2009年07月12日

苦境の中で掴んだ屈強な6〜10位

相変わらずタイトルでしょーもないこと書いていますが気にせずいきましょうw


6位指名 馬名未定・牝馬           父シンボリクリスエス 母ロスマリヌス 栗東 大久保龍

母が重賞ホースだとヘタレの血が騒ぎ後手を踏んでしまうと書きました(結局2位のみ)が、実際スットック指名や下位指名候補に母重賞ホースは結構リストアップしていたがダメになってしまった。これからも躊躇してしまうのは目に見えていた。確かなブランドが無い不安の中見つけた馬名ロスマリヌス。素質馬と言われ、底を見せないまま2戦で引退。弟は皐月賞を勝った。重賞ウイナーではないがこんなところをつつく自分が恥ずかしい。堂々とブランドが欲しいと言えよ!と自責する。
前回参加したときは更にお母さんのアンプロジンの仔を3位指名して大やけどした。同じ血でリベンジもしたい。クリスエス×SSはいいみたいだ。体が大きく見え、器の大きさを期待してしまうが、コメントに馬体重は490キロ前後と。牝馬でデカすぎねぇ?ドラゴン先生、彼女をお願いします。


7位指名 タガノエリザベート・牝馬      父スペシャルウイーク 母ストレイキャット 栗東 松田博

スペシャルウイークとキンカメ産駒の指名はどこかで余裕をぶっこいてしまっていた。既に1、2の矢が折れてしまって産駒の指名を見送ろうかとも思ったが素直に3本目を再検討。馬体はよく思えた、カモシカのようなバネを感じる。必要なところに必要な筋肉だけ付いている感じ(そんなことわかるのかよ?!)。特に首の筋の浮かび上がりに目が行った。個人的にはマツバクさんの馬は避けたいタチですが。相性と言うより自分がマツバクさんが大成させる馬をみつけられないのが一番いけないのでしょうが、既に14−14で乗り込まれているのでデビューさえしてもらえれば数字は持って帰ってきてくれるでしょう。要するに以前指名した馬が不出走だったのを根にもっているだけですがw
あとスペシャル産駒でポイントすら獲ったことがないので、ここで未勝利なら種牡馬、厩舎共に来期以降は絶対に獲りま宣言。


8位指名 ウィンディガーデン ・牝馬     父タニノギムレット 母チェイスザウインド 栗東 矢作

ここで今季ドラフトの最大のミスを犯す。本来の8位指名はアドマイヤロイヤルでしたが7位に先を越される。あれだけグダグダで決めた7位馬よりこちらを先にするべきでした。獲れた保証はないけど競合なら後悔はしない。そして繰り上がりがこの馬。絶対に厩舎で欲しかったのが「安馬を走らせるマネジメント」に長けた矢作厩舎。メディア等に踊らされて、もはや僕は矢作信者です(時に石坂信者でもあり、角居信者でもありますがw)。馬選びを始める前なんか半分くらい矢作厩舎で固めてやろうかと考えたくらいw。血統的に厩舎史上最高の品揃えだが、前述の「安馬を〜」を思うとしっくりと来ないのも事実。スーパーホーネット級の「マジそれ?」ってのは暫くはないでしょう。
そして今期の矢作勢のラインナップで有力どころは既に指名済み。
種牡馬で最初から獲ると決めていたのがタニノギムレット。SS系と比べて注目度がこんなに低いとは意外でした。産駒の写真掲載も少なくあまり良さげなのもいない。そんな中で厩舎と種牡馬の希望が合致したのがこの馬。指名馬の中では一番馬体を気にせずに決めた馬。ハッキリ言って華奢に見えます。でもここで獲らないわけにはいかない。期待してもいい要素はしっかり持っている馬です(好み的にw)。


9位指名 マントンヒル・牡馬
父ホワイトマズル 母ワーブリングベル 道営 成田

この馬は最後の指名にしようと決めていたが、繰り上がりで9位に。
道営馬ですが既にJRA認定の新馬戦を勝ち上がっています。ルールを熟知していなかったのでダメ元で指名しましたが大丈夫なようでよかったです。ホワイトマズル×SS系がどうしても欲しくて、ギャロップに名前だけ出ていたのがこの馬。さっそく調べると能力試験で凄いことをやらかしたり、レースの映像も見ましたが面白いクセ馬って感じがしてとても好きになりました。
社台の2歳馬の中では評価は高い方みたいですし、今後は認定厩舎制を使うのか、道営の冬休みは長いので転厩があるのか判らないけど、中央に挑戦してくるでしょう。所有してからの初レースはいきなり札幌のOPかもしれない。こんな特典があるものの下手をすれば一生一介の地方馬で終わってしまう危険性もある。僕は楽しみです。


10位指名 ソリタリーキング 牡・牡馬
父キングカメハメハ 母スカーレットレディ 栗東 石坂

自厩舎の血。ご存知愛馬ヴァーミリアンの弟です。11位(予備指名)
が繰り上がりです。写真はよく分からなかったが、かつてヴァーを選んだときほどのインパクトはない。キンカメ産駒ではいいとこ三番手評価だったので、獲れなくてもいいや程度の評価でした。それでも思い入れのある分ギリギリ引っかかるか?どうかで11位にしたのですが。まあ縁があったってことで前向きに捉えます、というかむしろ嬉しく思います。評価を抑えた大きな理由は師が最初からダートを使うと公言していること。芝がダメでダートを試すならいいけど最初からこれではね。偉大なるお兄さんは2歳時は芝で大活躍しましたしね。ダートで勝ち上がってから芝を試してみる選択肢もありますが何かそんな気配も薄いし。これではいつまでも華麗なるスカーレット
一族の分家扱いでしょう。期間内に絶対に芝を使うことを切望。しかしダートなら手堅く自厩舎の稼ぎ頭になる算段。ラス指名ですが下位打線の四番になる可能性を秘めていると思う。



以上が今季指名馬の10頭です。カテゴリーで分けるなら、関西馬9・道営馬1。牡馬6・牝馬4。オール内国産。父SS系3・母父SS系5。他2頭が父、母父がそれぞれTB系という結果です。結構カテゴリーヴァイアスが効いていますが、我ながらいい布陣だと思います。

現時点で後悔といえばスズカマンボの半弟がいたことを知らなかったこと。来期以降はもう少し指名のソースを増やそうと思います。
許される時間で精一杯頑張って指名しましたので、後はゲームを楽しんで見れたらと思う次第です。


posted by ふうりん at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | POG2009−2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122677365

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。