2014年03月08日

王道炸裂

ふうりんファンの皆様、ご無沙汰しておりますw
大生さんトコのコメント欄にも書きましたので知っている人もいるかもしれませんが、

フェブラリーSを的中しました!!

feb1.jpg
2月23日 第31回フェブラリーステークス(GT)
1着 Lコパノリッキー 16番人気 単勝27210円 複勝3310円 的中!!


feb2.jpg
馬連84380円 的中

feb32.jpg
三連複55360円的中

スゴイでしょ!?
稀にこんなこともあります。トリプル万馬券ですがやっぱりうれしいのは単勝ですね。
頭までは強く推せなかったのですが念のためです。何か個人的にですが単勝って300円で買ったときはよく当たるイメージなのでおまじない的なのも込めて。
じゃあ毎回300円で買えよ!って聞こえてきそうですが、ああそうですねwと流しておきます。

すみませんね。いつも後出しやし、2週近く経ってるし。
予想はホント稀に青板で書きますが、なかなか書き込むまでに至らないのですゴメンなさい。
これも自分流ですわ。
複勝2000円ってのも稀ですが保険ですね。
あくまでも自分は100円馬券が王道。

コパノリッキーは買い材料が多く最下位人気が不思議でしたが、今更書く必要はないですね。
多分ここを見てくれている人ならわかると思うし。

ただ痛いことにその日は、子どものバレエの発表があって仕事を早く上がらせてもらって、会場に向かう嫁と一緒の車中での観戦・・・叫ぶのを止められるわけもなくバレバレですorz
posted by ふうりん at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月02日

肩の力が抜けると好転するのか?

ご無沙汰しております。更新が途絶えて一年以上ですか。自分でもこのブログの存在を忘れかけていましたが、そんな僕なんかよりも忘れていない人がいれば幸せなふうりんです。

一応近況報告しておきますか。ネットは最近はfacebookばかりなんです。転職して時間のゆとりがもてるようになり、ずっと付き合いの途絶えていた方々と再び繋がることができ懐かしくも確実に前に進めるそんな日々に少しはなりかけているのやないかと。

SB界にも復帰しまして先日はアマチュア大会のジャッジをしてきました。まあ相変わらずビンボーなんで、スポーツジムでインストラクターのバイトなんかもしているのですが、新しい格闘技関係の交友も増え自分もトレーニングに結構嵌まっています。

あとまだ軌道に乗っていないので書けませんが、競馬と同じくらい面白いものに出会えました。
いずれ報告してこのこともブログに綴っていければと思っています。
先にPOGネタくらい更新しろ!と自分に言い聞かせてますが今期もダメそうなんでw

かつてかなりの競馬本を読み漁り競馬のことばかり考えていた時期がありましたが、今そんな感じです。
そんなわけで競馬の方はいい意味で肩の力が抜けて楽しめています。

9月29日 スプリンターズS
Dマヤノジュウジン 15番人気3着  三連複・3連単・複勝・ワイド的中!

s1.jpg

s2.jpg

s3.jpg

どうですか?この頑なにマヤノリュウジン絡みしか買わないこの馬券。
自慢ついでにもういっちょ。

9月22日 オールカマー
Kヴェルデグリーン  9番人気1着
o.jpg

まあこれくらいです載せれるのは(爆)
多分次にまともな的中があるまで更新はしないと思います。

Facebookは競馬ネタは殆どないですが、ちゃんと友達申請していただければ僕の素顔付きで、しょーもないことが見れますよ。
公開は友達と、友達の友達までですので検索して見つけられないと思います。
ただ結構有名な方と繋がっていますので、いろんなキーワードで探してみれば見つけられるかもですね。
そんなヒマな人いないと思いますがw





posted by ふうりん at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月09日

輝いている女性

また更新が開いてしまいました。なかなか気持ちがピリッとしなくてすみません。

テレビでは一日中オリンピックで盛り上がっていますが、僕も今回はどの競技も日本人選手は出るものは時間の許す限りテレビにかじりついています。

「自分も何かスポーツをちゃんとやっておけばよかったな」と思っている人も沢山おられると思いますが、やっぱスポーツっていいですよね。
僕は空手、シュートに打ち込んできたので特にスポーツってやつには憧れるんですよ。別に格闘技や武道とどちらがどうだ?とか言いたいわけではなくね。

もう結構長いこと息子にサッカーをやらしていますが、やらされている感がありありで今は辞めるタイミングを計っている状態。別に他にやりたいことがあればサッカーでなくてもいいのですが、それも特にないから何とか続けている(何も運動しなかったら塾にいれるからなと脅しているので、どうやらそれよりはマシらしい)。スポーツの祭典だけにブラウン管を通じて何か3人の子供たちの心を揺さぶってほしいものだ。当然、親として色んな可能性を見ようと何かと薦めてはきたのだが、国を背負って競技する世界最高峰の選手達の姿から幼い心にもきっと感じるものがあるのではないかと。でもDVDやゲームや漫画以上の興味はないみたいだ。

明け方には、なでしこの決勝戦がある夜勤が休みで助かったw
どれも熱いけど特に気持ちが入ってしまうのが女子レスリングの浜口京子選手。今テレビを見ていて1回戦敗退が決まってしまったけど今日も凄くいい顔していた。とても素敵な女性だと思う。父親の浜さんは僕が小学生のころから好きだったプロレスラー。長州と組んでいた頃はあんまり好きやなかったけど(維新軍自体が僕は好きじゃなかったので)何か凄く優しさを感じる。浜さんの娘だから応援していた部分は確かにあるけど、今は逆に京子ちゃんの父親だから浜さんが好きって部分が大きいのかもしれない。

そんな強さと優しさが同居した人間に誰もがなりたいと思うだろうけど、誰にそれを感じるかは人それぞれ。
彼女は僕に特にそれを感じさせてくれる人間の一人だ。多分引退だろうけどまたいい顔を見せてもらいたいものです。そうそう卓球の平野早矢香さんもいい顔している(試合中は怖いけどw)。

レスリングは最初はわかりにくかったけど、慣れてくると結構見応えがありますね(フリー限定、グレコはさっぱりw)。


posted by ふうりん at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月08日

夜空を見上げることは絶対に忘れない

もうエライおっさんですがw子供の頃から七夕の夜は天の川が見れるか確かめます。
毎年雨の影響で星がキレイだった記憶は殆ど無いですが。
子供たちも今年も残念そうですが、同じことを感じ天気を気にしてくれているだけで幸せを感じます。

7連勤を経て明日はやっと休みです。前の仕事ではは殆ど休みが無かったので7連勤ぐらいどおってこと無いと思っていましたが流石に肉体労働ですね。重いものを次から次に運ぶので、筋肉と指の疲労がMAXですね。職場は楽しいですが指は軽い腱鞘炎気味で時間が掛かりそうです。筋肉は超回復を待たない負荷が掛けられていくのでここらでしっかりと休めておきたいところ。

若い子が「漫画とかよく読まはります?」って今日聞いてきたのでいろいろ盛り上がったのだが、
最近で一好きなマンガはバクマンと言ったのですが、今日たまたま書店に行ったらもう最新刊が出ていて驚いた。ジャンプで連載が終了していたことは聞いていたし前巻の発売も早かったけどここまで一気に畳み掛けてきたのか。
サブキャラが立っていたのでまだまだ引っ張れたとは思うし勿体無い感もありますがまあいい終わり方だったんやないでしょうか。最新刊が出たらすぐに買うマンガってこれくらいでしたね。

DCIM0190.JPG

さてたまには競馬の話も。明日は一日遅れですが七夕賞。七夕賞の思い出といえば、サクラエイコウオーの復活勝利です。明日はプロキオンSもありますが、これも思い出すのがナムラコクオーの復活V。競馬を見始めてまだそれ程のキャリアでは無い頃に現れたナリタブライアンは僕の中で永遠のヒーローホースであり、その当時のライバル?同年代ホースもみんな大好きでした。
メルシーステージ、フジノマッケンオー、アイネスサウザー、エアダブリン、ノーザンポラリス。
だから明日の2重賞のキーワードは復活ですよ、と馬柱を見ても何にもピンときませんw
書いていて懐かしくなり引っ張り出してきました。


DCIM0191.JPG何度も嫁に処分されそうになりながらもここまで持ちこたえましたw逃げ馬だっただけにこのまま逃げ切ろうw





posted by ふうりん at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月06日

shakeと会えて

たった今名古屋から帰宅しました。
もう日付が変わってしまいましたが今日(5日)名古屋のell.SIZEっていうライブハウスに
木暮”shake"武彦のライヴを見に行ってきました(以下シャケで、敬称略ですが最高にリスペクトしていますので)。

DCIM0187.JPG

以前何度か自分の大好きなバンドがレッド・ウォーリアーズだと書きましたが、そのギターリストです。
レッズだ好きだった人の殆どの人がそうだと思いますが、ユカイのヴォーカルとシャケのギターが好きで好きで堪らないんです。

またシャケのことは書きたいと思いますがここでは簡単に、現在のシャケは「人はもっと自然と通じ合うべき」と富士山麓で家族3人で生活されています。ロックやサイケのイメージが強い人が多いでしょうが、アコースティックギターでイジーリスニング的な作品を展開されています。

僕自身サイコデリシャスあたりで追いかけるのを挫折してしてしまった感があり、そのことを知ったのも最近です。インスト中心の音楽でどんなのだろうか?離れていた自分がいきなりライヴに行ってついていけるのか?って考えもしましたがシャケのブログや新聞の連載を読むにつれてどうしても行きたくなり3日前に前売りを押さえました。


ell.SIZEはこじんまりしていますがどこからでもよく見えるいいハコでした。開場きっかりに着くと最前列ど真ん中の席が取れました。

DCIM0185.JPG

まず出てきたのはジェシーって人の前座(失礼)。僕は知らないけど会場には知っている人たちも多いみたいで最近はユカイと一緒にそうで、ユカイ繋がりでここに来ましたとのこと、皆さんもそうでしょ?ひょっとしてここはダイヤモンド被害者の会ですか?と抜群の掴み。キレのあるギターと力強い歌声で小一時間程盛り上げてくれて去っていきました。

そしてついにシャケの登場。ど真ん中の僕の一直線上、2mも離れていない位置でした。マジで手を伸ばせば届きそうな場所にいる憧れの人がカッコ良すぎて最初脳内パニックでした。
アコースティックギターでインストの演奏。それで十分っていうかそれをやるシャケをシャケのギターを体感するためにここに来たのだから。
すると1曲目が終わってMCで、「今日はロックはあんまりやらないけど」とシャケ。ってことは少しはやるのか?と思うや否や「後でジェシーとセッションするから」とのこと。それは楽しみだ。

そしてシャケのアコギとKeyのミックさんとのコラボ(2人だけ)にて幻想的な世界が繰り広げられていく。初めて体験するこのスタイルのライヴで音楽のことをどうだこうだとは語れないけど、目の前でギターを弾くシャケがいるだけで至福の時間でした。

インストを終了して再びステージに現れたシャケ、ここからロックをやるのだろう。
そして「歌いますか」と言ってアコギを弾き始めると聞き覚えのあるメロディー。
まさか?と思っていましたがルシアンヒルの上ででした。自分がレッズを好きになったキッカケがこの歌で、それをシャケが歌うなんて感激しすぎたのか涙が出てきてしばらく止まりませんでした。
ガチで泣いてしまったので多分目の前のシャケは引いていたかもしれませんwでも止められなかった。

ジェシーさんとアコギの競演とミックさんのキーボードだけで、しっかりロックしていたのがすごい。ストーンズの曲をやってジェシーさんが歌って、MCでは3人ともユカイのネタで笑わしてくれて、アンコールではそのユカイのために書いた曲といって、何かな?と思っていたら何とカジノドライヴをシャケが歌う。

曲が終わり興奮さめやまぬ中、僕の中での大事件が。
この3人で演るのはそうないから写真を撮っておこうと「そこのキミ」と言って僕にデジカメを差し出してきた。テンパってしまってちゃんと取れているのかわからなく撮り直しをしてシャケに確認してもらう有様でした。周りからは「がんばれ!」とか撮り終わった後に「ありがとう!」とか声が飛んで暖かったですが、明らかにオタオタしている自分が恥ずかしかった。

ラストナンバーはこれまた驚きのバラとワイン (WINE&ROSES)をシャケが歌ってくれた。全く期待していなかったことなのに嬉しすぎるプレゼント。長丁場で時間は遅くなっていたけどあっという間に終了してしまいまったように感じました。

終了後すぐにグッズ売り場にシャケが表れて購入するファン一人一人とコミニュケーションしていたので、僕も参加。

写真手間取っちゃってすみませんでした。と言うと「いやありがとうね」とスマイル。
いつも拝見しているブログの素晴らしい写真はそのデジカメでの撮影だそうだ(聞いちゃった)。
春に家族で静岡県の裾野市に旅行に行って凄くいいところだから引っ越したくなりましたと伝えたら、
仕事は何しているの?と聞かれてこの春に失業して無職です。とありのままを伝えた。逆に思い切って何かを始めたらいいんじゃないの?とシャケ。
その通りです。ユカイじゃないけど「くたばりやしねーぜ」と心の中でいつも叫んでいろんなことを目論んでいますが背中を軽く押していただいた気がします。

いつか滋賀県にも来てください。と言ったら「この間、琵琶湖のそばを通ったよ」とのこと。僕が知らなくて行けなかった6月の京都ライブのときか?
滋賀県も自然が多いですし、いいハコもいっぱいありますので是非ライヴをやってくださいとお願いした。
そういう情報を教えてよとシャケ。マジでこんな僕の言うことに向き合ってくださるのか?じゃあまた(ブログのコメントとかに)書き込みします!と僕。
握手してもらってお別れ。最後にシャケが言ったサンキューはロックンローラーのそれでした。


DCIM0188.JPG



posted by ふうりん at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月01日

読めない展開と膨らむ期待

やっと録画していた新日が見れました。
IWGP選手権試合、オカダVS棚橋ですね。
試合内容も興奮しましたし、会場の盛り上がりもハンパない。府立体育館かぁ、行きたかったな。
けど自分的に驚いたのは棚橋の王座返り咲きの結果。まだまだオカダカズチカの長期政権路線で行くものだと思っていたのでこれはビックリ。内藤の20代王者の悲願を打ち砕き、後藤に真のトップを与えなかった時点で当面は揺ぎ無いわと。
防衛を重ね棚橋の記録V11に並び新記録を棚橋が阻止する、長い構想でもいけるくらいの逸材ですよ彼は。
王座転落した際には、外道らケイオスに見切りを付けられボコられてベビー転向なんかしたらもっと人気爆発させれるんやないかと思ってましたがどうなるでしょう?

しかし新日面白いですわ。毎週録画をするようになって1年近くになりますが団体のクオリティーの高さが伝わってきます。ずっとプロレスから離れていたというか、プロレスに対して淡白になっていた自分ですが完全にプロレスを楽しめる自分を取り戻せた感が有ります(新日くらいしか見ていませんが)。
そういったことはまた語っていきたいと思いますが、何でプロレスに対して完全に見切りをつけなかったのか?それはいつか彼が立派なプロレスラーになって魅せてくれると信じて止まないからです。
ワイドショーでデビューは知ったのですが、その佇まい、目の輝きを見たら彼が立派なメインイベンターになるのまでは絶対にプロレスには見切りをつけないと自分に約束。その後の彼の試合は見ていません(ニュースはよく見かけますが)が大丈夫でしょう。プロレス界の大きな愛に守られているのがわかりますし、それに応えてくれるはずですから。

近い将来その棚橋やオカダらともいい試合を見せてくれるんじゃないでしょうか。
入場とリングインした姿でこれだけ興奮させてくれるレスラーは僕はなかなかいないと思います。
頑張れ破壊王子・橋本大地。



posted by ふうりん at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月21日

幼き日の思い出と憧れの人と

井岡VS八重樫の統一選見ました?
凄くくいい試合でしたね。よかったとか、凄かったとかそういったシンプルな言葉以外は、いくらマイブログでも僕が語っても仕方がない。って言うかボクシングの専門的なことはあんまりわからないので。

でもボクシング繋がりでいつか書いておきたいと思ったことをこの機会に書いておきます。

確か実家を建て替える前の記憶(記憶の映像がボロい家なのでw)なので多分僕が小学校2〜3年生の頃かな?
おじいちゃんの膝に座り、親父と3人でボクシングの試合を見ていた。プロレスに興味を持ち始めたの小学3年だとハッキリと覚えているけど多分これが生まれて初めて見たボクシングに試合だったと思う。同じ四角いリングだから見ておこう的な感覚だったから多分3年生なのかな?(でもwikiで調べたのと一致しない)

試合をしていたのは村田英次郎選手。滋賀県出身だと教えられて、その頃から郷土愛が強かった僕はそれだけで誇らしげになり、見ていても何がどうだかわからない試合を必死に見た。結果はドローで挑戦者だった村田選手が王者になれなかったのを覚えている。引き分けイコール王座防衛ということもこのとき覚えたことです(プロレスよりも先)。

その時から僕の中ではボクサーですぐ名前が出てくる人といえば村田英次郎なのです。その時しか知らないけど村田英次郎。でも誰かとボクシングの会話をしても誰も村田さんのことを知らなかった。

時は流れて、ある年の年末。その年僕はシュートボクシング(以下SB)のアマチュア大会で優勝を果たしプロデビュー戦がいつ組まれるか?って感じの頃です。
その日は僕が所属していたジムの納会の日でした。昼間はみんなで大掃除をして餅つきをして夜はそのままジムで宴会です。鍋が二つ用意されていて一つはアマチュアの人達、もう一つはプロ選手と関係者及び来客のエライさん達。まだプロデビューをしていない僕は当然アマチュアの皆と鍋を囲もうとしていると、吉鷹さん(古くからの格闘技ファンなら誰でも知っているSBの雄、僕がSBをやろうと決心したのはこの人の試合をみたから。)が「○○、お前はこっちに座れ」と言って隣に呼んでもらえた。舞い上がりそうなくらい嬉しさと緊張で一杯でした。会長と来客のエライさんたちの前に置かれている寿司を何度も「マグロとウニや」と言って取らされるパシリみたいな扱いも受けましたがwそれでも嬉しくてパシラされていたことですら今でも自慢したいくらいです。

Sさんという、中学〜小学生のお子さん3人をジムに連れてきている人がいて、その人はかつて自分で道場も立ち上げていたくらいでそのお子さんたちのキックやパンチのフォームの美しさといったら自分が恥ずかしいくらいでした。他の人に指導とかはしていいなかったけど僕がアドバイスを求めるといつもやさしく教えていただきました。この方もとても尊敬していました。

そのSさんと吉鷹さんが雑談をしているのを隣でじっと聞いていたのですが、その会話に村田英次郎の名前が
出てきたので驚きました。お二人は村田選手のことをベタ褒めしていて、僕が必死に「知っています!!」と割って入ったら「村田さんはなあ、これまでの日本人ボクサーでは一番技術があった選手なんやぞ」的な(確実に覚えていませんが)ことを言われました。

自分の最も尊敬する格闘家が隣で自分の記憶を開いてくれて、よく覚えていない実像を絶賛してくれた
。なんて幸せなことだろう。生まれて初めて知ったボクサーを何年も経って初めて語れる人に会えた嬉しさも相まって凄く感動したのを思い出します。

今は動画で当時の試合が見れたり、戦績やプロフなんかも簡単に調べられます。便利なもんですね。
ボクシング好きの人は是非調べてみてくださいね。







posted by ふうりん at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月19日

存在

ヤヴァい、ヤヴァい・・・
復帰宣言しておいて、明日で1週間放置です。
ここらでビシッと更新しておきたいのですが「特にありません」とオカダカズチカ風に(知ってる?)言って
、それだけでネタになるのならどんなに楽か。

まあ、何でもいいので近況から。

元気に毎日バイトに行ってますよ。結構肉体労働で面接のときも何度も念を押されましたがどうやら20代のときに死ぬほど鍛えた貯金がまだあるようです。
動けていること、息が上がらないことに関心されているようです。
オバヤン連中の当たりはキツいですがどおってことないですね。
ジャッキには結構弄ばれていましたが
DCIM0167.JPG(コイツ、なかなか思うように動いてくれない。奥に見えるのがお中元で発送するビールのホンの一部。)

今は何とか使いこなせます。
単調なようで僕には斬新な作業でまだ新鮮さも手伝って楽しいですね。

そうそう大事なこと、

先日、ブログ復帰したついでにアクセス解析のページを見てみたのですが驚きました。

一日2~3件くらいあればええ方やろと、ボウズ(0件)の日もあると思ってたのですが結果は毎日最低でも20人以上の来訪者がありアクセス数は100を僅かに切る日が一回あっただけで毎日120くらいアクセスがありました。復帰の日よりざっと1週前分を見てみたのですがそれ以上は怖くて見れませんでした。1年近く何にもしてないのになんでしょう?これは。
多分特定の人が一日に何度も来てくれるのでしょうね。

嬉しいですけど何かウイですわ。ホンマすんません。

競馬に対しては全然醒めてはいませんが競馬ネタは減ると思います。だからすんません。

ほんましょーもないことを気が向いたときに書けたらええなと思っていますので、ここでお願い

月イチぐらいで見に来てください

これ言うために今日は更新したようなものですw



posted by ふうりん at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月13日

太陽の破片

ご無沙汰です。いつでもご無沙汰ですねw

自分でも何でこのブログを消さないのか不思議です。

今日また一つ歳を重ねたのでまあ節目に復活です。

実はこの春これまでの仕事を退職しました。

書き出したらキリがないことだらけなので、今は前を向いていると言っておきます。

色んな可能性を信じられる自信らしきものも少しは身につけたのかな。

明日からはバイトに出ます。

時間があればくだらないことをいっぱい書きたいけどその自信だけはありませんw



posted by ふうりん at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月29日

野球

ご無沙汰しております。

最近やっと元気が出てきました。

震災のこと、それからの自分のことは近いうちに書けたらと思っています。

さて2日前のことですが、我が滋賀県の皇子山球場にて初のプロ野球の公式戦が行われました。

震災の影響での代替開催ですが、西武VS楽天の開幕戦とあってローテーションのズレさえなければ
エース対決のはず。

前日に既にチケットを取っていた友達に聞くとやはり予告先発は涌井と岩隈と発表。

これは凄い!いや凄すぎる。球界を代表する投手同士の投げ合いはシーズン中でもそう見れないが、

県内でそれが見れるなんて二度とないでしょう。

当日は夕方には仕事が上がれそうなので、その友人に頼んで急遽当日券を買ってもらえた。

子供達と親父とオカンを連れて車を飛ばして何とか3回の裏頃に到着したけど人が多すぎて立ち見に
(後で座れましたが)。

滋賀県は西武グループ堤さんのお膝元。予想以上に西武の応援団の数と熱気が凄かった。
僕はずっとファイターズのファンですが、今年は凄く短絡的かもしれませんが楽天を応援します。
元々好きな選手でしたが、特に岩隈を応援します。これは絶対に今年はブレないと思います。

所詮ローカルの球場なので、打者のアベレージとか球速とか表示されなくて外野席からマウンドなん
かはとても小さく見えるのですが、

iwa.JPGこんなカンジです


ミットにボールが収まるときの渇いた音がしっかり響いてきて。特に13も奪った三振の度にいい音
が鳴って痺れました。フォークボールで打者が空を切るのもよく分かりました。おかわり君の空振りも迫力万点でした。

地元のびわこ放送が中継していたのでワンセグを見ながら観戦している人たちも多かったですが、生
一本が一番。ドームとかもいいでしょうがローカルならではのいい雰囲気を堪能できました。

子供達はホームランとか打球が外野に飛んできたりする方が嬉しかったのでしょうが、両チーム共に
5安打の投手戦に僕は大満足。涌井もやっぱりよかったです。

あんまり最近の選手のこと知らないのですが、高須は凄い人気でしたね。彼の打席のときは周りのあ
ちこちで凄い声援でした。

とてもいいものが見れて幸せな気持ちでした。(試合のニュースはコチラ

今年は仕事で春天には行けないのですが、観戦に関してはすっかり満たされました。

何も野球に限ったことではないでしょうが、いい試合や選手の頑張りは人の心を動かします。

楽天はこれで目標の貯金を持って地元の開幕戦を迎えることが出来ます。

この調子で頑張ってもらいたいですね。
posted by ふうりん at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

芦毛バイアス

今日は2週間振りの休みです。忙しい割りには出費も多く(クリスマスや誕生日もありますので)、
馬券はチビチビ買って外してで今日は2500円スタート。

エリカ賞に今期のPOGドラフト1位指名馬のスマートロビンが出走。少頭数ながら結構メンバーが
揃い配当妙味があったので、ここはしっかり買っておきたいなと。これ外したら阪神JFの購入は諦
めるつもりでした。

robi.JPG12月12日 エリカ賞結果
1着 Cスマートロビン   2番人気
2着 Eユニバーサルバンク 4番人気
3着 Aトーセンラー    3番人気




何で逃げるの?って半泣きで見ていましたがwよかったです。有り金渾身の勝負でしたので。
しかし勝ちタイム2:05.2ってナンボ遅いねんて。
これで慌てて阪神JFも予想することに(出かけていたので車中で購入&観戦)。

本命は前走、牡馬相手でも大して負けていなくて、デムーロも魅力なライステラス。理由はこれだけ
。あと強いていえば、ライスと言えばライスシャワー。それで父が菊花賞馬のソングオブウインドっ
て何かの縁ですか?って最早、予想ではないですねw

jf.JPG12月12日 阪神JF結果

1着 Jレーヴディソール  1番人気
2着 Cホエールキャプチャ 4番人気
3着 Gライステラス     8番人気



マグレでも当てれましたw苦手の阪神で2戦2勝は嬉しいです。青板に書けなかったのと、バタバタ
していて全く小倉が出来なかったのが残念ですが。

1〜3着までが芦毛で、最終レースも芦毛のワンツー。6Rでは1〜5着までが馬番通りの着順とこ
の日の阪神は幾つか珍現象がありました。

嫁と結婚する前はよく笠松か名古屋競馬でデートしていたのですが、嫁が芦毛が大好きでいつも芦毛
がいたら無条件で買ったり応援していたものです。ある日たまたま芦毛を買わなかったレースで芦
がワンツーを決めて万馬券になってフラフラにさせられたのを思い出しました。
今後も芦毛が来ている日はバイアスに要注意ですね。毛統序列研究室みたいなw

懐かしい話はさておき今年の競馬もあと2週ですか。朝日杯は大好きなレースですし、有馬もヴィク
トワールピサが出るので楽しみです。少し潤ったので、いい馬券が買えるように頑張りますよ。
posted by ふうりん at 00:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

Blackbird

ヴァーミリアン、お疲れ様でした。僕が語るまでもないですが、素晴らしい戦績。偉業を成し遂げた
と思います。一度も生で見れなかったのは残念ですが、いつか牧場で見れる機会があれば・・・と思
いますので長生きしてほしいです。何か2歳時にコンゴーリキシオーやローゼンクロイツ、アドマイ
ヤジャパンらと競い合っていたのが懐かしいですね。


昨日12月8日はジョン・レノンの命日。高校のときにビートルズをかじりはじめて以降ダダハマリ
しました。どっちかって言うとポールの方が好きなんですけどね。多くのファンが彼に思いを寄せる
日ですが、僕はあんまり意識しません。いや、しない様にしてきました。だって自分の身内や自分と
関わった大切な人達が亡くなったことのほうが遥かに大きい出来事だし忘れてはならないと思います
ので。また、しんどいことを書いてしまいました。けどファンがどんなに思いを寄せるのも自由です
よね。没後30年経っても愛され続けて、つくづく偉大だなと。



職業柄、色んな音楽に触れる機会が度々あります。ほんと偶然なのですが今日はビートルズのホワイ
トアルバムを車で聞くことになりました。かなり好きな作品です。小5の娘にビートルズってどんな
人なの?的なことを聞かれて、昨日がジョンの命日だと思い出しました。分かりやすく能書きを垂れ
ても「嵐とどっちが凄いの?」とか聞かれて、もうどうでもいい話にwなりかけたところに流れてき
たのがBlackbirdって曲。多分ビートルズのナンバーではベスト3に入るくらい好きです。

合作ですが、どっちかっていうとポールの色が濃いですけどね。魂が癒される響きがあります。
久し振りにいい曲を聴けたお陰か、大好きだった馬の引退や、在りし日の人達に静かに思いを寄せて
しみじみとキーボードを叩いています。

今年は、格好つけることもなく、変に難しく考えることも無く言えそうです。


一日遅れですが、ジョン・レノンに乾杯。




posted by ふうりん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月30日

父を学べ!

今年も菊花賞を見に行くことができました。

何とか第5Rの新馬戦のパドックに間に合いました。PO馬のブルースビスティーが出ると知ったのは前日の夕方に出走馬情報を見て。指名馬の中ではこの馬が一番馬名登録が遅くぼく馬メールの登録も出来ていなかったので全然知らなかった。
まあ現地に行く楽しみが増えた嬉しい誤算ってことで(2着に負けましたけど)。

bis.JPG陣営のコメント通りパドックでもレースでもフワフワしていました。
全然まともな写真を撮らせてくれないしorz





肝心の菊花賞ですが僕の予想は青板に書いた通り
◎トレイルブレイザー(8着)〇ローズキングダム(2着)
勿論、買い足しもしましたよ

ハイ、
kikusan.JPG10月24日菊花賞結果
1着 Eビッグウイーク  7番人気
2着 Iローズキングダム 1番人気
3着 Kビートブラック  13番人気

三連複46410円的中 23万円バック!!



スゴイでしょ







僕のオヤジ(爆)



ダービーに続いてやってくれました。
PATでは馬連もそこそこの額で当てたようです。
何度説明してもフォーメーションが理解できず、三連系は頼み馬券でないと買えないオヤジ。
僕が頼まれて買ったのはこれだけ

nomi.JPG
正にオヤジ買い、三連複と三連単が無駄に被っている気がしますし、何より何で100円でもっと散らして33万円を獲らへんのか?全く歯がゆいですわ。

しかしお約束のセリフですが、飲まなくてよかった〜


僕のオヤジは長年、独自の馬主と厩舎理論中心で予想をしています。僕にはよくわかりませんがオヤジが言うには、このレースは中京レースだそうです。

もう少し踏み込んで聞いてみると、長浜、中村均、藤原は中京系の調教師(昔、中京に厩舎があった頃のその中京厩舎の流れを組むという意味、藤原師は星川厩舎を引き継いだので)。
エイシンフラッシュが取り消したが、藤原も長浜も2頭出しの予定。こういうときにはどれかが来る、または来るように(レースが)つくられるのだそうだ。
よくわからないが、競輪のラインみたいなものか?と聞くと「そういう解釈でもいい」とのこと。

ダービーもこれで獲れたそうですが、大レースだとこういう傾向になるそうです。
オカルトっぽいし、どの理論でも嵌ったときは威力を発揮するものです。そう嵌っただけかもしれませんが今回も参りました。これからは、たまには参考にしたいと思います。

僕はと言えば、菊花賞はよくMの法則で当たるレース。今年も今井先生の新刊を使って種牡馬等を調べ、コイツの延長はどうだ?とか巻き返しはどうだ?とか(まあそれが楽しいのですけどね)せっせと予想しました。ミスキャストは仕方ないにしても勝ち馬ビッグウイークの父バゴってよくわからないな、どうせ輸入種牡馬で年数も浅ければ載っていないだろうと決め付けてロクに調べもしませんでした(ちゃんと載っていましたが)。凱旋門賞馬だったことを思い出したのはレースが終わってからのこと。そりゃスタミナ有りますよね。それぐらいは調べておかないと、獲れたとは言えませんが予想過程に悔いは残りますよね。

予想も種牡馬も父を知らずして馬券は獲れない、そう思った今年のクラシック最終関門でした。
一応親子で牡馬クラシック三冠予想的中です。大したことないかw
posted by ふうりん at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月25日

ディズニーランドに行ってきました!!

今回は初めて車で行くことに。これで予算的に大分違いますし初日も開園前から並べます。

8月の18日(水)〜20日(金)までの3連休が取れました。前の週がのお盆の繁忙期で休みなし、月曜日が通し(9:00~25:00の丸一日仕事)、火曜が夕方まで仕事で20時頃から出発、翌日4時頃到着し仮眠して6時半くらいから並ぶ→目一杯閉園までインパーク、翌日ディズニーシーを目一杯閉園まで、翌日も早起きして帰る準備してから15時過ぎまで目一杯ランドで過ごして出発。日付が変わってから帰宅、翌日普通に仕事という殺人スケジュール。

結果的にはオール運転orz
まあ思っていた程は疲れませんでしたけどね。

ETCを使うのも初でしたが(ついついゲート前でブレーキを踏んでしまう)滋賀某所から高速道路に乗って東京→首都高で行きは9000円そこそこでしたが、帰りはお台場近辺で乗り降りを間違って渋滞喰らって大幅ロス、家族皆が寝ている中、浜名湖で一人ご飯を食べて、更に名古屋あたりのどこか(忘れた)で仮眠して、目標だった日付が変わる前に帰宅するつもりがゲートをくぐったのが00:30頃、まあ無事に帰れてよかったと思いきや料金のアナウンスが「1550円です」。
知らず知らずに、深夜&土日割引がされていたみたいで凄くラッキーでした。



ラッキーといえば宿泊したDAホテルが10周年記念でファストパスチケットが10枚も貰えた、開園15分前に入場出来るチケットも貰えた。

カリブの海賊に乗って出口間際でアトラクションが停止してしまうトラブルがありましたが、おかげで乗っていた家族5人分のファストパスと引き換え。
裏口から退場させてもらったのですが稀な体験でテンションが上がりました!!

karibu.JPGこれが緊急避難口から通ったアトラクションの裏側。

ディズニーランドで撮った写真をブログに載せている人はかなり多いけどこれは珍しい写真でしょう!?

何の自慢になるのか分かりませんがw思わず貼ってしまった。





2日目、僕はデズニーシーは初めて行ったのですが、一般的な人気がランド>>>シーのイメージがあったのでそれほど期待はしていませんでしたが、思っていたより全然良くてむしろ相当気に入りました。
ここでも嬉しい誤算があって、21時半頃からファストパスで入場予定のインディージョーンズ。嫁とチビ2人が疲れていて先にホテルに帰ることになって長女と二人で5枚分を使うことに。いざ行ってみたらまたアトラクションが中止になっていて、手持ちのファストパスが他の全てアトラクションに振り替えに
してもらえた。
テイルズオブタワーは面白いですね。僕は回転系は酔いやすく苦手ですが落下系は大好きなんです。


これでディズニーランドに行ったのは何回目かは覚えていないですが、今回初めて自分で考えて行動できたと思います。これまではそれ程興味は無くとも行けばとても楽しいって感じで、嫁に言われるがまま動いていた気がしますが、パーク内の土地勘マップを見なくてもほぼ分かるようになり何事もスムーズに動けました。

おかげで僕も結構ディズニー好きになりました。帰ってきてから松岡圭祐の小説「ミッキーマススの憂鬱」を読んで更に嵌まってしまいました。

mikky.JPG一度読んで、すぐ2回目読んでしまいました。

この小説はファンなら誰もが知りたいと思われるバックステージを舞台にした物語ですが、相当な取材に基づいて書かれているのだと思われます。

「(裏方は)そうなっていたのか!」と思うことが何度も出てきます。よくここまで書くことが許されたものだと感心してしまいます(勿論、物語はフィクションですが)。

興味のある方は是非読んで見てくださいね。
(後半格好良く書かれすぎているのは少々いただけないかもしれませんが)



後書きを読んで知ったのですが、実際には無い架空の部署や役職が出てきたりもして、どこまでが本当でどこまでが物語の中でつくられたものなのかは分かりません。しかしこれはプロレスと同じです。全部が本当と信じても全然いいと思いますし、ここの部分はグレーだなと想像するのも楽しい。

「ミッキーマススの中には人なんか入っていない。」これが全てです。

行ってから1ヵ月経ちましたが、まだ魔法が解けていない僕がいます。




posted by ふうりん at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月13日

四六時中ダービー・競馬場編

世間はお盆休みですが、僕はまだ5月末の文に追われていますw

東京競馬場は二度目です。親父は初めてでここに来れたこと自体に喜んでもらえました。

僕も前回は馬券に熱くなってあんまり競馬場を堪能できなかったので、今回はしっかりいろんなとこを見てやると思っていたのですがダメでしたw
結局馬券とダービーに夢中でそんな余裕なかったですw

今まで京都競馬場の指定席は何度も行ったことがあるので似たようなものかと思っていたら大きく違いました。

一番の驚きはガラス張りでないこと。場内の歓声もダイレクトに伝わってくるし臨場感があって嬉しい誤算。
しかし寒かった。5月末なのに上着を着ている人ばかり。シャツ一枚でも屋内だから大丈夫と思っていたのでこれはキツかった。たまたま持ってきていた半袖のパーカーを重ね着して変な格好で凌ぐw

ダービーデーだからか特別Rまで京都のレースのターフヴィジョンでの放送もなく、席の使い勝手もあまりよいとは言えなかったかな(いざ座ってしまえば全然どうでもよかったが)。

昼休みにダービーの騎乗騎手の紹介。
初っ端ウチパクさん。まさかと思っていたがお約束のバック転での登場。こんな大事なレースの時に指でも怪我したらどないすんねん?と。それで勝つんだから凄いですよね。
僕が一番声援を送ったのはもちろん7番岩田。胸をたたくパフォーマンスで皐月賞のときみたいにガチガチではなさそうで一安心。
8番後藤。好きな騎手です(興奮)
9番横典@ペルーサで場内の歓声はMAX
12番男藤田。近年のの藤田はあんまり好きではなかったが格好よかった。豊やアンカツさんが出れないのは残念ですが、藤田みたいな役者が人気の一角を担っていると本当に絵になる。圧倒的な貫禄?ジャスティスの頃ファンでしたがまた好きな騎手の一人になりそう。
16番和田、欽ちゃん走りで登場しておいて隣の飯田に「あかんわ、すべったわ」みたいな感じで苦笑いしてぼやいていたが、流石関西芸人と大喜びの僕。

障害コースが開放されたときもざわついた(ダービーのときだけらしいですね)。いつかまたダービーに来れたら僕も入ってみたいと密かな野望wこれも死ぬまでに成し遂げよう。

当然物凄い人だと思っていましたが、上から見下ろしてもそこまで多いかな?って感じ。もっとどこもかしこも、すし詰めみたいだと思っていた。
パドックなんかもっての他だと思っていましたが上から見た感じでは、意外とマシだったかな?

pado.JPG一番手前に何とか見えているのが、ヴィクトワールピサ。
上から念を送っておきましたが。







親父に無事ダービーを見せることが出来て、更に馬券的には最高の結果で喜んでもらうことが出来て自分が儲けるよりもいい結果だったと思う。
「誘ってくれてありがとう」と何度も言われた、帰ってからお母にも何度も礼を言われた。
この年で息子と二人で旅行だ出来るとは思ってもみなかった、とのことだそうだ。

そんなこと考えもしなかったが結果的に親孝行が出来たのなら嬉しく思う。
確かに自分が今の親父くらいの歳まで生きれて、子供達が誘ってくれたら嬉しいやろうな。

もちろん僕自身のみでもダービーデーを堪能できて最高に充実した日でした。内博か豊の言葉だったか、「ダービーは病み付きになる、何度でも勝ちたい」ではないけど
、来年も再来年も毎年でも行きたいですね。

そういえば行きの新幹線に乗る前に親父が行った言葉「今年の夏は小倉でも行こうか」、
どこまでも元気ですw
posted by ふうりん at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

四六時中ダービー・馬券編

もう2か月以上経っていますがお許しを。

ダービーに行った日記ですね。

東京のレースはよく分からないので前半は京都中心に買うだろうってことで、使い慣れた新聞を出発前に地元で購入しておく。

時間はたっぷりあったハズだ。その気になれば東西の全レースに目を通しておくことも可能だった。

しかし移動中は親父とダービーの話ばかりしていた。あっちで入った寿司屋でも、競馬新聞を広げている人が多くて僕等も板さんとダービーの話。夢の中まで二人ともダービーにうなされ、いざ競馬場に着いてレースを買っても余った時間でダービーについて考える。帰りの移動中もダービーの余韻に酔いしれる。

ダービー以外話すことないんかい?ってくらいダービー漬けの2日間でした。

馬券ですか?

しっかり獲れましたよ、ハイ

oyaji.JPG5月30日 第77回日本ダービー結果

1着 @エイシンフラッシュ 7番人気
2着 Gローズキングダム  5番人気
3着 Fヴィクトワールピサ 1番人気

馬単46210円的中 23万円バック!!




なかなかやるでしょ





僕の親父(爆)




ヴィクトワールピサの勝利しか見えていなかった僕に獲れる訳が無い。

僕はこんな感じ
da-bi-1.JPGしっかりと@エイシンフラッシュ、Gローズキングダムに厚めにいってるのだけは誉めてやってくださいw

 的中していたらこの写真を使ってエントリタイトルを「勝利の山」(ヴィクトワールピサの馬名由来)にしようと思っていましたorz






この相手本線に変な自信があったので、既にフォーメーションで買ってあった買い目に上乗せする。
da-bi-2.JPGエイシンフラッシュは青い薔薇さん、ローズキングダムは白いカラスさんのPO馬。

これぞJAC板馬券と書いて勝ち誇りたかった。

三連複に寄せることも考えましたがどこまでも強気に。

尊敬する両先輩を差し置いた形になってスミマセン。

今頃UPして何の意味もありませんがw


ヴィクトワールピサが勝てなかったのは当然の如く悔しかったのですが、既に前のエントリで書いた通り心に受け入れ態勢が出来ていたので、これも競馬、いやこれが競馬とそう落ち込まずに済みました。

思い通りに行かない、ましてや星の数ほどいる競馬ファンの中の一人でしかない僕の思いで
どうなるものでもない。信じるのは勝手だが三連複を買えなかった未熟さの方が心に痛かった。

親父は人気どころと勝ち馬エイシン、トゥザグローリーやレーヴドリアン(芦毛を夢で見たらしい)を中心にかなり買っていた。僕がローズを推すから最後に買足したのがあの馬券。
引きの強い人です。


お前のおかげやと大喜びで、逆に僕の方が何かと至れり尽くせりでした。

目黒記念も本当は当たっていたそうですが、タラレバなので規制w

僕は一日で当てれたのは京都の最終の三連複のみ(もう面倒なので画像は載せませんが)。

僕は結構負けましたが、親父が勝って大喜びしてくれて最高の結果だったのではないかと思います。

ダービーは一年の締めくくりだし、特別な日。

思う存分競馬を楽しめました。






posted by ふうりん at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

出発まえに到達

いよいよダービーですね。

あのカブラヤオーやナリタブライアンが駆け抜けた舞台を生で見れるなんて夢のようです。

しかも指定席!相当混むみたいですね。よかったよかった。親父も一緒で親孝行もどきもできますし。

その親父、先日こんなことを言ってきました。「夜行で行きたかったけどお前、前日は仕事か?」

年寄りのクセして恐ろしくタフですw
当日朝早く出て日帰りより、前日からゆっくり行く方が体の負担も少ないってことで明日出発することに急遽決定!

今日、新幹線のチケットと先程ホテルの予約をゲットできました。

後は明日、無事に仕事を終えれることですね。

しかしここしばらく僕はずっと、ペルーサ怖い、ダノンシャンティ怖い、ルーラーもロズキンも怖いってずっと心配していました。

逆に負けたらショックは大きいだろうなと。ヴィクトワールピサの強さを信じつつも、またヘタレの血が騒いでしまっていました。

けど心のウヨキョクを経てもう大丈夫です。
強い勝ち方をしてくれるイメージまで出来ました。

何度か書いてきたことですがスペシャルウイークの年やサニーブライアンの年は自分の見る目の無さが情けなくて仕方が無かったのですが、ヴィクトワールピサを本命にすることは変わらずとも、全面的に信じて買うことが出来なければ結局、同じ思いをするのだろうと。

仮に負けてもそれでいいやないかと、この馬がいたから東京まで行くことが出来たのだしね。トップロードやDIDが負けたときは悔しくてなかなか眠れなかったし、もっと悔しいと思うけどそれだけ忘れられないレースになるのも記憶の宝物。

おそらく親父と一緒に生でダービーを見るのなんて最初で最後でしょう。純粋に競馬ファンとして最高の舞台を最高に楽しめたらいいなと。

ヴィクトワールピサの勝利を願って止みませんが、それを信じることが出来る。たとえ、どんな結果でも受け入れられる。そんな心境に今日ようやく到達できました。

全てがとても楽しみです。
posted by ふうりん at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

使えるときに使う命

UPしたいことが幾つかありましたが、後回しにして今日は嬉しさを載せます。

僕は常々「死ぬまでに一度でいいからダービーを生で見てみたい」と口にしてきました。

仕事の都合や距離的&金銭的な問題もありますがそれはその気になれば、これまでも何とか出来たこと。

やはり心のどこかで、行くのなら思い入れのある馬が走る、とっておきのダービーを狙っていたのだと思います。

自分の競馬暦の歴代ダービーを振り返るとどの年も心に残っていますが、「この馬を応援しに行けたらよかったのにな」と思えたのはナリタブライアンとスズカマンボ(勝ち馬はキンカメ)くらいかな。
ナリブーのときは競馬キャリアも浅くそんなこと考えもしなかった。
スズカマンボのときは末っ子が翌日産まれたくらいなのでこれも考えもしなかった。

毎年TVを見ながら、いつか行きたいな〜と思い続けて現れたのが今期のPOG1位指名ヴィクトワールピサ。年明けくらいには今年のダービーは出来るだけ見に行くぞと決めていました。

やっぱり行くのは大変なことなので、こんな年に勢いで行かないとホント一生見過ごすところだった。

と、思っていたのですが・・・ある日、嫁と親父の年の話をしていて考えてしまった。

死ぬまでに生でダービーを見るべきなのは親父やん

と。親父は僕が物心ついたころから既に競馬をやっていました。僕に競馬を教えたのは紛れもなく親父と兄貴です。

一緒に行きたいけど親父は結構な年やし、東京まで行って混雑の中で競馬するのはしんどいやろな〜と。なにしろ僕は節約のため夜行バスで行って開門ダッシュ決めるつもりでしたから。

そんな時JRAのHPで見たのがダービーの指定席抽選の応募。
指定席ならゆっくり見れる。11:00までに行けばいいのだから新幹線ならそこまで強行でもない。

早速親父に話しをすると「おお行きたいな」と。「じゃあ指定席当たったら行こうな」と僕。

知り合いの名前を借りまくって応募してやろうと思ったけど、なんかネット転売を防ぐために、当選しても本人確認書類が必要だとか。だから応募を僕と親父の2枚のみ。これでダメなら親父は春天にでも誘って(孫達に囲まれて競馬できたらそれはそれで幸せでしょう)僕は当初の予定通りピンで行けばいいやんと。

HPは23日に発送しますとのこと。来るなら今日か明日。

そして


sitei.JPG


やったよ親父(涙)。

葉書出してから、ずっとこのことを考えていた気がします。

親父と見に行くダービーはこれが最初で最後でしょうね。ってか僕自身でさえこの先、生でダービーを見に行くことがあるのかわかりません。
本当に行動を起こしてよかったです。

チープな表現かもしてませんが、願いが通じたのだと思います。

まだ話してないけど大丈夫やよね?

ちょっとした親孝行のつもりですが、色んな意味で興奮して今から緊張しています。





posted by ふうりん at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

明確な目標1

 ラブミーチャン残念でした。彼女の活躍で笠松に興味を持つ人が少しでも増えれば凄くうれしかったんですが。ライデンリーダー以降、ヒマさえあれば笠松に通い詰めた僕がそうだったみたいに。
これで終わりでなくこれからも挑戦は続くと思うので精一杯応援したいですね。

 土曜日の話。仕事を終えて夕方から家族で京都まで買い物に行くことに。その日は高速道路を物騒な運転をする車がよく目についた。SAで飲み物を買って再出発した矢先、キュイ〜〜〜〜〜ンとタチの悪い音が、またかよ!?今日は多いな・・・と思いつつ抜かれた車を見ると、
何とランボルギニーカウンタックでした!!

僕は車には無頓着な人間ですが、スーパーカーブームのあった幼少時よりカウンタックは神の領域。成人して以降生で見た記憶は多分ない。
隣にいた嫁もその凄さは知っていたみたいで一緒に興奮したw
それに感化されたのか子供達のテンションも急に上がって、写真を撮るから真横に付けようするが、全然追い付けないorz

その後の会話

僕:もし自分がドバイの石油王やったら絶対にカウンタックは買うな

嫁:いやアンタは絶対にステップワゴンに乗ってるって

僕:あのなぁ、お金が掃いて捨てるほどあるって仮定の話やで

嫁:それでもアンタはステップワゴンで満足してるわ


ステップワゴンは僕がかれこれ7年くらい乗っている車。
因みに嫁はボルボに乗っています。

まあそうだとしたら自分の部下たちも全員ステップワゴン以下の車しか乗れへんやん。間違いなく競走馬も持つだろうから、競馬場入りはステップワゴンって、そんなアホな、普通に高級車乗るでしょ。とワケのわからん妄想を膨らましていたらその日の大スポの一面フサイチセブン差し押さえの記事。へぇ〜あの大金持ちがねぇ。フェラーリ軍団で競馬場入りする写真をみて、こんなことしてるから金がなくなるんや。同じ高級車を何台も持っていても仕方がないやろ?

僕やったらそうやなあ、慎ましくステッ...あ!!
嫁の言う通りでした。万が一大金持ちになったら馬主になって(←ここまでは普通の夢)ステップワゴン軍団で競馬場入りしてやりますよ。
それでも4コーナー前でレジャーシート敷いて転がっていそうですがw

posted by ふうりん at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

昨日のことです。朝家を出たら雨がミスト状で気持ちがよかった。

保育園を出るときに虹が出ていることに気が付きました。

今まで生きてきた中で記憶に残っている虹は途中で切れているものばか

りだった気がします。

完全なアーチを描いた虹がどうしても気になり車を停めました。

niji.JPG



posted by ふうりん at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。