分
すっかりビッグマウスに感化されてしまった僕の『次』日曜予想を先出しにて載せるべきかと思いましたが、とりあえず寝させてやと、どこまでも亀田節で煙に巻くw






posted by ふうりん at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月22日

もう土曜日ですが・・・

19日(水)は仕事で横浜に泊まりで出張でした。夜、予定が終了してからは、かねてからお会いしたかった大生さんと食事をしてきました!

僕がJACさんのトコにお世話になりはじめて3年とちょっとになりますが、その当時から何かとお世話になってばかり(今もですが)のお一人で、いつも論理的な見解には頷くことが多く密かに憧れみたいなものもありました。
とにかく頭の回転の早い人(チャットとか見ておられた人ならお分かりかと思いますが)、スパっとものを言える歯切れのよさ、そしてさり気無いギャグが面白い人ってイメージを抱いていましたがその通りでした。

僕は真逆で頭の回転が悪く、曖昧な言い方をすることが多いしギャグも寒いw人と話すのは苦手ではないけど上手ではないので、緊張&心配もしていましたが何かと気遣ってもらえたお陰でとても楽しい時間を過ごせました。
Mラーの人なら必見の知られざる秘話やw私生活の話、勿論大半は競馬の話ですがやはり聞き入ってしまうことが多かったです。
結局終電間近まで4時間近くご一緒させていただいたのですが、実は2件目のお店を出る前くらいからもう気持ちよすぎて頭がポワ〜ンとして行動は覚えていますが何を喋っていたのかあんまり覚えていないのですよw
飲んだのは確か生ビールが中で3杯とサワーが1杯だけでしたが、やっぱ弱いですよね。ホテルのあった桜木町界隈は海が見えて景色もキレイで暫し眺めていました、まあ間違いなく他人がみたら只の酔っ払いでしょうが。

しかし関東はいいですよね。3年ぐらい住んでみたいです。田舎者なので単純に都会には憧れます。帰りにちょっとうろついていたらWINS横浜に遭遇しましたし、駅5つくらいで川崎競馬場が開催していて時間があったら行きたかったなぁ(既に南関東4場は全て行ったことがありますが)。
また関東に行くことがありましたら関東在住の皆様、こんな僕ですが会ってやってくださいませ。
大生さん本当にありがとうございました。僕も出来るだけブログが長続きするように、予想も出来るだけ載せれるよう頑張ります!

と書いてようやくうpに漕ぎ着けたがタイトル通りですorz
しかもメインRすら終了している・・・
とりあえず小倉の鬼予想w
11R小郡特別
Hペース想定で川田&黄金短縮で人気しそうなカリプソパンチはここはお客様。
マルカジークも人気の福永は怖いが持ちタイムの裏付けが無い上に基本的には緩んでのタイプ、美味しく切ろう。
軸は追いきりのタイム抜群のエイシンライトゥンとここは想定が合致しそうなエーティーホーオーで三連複、三連単で。




posted by ふうりん at 16:08| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月01日

K−1MAX感想

今週はPOGの出走馬もいませんので、たまには個人のブログらしく競馬以外の趣味(?)で先ほど見終わったK−1MAXの感想でも書いてみます。
格闘技の番組はもうズゥ〜〜〜〜〜〜〜ッと気が向いたときか、タイミング的にたまたま見れたって時以外は無理して見ようとは思いませんが、アーネスト・ホーストが出るときか、今日出場したアンディ・サワーが出るときは別。今日も楽しみにしていたものの忘れていまして(爆)見れたのは準決勝以降のみ。

準決勝 魔裟斗VSサワー
 この二人は試合が噛み合いすぎて誰が見ても好勝負だったと思う。パンチからキックの魔裟斗とキックからパンチのコンビネーションが主体のサワー。先に魔裟斗が出しサワーが返すという綺麗なラリーの応酬。顔を腫らすサワーと着実にローが効きだしているのが見て取れた魔裟斗。           2R序盤も均衡した互いの持ち味が出たいい打ち合いだったが、いつしか接近戦の打ち合いに。サワーは変に根性が有り過ぎるので魔裟斗の土俵に上がってしまって(パンチの打ち合いに付き合いすぎて)、折角それまで蓄積させてきたローを打ちにくくなってしまった(付き合ったうえで、上へのキックを狙っていたのかもしれないが)。
 3Rはセコンドの指示がよかったのか?仕切り直し効果で、サワーはまたキックから入るコンビで攻めていく。クリーンヒットはサワーの方が多いが、魔裟斗は動きのよさと手数の多さでイメージ的有利さを味方につけ(若干ポイントをリードしていたと思うが)逃げ切られたかと思ったが、終盤遂に捕えることが出来た。解説はダメージの少ない不運なダウンと称したが、どう見たってクリーンヒットによる文句なしのダウンでしょう。
いい試合でした。魔裟斗は3発目4発目にアッパーを持ってくるコンビはもうここら辺の相手には通用しないでしょう。ただ選手としての完成度は抜きん出ていますし素晴らしい選手だと思います。

準決勝
ブアーカオVSドラゴ
 短すぎて全然わからん。魔裟斗が負けた時点で、TVがやる気なしモードに入ったのは誰の目にも明らかだが、100歩譲ってダイジェストにするのはいいにしても短さとか繋ぎの悪さといい、いい加減にも程があるよ。

決勝
サワーVSブアーカオ
 決勝はいいカードだと思うが、流石に魔裟斗がいなくなったことによるトーンダウンは否めないが、それを構成に反映しすぎ。他の日本人選手が決勝に上がっていたらまた違ったと思うが、外人VS外人でもプライドやK−1の重量級みたいに盛り上げていく気がないと、こんなこと格闘技ならしょっちゅうやと思うしTBSも考えたほうがええと思います。
 流石に両者の疲労の差は明らか。しんどいだろうがサワーはブアーカオのリズムに合わせてしまった時点で僅かな可能性も自ら消してしまった。ブアーカオはこの大会でパンチを多用するようになったとのことだが、リーチの想定よりもかなり伸びしろのあるパンチで、あれは序盤である程度目がなれないともらい易い危険性がある。しかもムエタイの選手らしく抜群に下半身のバランスがよく難しい体制からでも的確に振り切ってくる。
魔裟斗とあれだけ打ち合った後であれはキツかったでしょうね。僕は解説が言うほど力の差は感じませんでした。今度はワンマッチで二人の対決が見たいです。

と偉そうにわかった風な口調で能書きを垂れ捲りましたがお許しを。多分間違った見方もしているかとは思いますが・・。
ネットデビュー以来ずっとcarahanさんをはじめ一部の人意外にしか伝えてこなかったことですが、僕も元格闘技の選手でした。プロ戦績2勝2敗で中途半端に辞めてしまったので恥ずかしくて私生活でもあまり人には言わなかったのですが心境の変化です。それはブログのネタ切れ(爆)と、いつも我がシュートボクシングを背負ってアンディ・サワーがロングタイツで試合をする姿に心を打たれたから。
関係者の皆様、万が一検索に引っかかってここに来られたとしても僕が誰かは詮索しない様お願い申し上げます。今はただの一ファンとして応援てます。
まだまだ若いし世界の頂点を目指せ!アンディ・サワー!
posted by ふうりん at 00:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月07日

ハートに火をつけて

なんとかPOGのドラフト投票(今日は1〜3位)も終わり今は結果待ち。ドキドキしますね。しかしハードでした。疲れていたのですが自分の許される時間は日曜晩からすべて馬選びに費やしてきました。急ぎ足で行いましたが(ギャロップのDVDは結局見なかった)後悔はないです。
更新をサボリ気味でしたが、たまには僕も個人のブログらしく音楽の話でも。

春先から仕事の関係で約週一ペースで京都に出張していますが、名神高速のリフレッシュ工事のため渋滞が酷いです。月曜日の晩の帰路ですがこれは一般道を使った方が絶対早いと判断して途中で高速を降りましたがあいにく、どこを通ってもナビが「この先混雑しています」と。すいている道を探して進路を変えては変えて進みました。睡魔に襲われないように何枚もCDをかけては交換するのですが持ってきたCDの全てを聴き終わって残った一枚がこれ。
doors.bmp
このアルバムとの出会いは昔好きだったアーティストが雑誌で「愛聴しているCD」
だったか「影響を受けた一枚」みたいな感じで紹介していたのがきっかけ。最近は殆ど聴いていなかった。
好きなんですけどねぇ〜。そのサイケ?なサウンドから車運転しながらだと絶対に眠くなる一枚なのは間違いなし!と決め付けて手を出さずにいましたが、長時間ドライブで何とか気分転換したかったので、睡魔が増したら即止めようと決めて禁断の果実に手を出すw

すると久しぶりのサウンドがいい感じで脳を刺激してくれたのか?高揚感で睡魔が消え運転も快適に感じました。
ハッキリ言って音楽に詳しくないしDoors自体全然語れません(有名なアルバムですが・・)。が、こういった音楽が好きな人はイイ感じでトッリップ気味になれるのではないでしょうか?
収録曲のLight My Fireは超有名ですが様々なメディアでネーミングされている「ハートに火をつけて」ってフレーズの元祖はこれではなんでしょうか?

そのLight My Fire 、間奏がやたらと長く何度も曲調が強まりその度に「そろそろ終わるかな?」と思わせておいて全然終わらない。それでも間奏の終了に辿り着いたときの何て言うか「達成感」?みたいなのは表現し難い気持ちよさがあります。まあこれもかなりメジャーな曲で僕なんかが語るとお恥ずかしいですが。この曲が流れたときは疲れも焦りも忘れて気分は最高潮でしたが・・・・・
気がつくと
迷子になっていました(爆)お陰で推定所要時間より30分ぐらい無駄に彷徨っていたよ(何の為のナビだか・・・)やっぱり車で聴くCDではありませんでしたw
posted by ふうりん at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

回帰なのか、開拓なのか?

こんばんは、昨日も万馬券を当てることができたので今日は家族で焼肉だったスーパー庶民のふうりんですw

本日発売のウマゲノム版血統コース辞典皆さん買われましたか?
僕的には結構楽しみにしていたので早速書店に駆けつけました。
しかし値段を見てビクーリ!税込みで2940円って高いわ・・・。
やっぱ白夜書房の出す今井本は一度売り切れるとなかなか手に入りにくくなるほど売れるので足元見てきてるね。

中身をパラパラと確認してみると各コースごとの主な種牡馬のデータがぎっしりと記載されていますがそれはSS、BT、DID、バクシンオー、フジキセキあたりの5〜10頭ぐらい、ダートでも大体アフリート、フォーティーナイナー、BT、SSといった代表的なものばかり。あとは10頭ぐらいが簡略的なデータで記載されていました。
各競馬場のコース形態のページはハロンごとに分割された図説がありあれは助かります。
どうしてもデータがページの多くを占めており僕みたいに、能書きタラタラの文章説明のほうが好きなタイプにはアレぐらいの文量では値段に見合わないのでは?と思ってしまいます。あと今井さんのデータはいつも単勝回収率と複勝回収率を重視していますがその数字は不定期的要素が含まれておりアテにしづらいと思うからです。

一番買うのをためらってしまった理由は、長いことMの法則をメインに予想してきましたがラップに嵌って以来1年少々でようやくラップ分析、想定によるレースの見立てがスムーズに出来るようになってきて結果もついてくるようになりました。勿論僕はMらーのつもりですしMを卒業するつもりもありませんが予想においてMで考えることが減ってきているのは確かです(MらーはM一辺倒で考える人が多く僕もかつてはそんな感じがありましたが)。今井さんの記事も今は殆ど見ることがないので最近ではどんな理論が展開されているのかも気になりましたし、今一度Mを見つめなおすことも大事だと思い絶対に発売日には買いにいこうと思っていたのでしたが、ザッと見た印象でのデータブック的要素の強さに嫌悪感を抱いてしまって、これを使うことによって今の自分の予想スタイルを崩してしまうのではないかという不安を抱いてしまったのが大きいです。
例えば「東京マイルはダンチヒ系」みたいな組み合わせ設定は沢山持っていたら役立つことも多いと思いますが、あくまでも血統中心で予想する人か
多角的に分析するのが上手な人(引き出しが多く、その出し入れが上手い人)でないとモノにはしにくいと思います。自分の失敗経験からですがw
たまに使ってそれが嵌っていい結果を呼ぶこともあるでしょうが長い目で見たら僕的にはリスクが大きいと感じました。(ここまでを書店にて本を手にとって考えた所要時間0.2秒 by東大物語w)

結局買ったのですが(爆)今調子がいいからといっても絶対に今だけだと思うし、ここで立ち止まってしまうより購入した方が何か得れるのではと思ったからです。前回の種牡馬辞典みたいに使いやすいといいのですがね。
今目を通しても眠くなるだけなので、これから徐々に目を通していきますよ。購入される方は多いとは思いますが、よろしければ感想とか意見的なこととか聞いてみたいです。


posted by ふうりん at 23:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月18日

オフ会馬券回顧・続編

ヴィクトリアマイルの見解は今更書いても仕方が無いので割愛しますが、ラインクラフトが切れたのと大穴っぽいのも全然見つけられなかったので意外と人気サイドから絞れました。
アテ君は何とケン!この男どうしても僕だけが外すのを見て笑いたいようだ。
GTの日に競馬場にきてGTをケンなんて普通有り得ません。
因みに印的には◎エアメサイア○ヤマニンアラバスタ▲デラデラ△ダンムー、チアフルスマイルってとこでしょうか?海老目さんは◎ダンムーからだそうで。
直線ダンムーが抜け出して勝利が揺るぎないものに。この瞬間外から豊エアが着ているにもかかわらず僕は落胆のため息、海老目さんは興奮気味。
しかし冷静になって馬券を見てみると
ヴィク.bmp
ヴィクトリアマイル結果
1着(1) ダンスインザムード 2番人気
2着(18) エアメサイア    3番人気 
3着(13) ディアデラノビア  4番人気

って当たってるやん!これとほぼ同じ並びでディアの頭なしの三連単Fも買っていたので実はこれは押さえ馬券。1着が△評価だったので完全に外した気になっていましたw。多点買いのように見えて実はこれでも7点に絞れています。今年に入ってからこの三連複Fをよく利用しますが人気薄軸でも人気サイドと2頭軸にしたりすると結構取りこぼしを防いでくれたりします。
何度説明してもアテ君はわからないみたいですがw
そして◎が見事に1着の海老目さんは・・・・!?
何とエアメサイアは×印のヒモ評価をしたものの三連複は相手違い、馬連は何故か抜けwまた熱いカスリを見せていただきました(爆)
当然最終Rもやって帰る。京都は人気どころでは京都で走るのがイメージし難い(3)ビッグファルコンが要らないと僕が断言。隣で納得するアテ君。
僕は(11)クンダリーニから。購入から戻ってきたアテ君が僕に見せたのは
「アンタの逆をいったるわ!」と何とビッグファルコンからのワントップ三連単F。この男どうしても僕を負かしたいようだ。
結果(3)ビッグファルコンは2着。売られた喧嘩には負けましたが楽しい結果に大満足w相手に1番人気と5番人気を連れて来てしっかり万馬券になっていますよ。

東京最終は僕はケン。見解では僕が(9)セトノシェーバー、アテ君が(1)プリンセスコウベと人気でも仕方がないと。意見が一致したのは(15)タマモガルチは中竹厩舎だから要らない。                          結果1着(1)プリンセスコウベ、2着(15)タマモガルチ
クソ厩舎の馬が来やがった!
まあケンで大正解だったか。こうして全レース無事終了。

久しぶりの現地馬券でしたがショボくてもメイン、しかもGTを当てて帰れるのはかなり気分がいい。年に1〜3回くらいしか来れない現地だが、PATと違っていざ投票結果を見て買いなおし出来ない&高揚感からついつい色々と手を広げてしまいがちで、結果ボウズで帰ることがかなり多いのですが、今日は他人の目も気にして無様な買い散らかしをしなかったのでマイナスでしたがその点はよかったです。

キャンセルが出ましたが僕もオフ会はドタキャン前科があるので、残念でしたが仕方がないと思います。
結果としてご一緒したお二人は年齢も近く、共にパパさんなので僕の子供に
は凄くやさしく気さくに接していただいて親子共々大変楽しい時間を過ごすことが出来ました。今思い出してもあんなに楽しかったのはお二人のお気遣いがあってのことと感謝して止みません。
馬券は3人とも惨敗でしたがそれぞれのスタイルが垣間見えて、それはそれでいいネタになったのではないでしょうか?(←しすぎや!)
また皆でお会いしたいですね、まだお会いしたことの無い方や絡みの少ない人、家族連れ、彼女連れ、更には彼女の友達連れなんかも大歓迎です(って合コンやん!)。

帰りに気が付いたことですが、ショボイ配当でも二つ当てたのに何故か思っている以上に財布の中が寒い。何でやろ・・・・・・・・・って
払い戻し忘れている!
ウン千円でも僕には大金やよ、これでまた来週もビンボー日記確定かな(泣)

あと下のエントリの馬場表ですが携帯からはしっかりと画像が見れなくて全く使えませんでした(爆)
posted by ふうりん at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

オフ会馬券回顧

いや〜楽しかったです。アテーさん海老目さん(Evil eyeさん)ありがとうございました!
オフ会レポをうpしようと思いましたが書き出すと事細かに書かないと気のすまない性分なのと、黄板や青板でお二人ともいろいろと書いてくださったので出来るだけ内容の重複を避けて自分の馬券回顧を中心に振り返ってみます。

嫁と末っ子(もうすぐ2歳)を京都高島屋にて降ろして、全く言うことを聞かない上2人の子供をつれて競馬場着。
暫く食事をしたり、公園で遊んだり、ポニーを追いかけたりして海老目さんとご対面できたのは8R発走前。電話したときに物腰の柔らかそうな喋りで安心したがいざお会いすると、とてもやさしそうで好感度大。

色々とお話しているうちに8Rが発走。買うの忘れてた(爆)
途中まで予想していたのは◎(13)キタサンラブソンブで穴で気になったのが
(5)トーセンマエストロ。新聞にはこの2頭にだけチェックを入れていた(海老目さんが証人w)。結果トーセンマエスト2着(13番人気)、かなりデビルを予感させる序盤の出来事。「どーせキタサンラブソング(殿負け)軸にしていたと思うから買っても外していましたよ」と強がってみたものの払い戻しにて「複勝770円」には愕然。勿体無いとはアフターフェスティバル。馬連が万馬券でなかったのが救いと自分に言い聞かせる。

9R前にアテ君と合流。これで会うのは3度目だが、何でスーツやねん!?とツコーミたくなるのは後回しにして早速レース討論。
僕が推すのは京都芝・外・7Fは馬鹿の一つ覚えでミスプロを買えばいいが定石でこのレース唯一のミスプロ(1)トシザサンサンとクロフネの短縮(4)プレザウインド。この2頭と軸に三連単、三連複をそれぞれフォーメーションで絞って、切りにくい人気2頭を引っ掛けに。結果2着馬抜けで外れ。勝負は次の東京9R八ヶ岳特別や!とこのレースはケンしたアテ君が高笑い。

続いてその東京9R八ヶ岳特別、(3)コンドルクエストと(15)マヤノグレイシーの2頭で鉄と断言するアテ君。余程自身があったのか?何故か馬券は三連単Fで慣れないマークシシートを塗り終わったところで締め切りのベル(爆笑)
結果1着(15)マヤノグレイシー2着(3)コンドルクエストまではよかったが3着(4)ビッグタイガーで抜け。僕があれだけJr.さんの本命やから押さえとけと言ったのを聞かなかった罰やw払い戻し三連単が52250円の高配当。しきりに「惜しかった」と悔しがるアテ君やけど、3着抜けなので惜しくもなんともないとピシャリ!って言うかむしろ買い損ねたことを喜べよ!と前レースで笑われた仕返しを今度はケンした僕がチクチクと。でもこの人帰りの別れ際まで何故か悔やんでいましたよ(謎)

京都10R下鴨S、前日ヴィクトリアマイル以外は時間がなくてほとんど予想出来なかった僕は、とりあえず今日は見れているアテ君のイチオシ(8)ピカレスクコートが今日参加予定も急用で来れなくなった、ごどりんさんの本命と被っているとあって三連単、三連複の軸に決定。海老目さんがパドックに行っていたので暫し密談。「海老目さんが帰ってきたら何がよかったか聞こう」「うん、海老目さんはいつも熱いカスリをかましているから3着かワイド狙いやねw」(どちらの発言かは
想像におまかせします、でもゴメンナサイ>海老目さん)
戻ってこられた海老目さんによく見えたのが(12)トウカイラブと聞き僕はフォーメーション3着に塗りこむw
結果:1着(1)マヤノライジン、2着(3)ホッコーソレソレ3着、(12)トウカイラブ穴をあけたホッコーソレソレは「キングヘイローって短縮はいいみたいやけど延長ってどうやった?」、「この馬は基本的に距離変更ショックが利くから悪くないのとちゃいますか?」と会話しているのに誰も買っていない(爆)
肝心の海老目さんは痛恨の1着ー3着で熱いカスリ。いや〜生で定番を拝めるとはありがたや、ありがたや〜って僕の馬券は海老目さんに乗ったトウカイラブしか絡んでいませんが何か?

買うつもりのなかった東京10R丹沢S、アテ君が(3)マイクラリネットが逃げたら勝てるとあまりにもウルサイのでどうしても逆を行きたくなるw急遽時間間際に携帯から外枠の(8)(9)(10)の馬連BOXを購入。1番人気の(1)スズジャパンは
東スポ館林の◎が気に入らなくて全員消しw
レースは発走後3番手につけたマイクラリネットがそれ以上行けずにコーナーを回るごとに後方へ後方へとw
結果:1着(1)スズジャパン、2着(8)タヤスターゲット・・・11着(ビリ)(3)マイクラリネットタヤスターゲットそんなに人気なかったのか・・・と嘆きたいところだったが、
馬券代以上にアテ君の嘆きで楽しませてもらったのでヨシ!とする。

京都メイン栗東S、僕は休み明けも好仕上がりっぽい(12)サンライズキングがこの人気ならと。しかし馬柱隣の(13)ステンカラージンが何でこんなに人気が無いのか不思議で仕方がなかった(大スポ馬柱は△一つだけ)ので何で?何で?とお二人に聞く。アテ君の「ナスルーラやからとちゃいますか」との意味不明発言を軽くスルーしてw秘密馬券を追加。
結果1着(2)サクラビジャエイ、2着(13)ステンカラージン、3着(9)エーピーフラッシュ 
やっぱりステンカラージンきたわ。と意気高らかに事前に見せ合った馬券以外の後出し炸裂w
sutenn.bmp
払い戻し:複勝320円(爆)1000円チョイ切るくらいやと思っていたが、これじゃ連の馬券分差し引いたら発走前に子供に買ったソフトクリーム代すらペイできへんよ。また大スポに騙された!しかも後で知ったが1着のサクラはごどりんさんの本命やん。2頭軸マルチで三連単120万馬券かぁ・・とどこまでもあつかましくあるのがビンボー馬券師の真骨頂。

そして遂に東京メイン第一回ヴィクトリアマイルを迎えることになる(疲れたけど多分、続き書きます)
posted by ふうりん at 22:13| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

一年越しの愚痴

「最近やっと心の整理がついたから」と書けば大袈裟すぎるのは自分でもわかっていますが、昨年の歓喜と今年の彼のいない淋しさが背中を押してくれたので沈黙を破り(これもかなり大袈裟)書いてみたいと思います。

昨年、一昨年と大波乱に終わった天皇賞・春ですが勝ち馬の称賛よりスローペースがもたらした結果を非難する声の方が個人的には多く感じてしまった。実際の程は
わからないが(多分、僕自身がそういった声が気に入らなかったのでそう感じてしまったのだろうが)色んな記事や、ネットでの書き込みにて特に多く目に付いたのが

@GTは強い馬同士が力をぶつけ合うレースであるべきだ
A毎年このようなレースになるのなら止めてしまったほうがいい
B春天はクソGTに成り下がってしまった

僕は個人個人の価値観を否定するのはあまり好きではないので真っ向から反論しても仕方が無いと思っているけど、でも書く(爆)

@は要は強いと思っていなかった馬が勝ったのが悔しいのでしょ?『強いから勝ったのや』とか言うつもりはないけどこういった人の理想は3強対決で3強が1,2,3着なのでしょうか?スポーツライクに見てそういった理想はいいと思うけど
あまりにも批判めいた書き方すると、競馬がギャンブルでもあること自体を否定しかねないと思いますよ。僕の好みはスローペースであれハイペースであれ荒れた方が好きなのですが(勿論応援馬の着順とは別問題で)。

Aはハッキリ言って貴方が馬券を買わなければいいと思います。売り言葉に買い言葉ですがね。
まあ毎年言われているのが「世界がスピート競馬云々」でこの距離のことですね
。ヒシミラクルのおかげで伝統のこのレースの存在意義も少しは見直されたのかな?とも思っていましたが、結局スローペース症候群にて馬券的には荒れて面白いと思いましたが結局また非難対象になってしまったのか?と。でも馬券当てた人とかそれなりの見立てが出来ていた人なら絶対にこんなこと言いませんよね。
昨年三連単大万馬券を的中されたdream1002さんなんか後で知ったのですが、その的中のことをコメント欄にて荒らす心無い連中がいたようですが神経を疑います。しかし近年のこのレースは@〜Bのようなことと結びつけて腹を立てる人間を増やしてしまう妙な力があるのでしょうかね?
イングランディーレが勝った年は、楽に逃がした番手の小牧と岩田がA級千犯と言う声も暫し聞いた。そしてレース後「あれだけスローだと・・・」と各陣営が言い訳の嵐の中で「恥ずかしい騎乗をしてしまった」と自責したのは岩田騎手だけでした。デルタブルースでその反省を活かして早めで押し切り菊花賞制覇、その点を踏まえて馬券を的中した人もいるでしょう。どちらも素晴らしいと思うし競馬ってホントに面白いと思う。
馬券外した腹いせだと思われても仕方がない。

B、挙句の果てに勝ち馬が次走宝塚記念を回避したのを生意気だとまで言う人もいたようです。気持ち的にはAと同じ感情なのでしょうがここまで言わせるのは何なのでしょう?学習しないで負けるのは勝手でしょうが・・・今年もクソGTであることを忘れてその人達がまた買ってしまわなければいいですがね。

身に溜まった垢を落とすがの如く思ったことをタラタラと書いてしまったが、去年は自分的には最高の結果でした
(馬券は連には届かなくてかなり熱かったですがw)。いろんな方から、おめシャワーの書き込みやメール、電話をいただきました。自分はただ応援していただけですがとても幸せな気分でした。
大阪杯で競争能力喪失と残念なことになりましたが最悪の事態は避けることが出来たのは幸いです。そしてずっと気にしていましたが種牡馬入り出来てよかったです。
ありがとうスズカマンボ。前にも書いたけどずっとファンでいます。あなたがいたから競馬が余計に楽しかった。いつになるか分からないけど牧場に会いに行きたいと思います。
posted by ふうりん at 01:11| Comment(0) | TrackBack(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月22日

馬カルトクイズ

taga.jpgさて、この馬は何でしょう?
携帯のカメラで上手く撮れなかったのでご了承を。5分考えて分からなかったら諦めてください。
正解者には競馬場にて焼き鳥とビールでもご馳走しましょうか。
明らかなネタなし暇つぶし企画w

しかし今日のローフティエイムの7番人気はないよなぁ。悪くても4番人気くらいで8倍くらいやと思ったのに・・・。馬体減りとストレス不安、そして何より僕が参考にしている逆ネ申さんが金曜20時51分28秒頃に◎でうpしていましたので人気なら蹴った方が得策かなと思い、同じ時計の掛かる馬場得意のスルーレートを200円。入金しなかったので明日は200円勝負です、なんとか来週につながる結果を残したいです。大生さん語録少々パクリでw
posted by ふうりん at 22:04| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。