2007年12月23日

燃えカスを掻き集めて

ボロボロの一年でした。
競馬のことではなく、私生活のことです。
来年は更なる苦難が待っているかもしれません。

競馬はそんな中で夢をみさせてくれる素晴らしい数少ない楽しみでしたしこれからもそうでしょう。


有馬記念は多くの馬が一年を通して(特に秋シーズン)使われてきた疲労が蓄積されている場合が多く、レース自体の存在意義を疑問視する声すら聞かれます(有馬を止めろという意味ではなく、秋天→JC→有馬
を通じてのことだと思いますが)。
その是非はともかく、今出馬表を見直しても多くの馬達が燃えカス状態なのかもしれません。


あまりやる気の起きなく本気でケンすら考えた今年の有馬ですが、
いろいろあってやることに決めました。
自分も燃えカスみたいなものですが何とか納得のいく締めくくりをしたいです。

本当に昨日までまともに登録馬すらしらなかった有様ですが、
とりあえず予想と言える予想は出来たつもりです。

買いたかったのはフサイチパンドラでしたが取り消しでは仕方が無い。
勝ってほしい馬はウオッカだど軸にまでの評価は厳しいです。
まともなら地力と秋2戦のローテでメイショウサムソンでしょう。
穴を期待すると、'01のアメリカンボスと'00のダイワテキサスのパターンを出来る馬を探してしまいます。
前者は序盤澱みなく→中盤緩み→上がり速い緩急のある流れを好位で立ち回れること
、後者は序盤ミドル→中盤緩くも残り5Fからレースが動き出す底力勝負。
しかし2頭の共通点はラップを凌駕して中山巧者であること。
ラップを加味しても浮かび上がるのがマツリダゴッホとサンツェペリン。この2頭を上位に据えなければ自分がこのレースを買う意味がない。
勘的なものも含めてどうしても消しきれなかった、ダイワメジャー、ロックドゥカンブ、ハイヤーゲームを△で抑えて勝負します。

結論は青板にて。


posted by ふうりん at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/74193177

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。