2012年07月01日

読めない展開と膨らむ期待

やっと録画していた新日が見れました。
IWGP選手権試合、オカダVS棚橋ですね。
試合内容も興奮しましたし、会場の盛り上がりもハンパない。府立体育館かぁ、行きたかったな。
けど自分的に驚いたのは棚橋の王座返り咲きの結果。まだまだオカダカズチカの長期政権路線で行くものだと思っていたのでこれはビックリ。内藤の20代王者の悲願を打ち砕き、後藤に真のトップを与えなかった時点で当面は揺ぎ無いわと。
防衛を重ね棚橋の記録V11に並び新記録を棚橋が阻止する、長い構想でもいけるくらいの逸材ですよ彼は。
王座転落した際には、外道らケイオスに見切りを付けられボコられてベビー転向なんかしたらもっと人気爆発させれるんやないかと思ってましたがどうなるでしょう?

しかし新日面白いですわ。毎週録画をするようになって1年近くになりますが団体のクオリティーの高さが伝わってきます。ずっとプロレスから離れていたというか、プロレスに対して淡白になっていた自分ですが完全にプロレスを楽しめる自分を取り戻せた感が有ります(新日くらいしか見ていませんが)。
そういったことはまた語っていきたいと思いますが、何でプロレスに対して完全に見切りをつけなかったのか?それはいつか彼が立派なプロレスラーになって魅せてくれると信じて止まないからです。
ワイドショーでデビューは知ったのですが、その佇まい、目の輝きを見たら彼が立派なメインイベンターになるのまでは絶対にプロレスには見切りをつけないと自分に約束。その後の彼の試合は見ていません(ニュースはよく見かけますが)が大丈夫でしょう。プロレス界の大きな愛に守られているのがわかりますし、それに応えてくれるはずですから。

近い将来その棚橋やオカダらともいい試合を見せてくれるんじゃないでしょうか。
入場とリングインした姿でこれだけ興奮させてくれるレスラーは僕はなかなかいないと思います。
頑張れ破壊王子・橋本大地。



posted by ふうりん at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。