2011年06月17日

指名理由 プロローグ1

ドラフトも無事終了しましたので、今季の所有馬10頭に触れて行きたいと思います。
一昨年の優勝から一転、昨年は最下位と全く振るいませんでした。
今年はしっかりとスタート前に指名理由をハッキリとオープンにして仕切り直したいと思います。
勿論目標は優勝と紙競馬〜JAC POGのレコードであり自己記録でもある15勝を更新することです。

これまでは
POGの指名材料って大きく分けると、血統、馬体、情報(厩舎、馬主、生産者、調教等)の3つですよね。
僕の場合は馬見、つまり馬体からの判断が一番指名理由としては多いのですが(そんな自分で大丈夫なのか?)自己分析してみました。

まず血統は苦手教科なんです。理数系がダメみたいな感じでw競馬の予想でも血統に頼る部分はM的に種牡馬を見るのと、亀谷君みたいに理論をシンプルに使えるようにまとめ上げて来るのは好きです(流石、馬券レッスンプロ!)。
大生さんのおかげで配合面なんかも楽しく勉強させてもらっていますが、パッと見ていい配合だなとか分からないし気になったのものは多少調べますが、まず血統からのアプローチから入れるほど見れませんし、多少詳しい人なら母父を聞いただけでその大系統か小系統は大抵分かると思いますが僕はそれがない分調べるのに時間が掛かって仕方が無い。
情報も同じ、いつも使うのはギャロップ丸ごとPOGと東スポのタブロイド、ネットも時間が有れば情報を探しますが、予算面と時間面で限界があるし情報収集におけるスキルが低いのと、優柔不断なので雑多に情報が入ると振り回されてしまう危険があります。調教でどれくらいの時計が出せているかなんかわかると凄い武器になるとは思うのですが。

それで素人なりに頑張ってみようかと思ったのが馬見。馬体派なんて自分で言うと何か恐縮なんですが、ここに力を入れるしかないかなと思って騙し騙しやってきたわけですw
実際に馬に携わる仕事をしている人達からしたら全くトンチンカンな部分も相当あるとは思いますが、過去にはブルーメンブラットを指名できたり、最近ではヴィクトワールピサは自信満々にいいと断言できました。

僕が思うに馬見の成功例として
@馬をよく知っている人が玄人目に見ていいと思った馬。
A逆に素人だからこそ玄人が敬遠するような馬でも指名できる、マグレ込み。
B誰が見てもいいものはいいパターン。

僕の場合はたまにいい馬を指名出来たときはAとBの部分ばかりだったのではと思います。一昨年優勝したことに気をよくしてレベルUPを図ろうと玄人目に見れる力を養おうと新しいことにチャレンジしたのが昨年。

好みと傾向
トモの貼りというか面積の大きい馬はいつも候補で、逆に避けるのが胴が詰まっている、首が短い(太すぎるのも何かダメ)、頭が高い、胸前の筋肉が目立つ、筋肉の質量が多いムキムキタイプ、
、(手足がスラっとしたのが好みではないが)コロンとした重戦車タイプ。
要はダート馬や短距離馬は避けたいのですね。それでも指名の大半がダートや短距離中心に使われてしまうのは馬見が未熟だからでしょう。
それらを踏まえて特に気にするのが全体のバランス。しかしこれはフィーリングに頼る部分が大きい
です。
ブルスリーじゃないけど「考えるのではなく感じるんだ」です。
パーツがそれなりに見れるのならこれは間違っていないと思います。

それでそれまで避けていたのですが新たに見ようと試みたのが、繋ぎとツメ。ツメはそこまで写真一枚でわかるの物ではないですが、繋ぎは面白いですね。
先程短距離馬は避けると書きましたがバクシンオー産駒なんかは殆どの繋ぎが立っているし、短い。
だから出来るだけ短くなくて寝ている繋ぎが好みとなったわけです。
(今年はそのバクシンオーを2位指名していますがw)


ダラダラとすみません。

全然本題に入れませんでした。

プロローグ続きますw相当ダルイと思う人はスルーしてください。
posted by ふうりん at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | POG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。