2007年02月10日

元気出して頑張ろう

ってなわけで、消したエントリのことは忘れてくださいw

いよいよ第一回小倉最終週です。無理やりダービー前夜くらいのテンションで頑張りたいと思います。

3週目を終えた時点でのタイムをまとめてみました。
今回も当然タイム想定から、各馬の持ちタイム評価とM中心で攻めます。

kokurat.jpg

いつもと同じで
同週に同条件レースが複数あった場合は速い方を採用。
新馬戦は未勝利に含みます。

今回は新たな試みで勝ち馬の上がり3Fのタイムを
34秒台→a 35秒台→b  36秒台→c  37秒台→d 
と書き加えてみました。

あと3日目がやたらと時計が掛かって外伸びになったり、ダート→芝が決まったりしていたので、いつもなら同一に扱っっている1週目と2週目を分けて表記しました。

2006年のタイム表と比較してもらえればわかりますが、
今年は2週目が昨年の3週目、4週目と遜色ないくらいタイムが掛かりだしています。しかし3週目に更に落差があるわけではありません。
多分、転圧のせいでしょうが土曜と日曜では傾向が違ったりもして読みにくくもあります。

どっちにしても遅い持ちタイムでの好走実績のある馬(もちろんドスローで出したものでなくそれなりにラップは考慮して)、上がりの掛かったレースで好走実績のある馬が妙味があるでしょう。

先週の吉野ヶ里特別のヤナギムシみたいな馬が2番人気で2着しているから妙味はないかもしれないけど、あれは前走4着が世間の評価を上げたのだと思うし、同レースのジェネビアンみたいにやたらと持ち時計の速い馬が前走9着でも1番人気で7着に飛ぶなどまだまだタイムやラップで予想する人達には美味しいテリトリーなのでこの2日間のチャンスを逃さないようにしたいですね。

予想はいつものように青板に出来るだけ書きます。100%実馬券でない場合がありますがご了承を。


posted by ふうりん at 01:00| Comment(4) | TrackBack(0) | タイム表付きで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
つヒント

今開催はロベルトの天下。小倉芝
持続欧州馬場。ラップはどうなのか?
私は解らないが、TBな馬を買うのが良かったみたい。最終週の今週はノーザンにシフトと見ますが、欧州系スタミナ血統がアナを出すと断言します。ジェネビアンみたいな馬はこんな馬場でこそですね。前走、前々走はまだ早かったと思います。また時計が早くなれば辛いですが、日曜にはM的にはいい馬場指数的には最悪の馬場になるでしょうね。外差しとも言えず、見てみないと解らない、決め打ちが出来ない馬場ですね。転圧などの補正は止めて欲しいものです。
Posted by アテー社長 at 2007年02月10日 08:39
>アテ君
だうも。今日の小倉芝はその通りNDにシフトした馬場でしたね。エルコンも今期はチョコチョコ来とるから要注意かな。
しかしTB好きやね〜。過去の儲けた記憶を拭い去れない悲しい性?w
6Fなら断然バクシンオーですよ。
最終日はナス馬場になって欲しいなぁ。
Posted by ふうりん@職場 at 2007年02月10日 21:37
うん。
小倉は持続馬場になってますね。
僕の好きなTBの馬場です。
中央で負けているようなTBが来る馬場です。馬名でいうとセブンスバードみたいな馬が良いと思います。脚が遅く、平均的に脚を使うような感じ。
でも、小倉は展開、位置取りが不明ですので控えた方が得策です。メール確認ヨロ。
Posted by アテー社長 at 2007年02月11日 00:25
メールおおきにね。
あれ見たらまた解らなくなったよw
簡単な傾向は次のエントリに書いておいたけど
控えた方がいいのは正解。でも止められないのよね。買い目減らしは努力します。
Posted by ふうりん at 2007年02月11日 01:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。