2010年04月27日

使えるときに使う命

UPしたいことが幾つかありましたが、後回しにして今日は嬉しさを載せます。

僕は常々「死ぬまでに一度でいいからダービーを生で見てみたい」と口にしてきました。

仕事の都合や距離的&金銭的な問題もありますがそれはその気になれば、これまでも何とか出来たこと。

やはり心のどこかで、行くのなら思い入れのある馬が走る、とっておきのダービーを狙っていたのだと思います。

自分の競馬暦の歴代ダービーを振り返るとどの年も心に残っていますが、「この馬を応援しに行けたらよかったのにな」と思えたのはナリタブライアンとスズカマンボ(勝ち馬はキンカメ)くらいかな。
ナリブーのときは競馬キャリアも浅くそんなこと考えもしなかった。
スズカマンボのときは末っ子が翌日産まれたくらいなのでこれも考えもしなかった。

毎年TVを見ながら、いつか行きたいな〜と思い続けて現れたのが今期のPOG1位指名ヴィクトワールピサ。年明けくらいには今年のダービーは出来るだけ見に行くぞと決めていました。

やっぱり行くのは大変なことなので、こんな年に勢いで行かないとホント一生見過ごすところだった。

と、思っていたのですが・・・ある日、嫁と親父の年の話をしていて考えてしまった。

死ぬまでに生でダービーを見るべきなのは親父やん

と。親父は僕が物心ついたころから既に競馬をやっていました。僕に競馬を教えたのは紛れもなく親父と兄貴です。

一緒に行きたいけど親父は結構な年やし、東京まで行って混雑の中で競馬するのはしんどいやろな〜と。なにしろ僕は節約のため夜行バスで行って開門ダッシュ決めるつもりでしたから。

そんな時JRAのHPで見たのがダービーの指定席抽選の応募。
指定席ならゆっくり見れる。11:00までに行けばいいのだから新幹線ならそこまで強行でもない。

早速親父に話しをすると「おお行きたいな」と。「じゃあ指定席当たったら行こうな」と僕。

知り合いの名前を借りまくって応募してやろうと思ったけど、なんかネット転売を防ぐために、当選しても本人確認書類が必要だとか。だから応募を僕と親父の2枚のみ。これでダメなら親父は春天にでも誘って(孫達に囲まれて競馬できたらそれはそれで幸せでしょう)僕は当初の予定通りピンで行けばいいやんと。

HPは23日に発送しますとのこと。来るなら今日か明日。

そして


sitei.JPG


やったよ親父(涙)。

葉書出してから、ずっとこのことを考えていた気がします。

親父と見に行くダービーはこれが最初で最後でしょうね。ってか僕自身でさえこの先、生でダービーを見に行くことがあるのかわかりません。
本当に行動を起こしてよかったです。

チープな表現かもしてませんが、願いが通じたのだと思います。

まだ話してないけど大丈夫やよね?

ちょっとした親孝行のつもりですが、色んな意味で興奮して今から緊張しています。





posted by ふうりん at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/147913424

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。